最新記事

ルポ

トランプ政治集会の中で聞いた、「優しい」支持者たちの本音

2017年8月24日(木)06時33分
小暮聡子(アリゾナ州フェニックス)

8月22日夜、アリゾナ州フェニックスで行われた政治集会で演説をするトランプ大統領 Joshua Roberts- REUTERS

<メキシコと国境を接し、ヒスパニックが人口の約31%を占めるアリゾナ州で行われたトランプの政治集会。会場の外で反対派が抗議の声を上げるなか、支持者たちに交じって行列に並び、「なぜ支持するのか」を聞いた>

「CNN, sucks! CNN, sucks!(CNNは最悪!)」――大手メディアは自分が差別主義者であるかのようなフェイクニュースばかりを伝えているとドナルド・トランプ大統領が非難すると、アリゾナ州フェニックスのコンベンションセンターに集まった大勢のトランプ支持者が、CNNをこき下ろす大合唱を始めた。

8月22日夜(現地時間)、メキシコと国境を接する南西部アリゾナ州で行われた大規模な政治集会での出来事だ。

この日は、バージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者と抗議者の間で衝突が起きて死傷者が出た事件から10日後。トランプが白人至上主義を断罪しなかったことから共和党議員からも非難が相次いでいる最中に、トランプに熱狂する人々が大挙する政治集会が行われる――。ニューヨークから取材に向かったのは、白人ではないヒスパニックが人口の約31%を占めるアリゾナ州だ。

トランプは選挙戦中からメキシコとの国境に壁を築くと言い続け、就任後すぐに不法移民を拘束して国外退去させるよう求める大統領令に署名した。さらに、集会が行われる州都フェニックスでは、「全米一タフな保安官」との悪名が高い元保安官のジョー・アルパイオが移民を集中的に標的にしたパトロールを繰り返したとして7月に有罪判決が下されていたところ、トランプが自分の熱狂的な支持者であるアルパイオに恩赦を与えることを示唆していた。

今回の取材では、トランプが日頃から「メディアが伝えない」と批判しているトランプ支持者側の声を掘り下げることが第一目的だったが、この状況では、白人至上主義者とそれに反対する人が再び衝突するかもしれない。そうならないことを祈りつつ、午前11時にコンベンションセンターに向かうと、午後7時からの集会まで8時間もあるというのに早くも赤い帽子や星条旗の柄の服に身を包んだ人たちが列を作っていた。

【参考記事】トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初の発動へ?

「トランプも私も、人種差別主義者じゃない」

この日は、午前11時の時点で気温は37度。暴動も心配だが熱中症も心配だなと思いながら、列の最初のほうで椅子に座って涼んでいるトランプ支持者の白人女性に話しかけると、ロレッタ・キャバレル(42)は「カンザス州から18時間、1人で車を運転してきて午前2時に着いたら、ここで倒れちゃったの。それで、椅子を貸してもらった」と言う。

「救急隊員に病院に連れて行かれそうになったけど、拒否した。トランプに、私たちは今もあなたを支持していると伝えに来たんだもの」と、集会に駆けつけた理由を教えてくれた。

キャバレルに「今日の集会でトランプからどんな言葉を聞きたいか」と尋ねると、「アメリカを1つにするようなことを語ってほしい」と言う。「9.11でアメリカは団結したのに、今はバラバラになってしまったから」と。

「アメリカを分断する原因を作っているのはトランプだという見方もあるが」と聞くと、すぐに否定する答えが返ってきた。「トランプはレイシスト(人種差別主義者)ではない。私もレイシストじゃないわよ。夫はメキシコ人だしね」

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月