最新記事

火星探査

NASA、火星で有機分子を発見──生命が存在した可能性を示す新たな証拠か?

2018年6月15日(金)12時50分
鳥嶋真也

ゲイル・クレーターを探査するキュリオシティ。探査機が自身のロボット・アームを使って撮影した"自撮り"である (C) NASA

米国航空宇宙局(NASA)は2018年6月7日、火星探査車「キュリオシティ」の探査によって、火星に有機分子があることを発見したと発表した。また同時に、火星にあるメタンの量が、季節に応じて変動していることも発見した(参考)。

有機分子は生命の材料になり、痕跡でもあり、またメタンは生命活動によって発生しうる。このことから科学者は、太古の火星に生命がいたかもしれない、あるいは現在もいるかもしれないことを示す、新たな証拠だとしている。

有機分子の発見

キュリオシティは2011年に打ち上げられた火星探査車で、2012年に火星に到着。1トン近い丈夫な機体と、そこに積まれた最先端の観測機器を駆使し、火星の地表を走り回り、ときたま立ち止まって岩や土を詳しく探査している。

今回の発見は、キュリオシティが火星の「ゲイル・クレーター」という、かつて湖だった場所を探査しているときにもたらされた。キュリオシティが約30億年前の堆積岩を調べたところ、有機分子(炭素や水素を含む物質)が検出された。

有機分子は生命の誕生や生存に必要な材料とされるため、かつて火星に生命が活動していた痕跡である可能性がある。また、有機分子自体は2013年にも、同じくキュリオシティが発見しているが、今回はかつて湖、つまり生命が生存するのに欠かせない水があった場所から見つかったことから、より生命に関連した有機分子かもしれない。

ただ、有機分子は自然にも生成されうるため、この発見がすぐに「火星に生命がいた」ということを示しているわけではない。科学者らも「有機分子がどうやってもたらされたのかはわからない」としている。

もっとも、NASAの科学ミッションの責任者を務めるThomas Zurbuchen氏は前向きに、次のように語る。

「火星の生命を探す現在の取り組みの目標や方法が間違っていないこと、そして今後の探査によって、さらなる驚くべき発見がもたらされるだろう」。

mars002.jpg

キュリオシティが有機分子を発見したゲイル・クレーター (C) NASA

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米新規失業保険申請、予想外に増加 6月のレイオフ急

ビジネス

インフレ動向不確かなら利上げ前倒しを=英中銀マン委

ビジネス

ECB、7月理事会でより大幅な利上げ巡り協議=議事

ビジネス

ユーロ圏分断化防止策が軌道に乗ることを確信=仏中央

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】アルパカとキスしようとした女性、至近距離で唾をくらう

  • 2

    ルイ王子のやんちゃな1日、再生1800万回の大ヒット

  • 3

    生魚の寄生虫アニサキス、古今東西の日本に見る予防対策

  • 4

    【動画】女王を食ったあの日のルイ王子を一気見

  • 5

    アメリカ国民の4人に1人が不買運動を実施中 ショッ…

  • 6

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 7

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 8

    知りたくなかった......イルカはどうやって仲間を見…

  • 9

    【映像】キプロスのタランチュラ、スーツケースに紛…

  • 10

    BTSの「活動休止」は韓国若年層の悲鳴

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 6

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 7

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月