最新記事

ハリケーン

教訓は生かされたか? カトリーナ取材記者が見たハービー被災地

2017年9月1日(金)16時58分

8月30日、米テキサス州ヒューストンで大型ハリケーン「ハービー」の避難所として使われているコンベンションセンターで、カトリーナを体験したリアン・バーバーさんと出会った。カトリーナの教訓は生かされているのか。写真左は、カトリーナの被災地を取材するブライアン・テブノ記者。ルイジアナ州セントバーナード郡で2005年8月撮影。提供写真(2017年 ロイター/Courtesy of Ted Jackson/The Times-Picayune/Handout via REUTERS)

大型ハリケーン「ハービー」から避難してきた約1万人が集まる米テキサス州ヒューストンのコンベンションセンターで、リアン・バーバーさんと話をするうちに、ハリケーン「カトリーナ」がルイジアナ州ニューオーリンズを襲った12年前のちょうどその日、私たちは2人とも同市の第9地区にいたことが分かった。

バーバーさん(36)はかつて、ニューオーリンズの工業水路の東にあるフォーストール・ストリートに住んでいた。当時、工業水路の堤防が決壊し、大量の水が貧困層が暮らす同地区に押し寄せ、壊滅的被害をもたらした。

彼女が発作を起こしたのは絶妙なタイミングだった。

カトリーナがニューオーリンズを直撃する直前、バーバーさんはアップタウンにあるトゥーロ病院に運ばれた。同地区はその後、浸水しなかった数少ない貴重な地域の1つとなる。てんかん持ちで、21歳のときの自動車事故のせいで障害を抱えていたバーバーさんは、入院していなければ洪水で確実に命を落としていただろう。

カトリーナの暴風が最悪な状況を脱したころ、私はアップタウンに近いタイムズ・ピカユーン紙のオフィスから工業水路にかかる橋へと向かった。そこで2005年8月29日の午後、壊滅的な洪水を目にしたのだった。

乗り込んだ民間の救助ボートは、フォーストール・ストリートを抜けながら、人や大型犬、バッグに詰め込まれた猫たちを屋根や2階から救出していた。

「死者が大勢いるだろう」。セント・クロード・アベニューに向かう途中で、ボートの責任者ジェリー・レイズさんは、正確にこう予想した。

バーバーさんは助かったが、天地がひっくり返った心境だった。病院が避難することになったとき、職員がこう言ったからだ。

「安全な場所にお連れします。スーパードームに」

そこで電気も水道もない1週間を過ごした後、バーバーさんはバスでテキサス州ヒューストンに搬送されたという。以来、同市に暮らすバーバーさんは、新たな歴史的洪水のトラウマに直面している。

ニュース速報

ビジネス

首相「国難突破」へ解散表明、与党過半割れなら辞任も

ビジネス

情報BOX:安倍首相、過半割れなら「私も辞任」

ビジネス

情報BOX:消費増税、使途変更訴え 首相会見全文

ビジネス

東芝が取引銀行向け説明会、半導体子会社売却の遅れに

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回したトランプ

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 8

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 10

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月