最新記事

観光

タイの「ゴルフで隔離」プランなど......世界で試みられるコロナ対応の観光企画

2021年4月2日(金)16時00分
冠ゆき

タイ政府が企画する「ゴルフ隔離」プランに韓国人ビジネスマンが訪れる SCMP-YouTube

<新型コロナ感染症の拡大で世界中で打撃をうけている観光業。現在の状況でも、世界各地でさまざまな工夫をこらした観光プランが行われている......>

国連世界観光機関(UNWTO)によれば、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた2020年、国外への観光客は74%減少した。国際線利用者数は、前年と比べ10億人減だ。この未曾有の危機にあたり、世界各地の観光業ではそれぞれさまざまな打開策を模索している。その中から最近のものをいくつか紹介しよう。

タイ政府による「ゴルフ隔離」プラン

タイ保健省コロナ緊急対策センター(EOC)は、入国した渡航者が2週間の隔離期間をゴルフリゾートで過ごす「ゴルフ隔離」プログラムを発表している。隔離中は毎日医師の検診を受け、2週間で合計3度のPCR検査がある。ゴルフ場施設外には出ることはできないが、好きなだけゴルフを楽しめるというものだ。

ロイター通信のインタビューに答える隔離中の韓国人ビジネスマンは「ここはゴルフ天国だ」と満足げだ。2週間の費用は249万ウォン(約24万円)。ゴルフクラブのソウルでの運営責任者によれば、この「ゴルフ隔離」パッケージへの問い合わせは急増中で、2020年2月から停滞していたビジネスがようやく動き始めたと、内外の期待を集めている。EOCは、このプランに利用できる5つのゴルフ場を発表している。

Thailand's 'golf quarantine' welcomes South Korean travellers .

寄港地のないクルージング

イギリスのP&Oクルーズは、今夏6月27日から9月18日にかけて、「目的地のないクルーズ旅行」を企画している。参加資格があるのは、イギリス居住者のみで、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を済ませた人のみ対象となる。出発地はサウサンプトンで、出発日時によって、3泊~6泊のツアーの選択肢があるが、航行ルートははっきりと決まっていない。というのも、寄港地があるわけではなく、すべて船上だけで過ごすプランなのだ。そのツアーの日程にあわせて、晴天で快適な天候の地域を目指し、船上から海岸線や島々の美しさを眺めるという。船の上では、グルメ体験のほか、プール、ショッピング、スパなどの施設を楽しめるというツアーだ。

また、CNNによれば、ロイヤル・カリビアン社もまたワクチン接種者を対象としたクルーズ旅行を計画している。こちらは5月にイスラエル出発で、ギリシアの島々とキプロス島を目的地としている。乗客も乗組員もワクチン接種者のみとする傾向は、今後さらに他のクルーズ会社にも広がると思われる。

P&O Cruises: No vaccine, no cruise!
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 8

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中