最新記事

中国共産党

新型コロナ対応で共産党支持が強固になる皮肉

2020年2月18日(火)17時20分
ジョー・キム

新型肺炎を警戒して町への部外者の侵入を妨げる市民(北京郊外) CARLOS GARCIA RAWLINS-REUTERS

<欧米メディアは独裁体制の欠陥と中国国民の怒りを取り上げるが実質はより複雑、不満の矛先を地方政府に向けさせる「トカゲの尻尾切り」によって中央政府は株を上げている>

新型コロナウイルス「COVID-19」による肺炎は、週末の時点で1500人以上の死者と6万6000人以上の感染者を中国で生んでいる。欧米のメディアでは、共産党体制への国民の支持が揺らぐ可能性を指摘する議論が目につく。「政府対国民」という二項対立の図式に基づく見方だが、これは単純過ぎる。

新型肺炎の発生源である湖北省武漢市の状況は「人道危機」と言っても過言でなく、当局の対応に問題があったことは明らかだ。しかし、中国国民全般は、大量の武漢市民が市外に脱出したことに最も不安をかき立てられている。

いま多くの中国人にとって最大の関心事は、自分たちが暮らす地区によそ者(中国語で言う「外地人」)が入ってくるのを防ぐことだ。一般市民が道路にバリケードを設けて通行を妨げたり、集合住宅の住人たちが建物への部外者の侵入を拒んだりするケースも珍しくない。

中国政府は、湖北省と武漢市に対する批判を抑え込むことはしていない(湖北省と武漢市のトップは2月13日に更迭された)。不満の矛先を地方政府に向けさせることで、中央政府への怒りを鎮めようという思惑なのだろう。

中央政府は、悪質な業者を取り締まり、無能な役人に厳しい姿勢で臨んでいる姿を国民に見せ、地方政府との違いを印象付けようとしてきた。便乗値上げをした小売業者を厳しく批判し、処罰する方針を打ち出したり、書類などの形式にこだわる役人を非難したりしている。

武漢に隣接する黄岡市の保健当局トップが状況を正確に把握していないことを露呈して批判が高まると、中央政府は調査チームを派遣。この人物を更迭した。武漢の赤十字組織「武漢市紅十字会」による病院への救援物資の分配に不適切な点があったと指摘されたときは、中央政府に処罰を求める世論が湧き起こった。

ほとんどの場合、中央政府は人々の不安や不満に素早く対処し、地方の悪い役人が生み出した問題を解決する存在と見なされている。中国国民は、地方政府と中央政府を分けて考えていると言えそうだ。

政府にとって最も大きな試練になったのは、李文亮(リー・ウェンリエン)医師をめぐる一件だった。李はいち早く新型肺炎に警鐘を鳴らしたが、「デマを流した」として武漢市公安当局から訓戒処分を受けていた。その李が新型肺炎で7日に死去すると、当局の李への扱いをめぐり国民の怒りが一挙に高まった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=上昇、S&P5日続落に終止符 失業保

ワールド

米財務長官、訪中にオープン 「交流深める」

ワールド

トルコ、保険なしのタンカー通過認めず

ワールド

クロアチア、シェンゲン協定参加へ ルーマニアとブル

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 4

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 5

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 6

    「驚異的かつ前例ない」宇宙で発電しマイクロ波で地…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    部活動指導に教師が長時間を費やすのは世界の非常識

  • 9

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで…

  • 10

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月