最新記事

ウイルス

新型コロナウイルス、モノの表面にはどのくらい残り続ける?──実験結果

2020年4月17日(金)13時20分
松丸さとみ

医療用マスクの外側表面からは7日経ってもウイルスが検出された NEXU Science Communication/via REUTERS

<香港大学の研究チームは、モノの表面に付着した新型コロナウイルスは、一体どのくらいの時間、感染力を維持するのかを調べた......>

印刷物やティッシュは3時間、プラスチックは7日

終息が見えない新型コロナウイルス感染症の流行拡大だが、感染しないよう人との距離を取っても、どうしても心配になるのが、モノに付着したウイルスを介して感染しないか?ということだ。

香港大学のレオ・プーン教授率いる研究チームはこのほど、「モノの表面に付着した新型コロナウイルスは、一体どのくらいの時間、感染力を維持するのか」を調べた。この結果をまとめた論文は、微生物に関する専門医学誌「ランセット・マイクローブ」に掲載されている。

研究チームはまず、さまざまな温度でのウイルスの安定度を調べた。室温4度のときには非常に安定しており、14日経過しても感染力はほとんど変わらなかった。室温22度の場合、7日経過した後でもウイルスは検出されたが(14日後の検査では検出なし)、37度では2日後には検出されなくなり、70度になると5分で検出されなくなった。

研究チームは次に、新型コロナウイルスがさまざまな物の表面に付いたとき、通常の室温(22度、湿度約65%)の環境下においてどのくらいの時間、感染力が維持されるのかを調べた。ウイルスの濃度を調査したタイミングは、0分、30分後、3時間後、6時間後、1日後、2日後、4日後、7日後の8回。

印刷物(紙類)やティッシュペーパーの場合、感染力を持ったウイルスは3時間後には検出されなくなった。加工木材と布地では、2日後にはウイルスは検出されなくなった。ガラスや紙幣では、ウイルスが検出されなくなるまで4日かかった。また、ステンレスとプラスチックの表面の場合、7日後にウイルスが検出されなくなった。

しかし、医療用マスクの場合、マスクの内側は7日後にウイルスが検出されなくなったが、外側表面からは7日経っても、感染可能なウイルスが検出されたという。研究チームの一人であるマリク・ピーリス教授は香港の日刊英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストに対し、「医療用マスクをしている時は、マスクの外側を触らないようにすることが非常に大事なのは、まさにこの理由からだ」と説明した。

心配なら買ってきたものはしばらく放置──何より大切なのは手洗い

なお研究チームは、研究室で行った今回の実験結果が、日常生活の中で、感染源に軽く触れてしまったときに感染する危険性を必ずしも反映しているわけではないとしている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日本製鉄、4―12月期最終利益5171億円 来期粗

ワールド

米財務長官、訪中の「実現望む」 気球問題で調整に支

ワールド

賃上げや子育て支援、自公国3党で実務者協議入り=茂

ワールド

豪、国防省内の中国製監視カメラ調査へ 特定製品は撤

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米不満

  • 2

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 3

    韓国戦車が欧州の戦場を埋め尽くす日

  • 4

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 5

    絶滅危惧種の赤ちゃんを食べた女性インフルエンサー…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    Z世代セレブの間に「ノーパンツ」ブーム? ズボンを…

  • 8

    「片づけを諦めた」──アメリカ人の神「こんまり」の…

  • 9

    「走る要塞?」...防弾仕様、核電磁パルス対応の武装…

  • 10

    性的暴行犯、裁判で「性自認は女性」と訴え女子刑務…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 4

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 5

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米…

  • 6

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 7

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月