最新記事

ペット

イヌは人間の心を動かす表情を進化で獲得した......ではネコは?

2019年6月27日(木)11時50分
秋山文野

「子犬の目」ができるよう進化した...... WCNC-YouTube

<英ポーツマス大学の研究者による、イヌは眼の周りの表情を高度に変えられる進化し、ヒトとの間で高度なコミュニケーションが可能になったとする論文が話題。では、ネコは......?>

イヌは、ヒトと絆を結ぶためのある筋肉を持っている、という論文が話題になっている。2019年6月17日付で米科学アカデミー紀要に掲載された論文『Evolution of facial muscle anatomy in dogs(イヌの顔面筋の解剖学的構造の進化)』は、およそ3万3000年前に始まったとされるハイイロオオカミからイエイヌへの家畜化の過程で、イヌの顔面の筋肉の構造が変化し、ヒトとの間で高度なコミュニケーションが可能になったことを示すものだ。

ポーツマス大学のジュリアン・カミンスキーらの発表によると、内側眼角挙筋(LAOM)外側眼角後引筋(RAOL)と呼ばれる眼の周りの筋肉は、オオカミよりもイヌのほうが発達していた。イヌの中でもオオカミに近いシベリアンアスキーの犬種では、RAOLはあまり発達していないという。

F1.large.jpg

イヌとオオカミの表情筋 Image courtesy of Tim D. Smith (Cambridge University Press, Cambridge, UK)

この2つの筋肉によって、「AU101」という眼を大きくつぶらで表情豊かに見せるしぐさが可能になる。イギリス国内の保護犬シェルターの27頭のイヌと、保護されている9頭のオオカミを比較したところ、イヌは初めて会うヒトに対し、オオカミよりもはるかに顕著に「AU101」のしぐさを見せた。

「AU101」のしぐさは、イヌの眼を大きく、少し悲しげで幼い「子犬のような目」に見せる効果がある。イヌを保護し、かわいがってやりたいという情緒的な反応を人間から引き出すことができ、シェルターに保護されたイヌの場合は里親が見つかりやすくなるという。ヒトとイヌとの関係の中で、可愛らしい眼の表情を持ったイヌはヒトに保護されて子孫を残す確立が高くなり、さらにこの形質が強まったと考えられる。この進化のプロセスは現在も続いているという。

それだけではなく、イヌが眼の周りの表情を高度に変えられることが、ヒトとのコミュニケーションの相互作用を生んだとカミンスキー博士らは述べている。ヒトはコミュニケーションの中で眼の周りの表情を重んじ、眉の動きは言葉への注意を高める手がかりとして働く。

もともとオオカミは他のイヌ科動物に比べて明るい色の虹彩を持ち、このことでヒトはオオカミの眼や視線に注意を向けやすくなった可能性があるという。特徴的な眼を持ったオオカミと一緒に生活するうちに、人間同士と同じように視線や眉の動きでコミュニケーションができるという感覚が人間の側に生じ、呼応するようにそうしたしぐさが上手な種としてイヌは進化してきたという考え方だ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ユニリーバ、第4四半期は実質9.2%増収 値上げが

ビジネス

日産の4─12月期は営業益51%増、値上げ寄与 通

ビジネス

スウェーデン中銀、0.5%利上げ 物価抑制へ「通貨

ビジネス

今年のドイツ経済、ゼロ成長に上方修正=商工会議所

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米不満

  • 2

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 3

    絶滅危惧種の赤ちゃんを食べた女性インフルエンサー、約240万円の罰金刑に...

  • 4

    韓国戦車が欧州の戦場を埋め尽くす日

  • 5

    「走る要塞?」...防弾仕様、核電磁パルス対応の武装…

  • 6

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 7

    核魚雷「ポセイドン」、世界最大のロシア原潜「ベル…

  • 8

    「片づけを諦めた」──アメリカ人の神「こんまり」の…

  • 9

    Z世代セレブの間に「ノーパンツ」ブーム? ズボンを…

  • 10

    次の決戦の場は北極圏か?──ロシアが狙うカナダと北…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 4

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 5

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米…

  • 6

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 7

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月