最新記事

アメリカ政治

ヒラリー・クリントン公職復帰?「準備はできている」

Clinton Comeback? Hillary Says She's 'Ready to Come Out of the Woods'

2017年3月20日(月)22時40分
ニコラス・ロフレド

大統領選に敗戦後、ほとんど公の場に姿を見せなかったクリントン REUTERS

<大統領選でドナルド・トランプにまさかの敗戦を喫して以来、傷心でほとんど人前に姿を見せなかったヒラリー・クリントンが、分断からアメリカを救うと語った>

昨年の米大統領選で敗れた民主党候補のヒラリー・クリントン元国務長官は先週、公職復帰への意欲をほのめかした。

聖パトリック・デーの金曜、ペンシルベニア州スクラントンで開かれた夕食会で演説したクリントンは「森から出る準備はできている」と言った。

先週の聖パトリック・デーに演説したクリントン


クリントンは共和党候補のドナルド・トランプに敗れた昨年11月の大統領選以降、ほとんど公の場に姿を現さず、政治についての発言を控えてきた。今は「ニュースを見るのが辛い」と胸の内を明かし、こう訴えた。「アメリカは分断されている。政治的な分断は、人と人との繋がりまで引き裂いてしまいかねない」

【参考記事】「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

二極化を煽るトランプ政権の下で、意見が対立する者同士が共通点を見出す余地はほとんどないように見えるが、クリントンは満員の600人の聴衆に向かって、敵味方に分かれるべきでないと言った。「政治的な考え方が自分と違うからといって、他者を無視したりすべきではない。互いの話に耳を傾けるべきだ。共に考えて、皆がより良い生活を送れるようにしなければならない」

【参考記事】「頭のいい」指導部のせいで、米民主党はすべてを失った

「そのための方法を見つけよう。私の準備はできている。今日の夕食会のような草の根に光を灯し、皆の前進を後押ししよう」

ニューヨーク市長の声も

20分強の演説の大半を占めたのは、かつて炭鉱の街として栄えたスクラントンに自分の家族のルーツがあるという話だ。クリントンの祖父と父はこの地域の出身で、クリントンも幼いころよく近くの湖に遊びに行ったという。炭鉱業や鉄鋼業の全盛期を経て、20世紀後半に衰退した苦しい時代にも触れ、家族や地域の絆を称えた。

クリントンはスクラントンのような町こそ、政治的な分断を修復する先頭に立てると呼びかけた。「お互いの声に再び耳を傾ける時だ」「ワシントンから変化が起きるかどうかはまだ分からないが、スクラントンならそれが可能だと思う」

【参考記事】マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

現在69歳のクリントンの今後のキャリアについては、様々な憶測が飛び交う。大統領選に2度敗れた後、3度目はなさそうだ。今年11月のニューヨーク市長選で現職のビル・デブラシオ市長の対抗馬にクリントンを担ぎ出そうとする動きもある。しかし彼女の親しい友人や専門家は、その可能性はないと一蹴する。

ニュース速報

ワールド

中国共産党大会が開幕、習氏「新時代の社会主義国築く

ビジネス

欧州の低金利環境、改革促進に絶好の機会提供=ドラギ

ビジネス

日経平均12連騰、安倍相場最長タイ 業績期待と海外

ビジネス

ドイツ憲法裁、ECB資産買入への連銀参加差し止め請

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 4

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 7

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 8

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 9

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 10

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月