最新記事

映画試写会

末期癌に冒された男と家族や友人との最期の日々 ----『しあわせな人生の選択』試写会に15組30名様ご招待

2017年5月19日(金)14時19分

© IMPOSIBLE FILMS, S.L. /TRUMANFILM A.I.E./BD CINE S.R.L. 2015

<スペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞で、作品賞など5冠に輝いた話題作『しあわせな人生の選択』。監督・脚本のセスク・ゲイは、自身の母親の闘病体験を基に本作を製作した。>

病で残り少なくなった人生と向き合う主人公フリアンを繊細に演じるのは、演技派のリカルド・ダリン(『瞳の奥の秘密』)。フリアンに振り回されながらも見守り続ける友人トマスには、スペイン映画界に欠かせないハビエル・カマラ(『アイム・ソー・エキサイテッド!』)が扮している。監督・脚本のセスク・ゲイは「この映画が、観客それぞれが死に対する感情と向き合うきっかけになればいいと思う。死が目前に迫ったときの動揺をコントロールできるようにね」とコメントしている。主人公の愛犬トルーマンの演技と存在感も必見だ。

旅立ちの日に向け、親友と人生の身支度を始める男

newsweek_20170519_162010.jpg

[ストーリー]
 スペインで俳優として活躍するフリアン(リカルド・ダリン)と、カナダの大学で教壇に立つトマス(ハビエル・カマラ)。長年の友人の2人はそれぞれの人生を送っていたが、トマスはある日、フリアンが肺癌で余命わずかと聞いて彼のもとを訪れる。既に治療をあきらめたフリアンはトマスとともに、愛犬の新しい飼い主を探したり、オランダにいる大学生の息子に会いに行ったりと死への身支度を進めていく。それは2人が一緒に過ごせる最後の日々でもあった――。

[監督・脚本]セスク・ゲイ
[出演]リカルド・ダリン、ハビエル・カマラ
[配給]ファインフィルムズ
【オフィシャルサイト】finefilms.co.jp/shiawase
2017年7月1日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開


『しあわせな人生の選択』試写会
日時:2017年6月27日(火)18:30開場/19:00開映(上映時間:108分)
会場:ユーロライブ 東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F ユーロスペース内

応募締切:2017年6月5日(月)10:00

※本作はR15+の作品の為、15歳未満の方の応募はご遠慮ください。
※当日はトークイベントを行う可能性がございます。



submit.png





※当選は発送をもって代えさせていただきます

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は反発、1万9500円台回復 米

ビジネス

アングル:ECBの出口政策、テーパータントラム再燃

ワールド

相互に核の脅威と非難、軍縮会議で米朝応酬

ワールド

米、1100万ドル没収求め北朝鮮関連企業提訴 資金

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    バノン抜きのトランプ政権はどこに向かう?

  • 10

    有事想定の米韓軍事演習、北朝鮮「暗殺陰謀」と反発

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月