最新記事

生活習慣

家族との「仲」より「距離」を大切にする人が幸せになれる

2017年3月8日(水)16時04分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

izusek-iStock.

<家族との仲を大切にするだけでは、いずれお金に困ることになり、幸せにもなれない。「隠れ貧乏」を脱するための処方箋その5>

お金のことで家族ともめ、実は孤独なのがお金持ち。お金がなくても家族で仲良く暮らし、幸せなのが貧乏人。そんなイメージはないだろうか。

本当に大切なのは、家族との「仲」よりも「距離」だと、桜川真一氏は言う。

兄の会社が倒産し、3億円の保証金を背負って自己破産寸前となった桜川氏は、そこから不動産と株で3億円の資産をつくることに成功。お金持ちへのステップを登り始めるなかで彼が見出したのが、「いつもお金がない」から抜け出す処方箋だった。

桜川氏によれば、自覚のない貧乏、すなわち「隠れ貧乏」な人が、いちばん危険だ。今は大丈夫でも、結婚したとき、子育てのとき、あるいは退職したときなど、ライフスタイルの変化を機に生活が苦しくなる。

ここでは、桜川氏の著書『貧乏は必ず治る。』(CCCメディアハウス)から一部を抜粋し、5回に分けて転載する。第5回は「家族との仲を大切にする貧乏人 家族との距離を大切にするお金持ち」より。距離を大切にするとは、一体どういう意味なのか。

※第1回:買い物を「わり算」で考えると貧乏になります
※第2回:情報を多くもっている人が仕事ができるわけじゃない
※第3回:友達の多い貧乏人、友達の少ないお金持ち
※第4回:「どうにかなる」と言う人はお金持ちになれない

◇ ◇ ◇

家族との仲を大切にする貧乏人 家族との距離を大切にするお金持ち

 お金持ちのイメージの一つに、友達や家族にも相手にされず孤独という姿がよく描かれます。また、お金持ちの家では、遺産相続をめぐって家族がもめるなんて話もよく聞きます。最近では、「相続を争続にしない」といったような内容の本や雑誌の特集も見かけるようになりました。

 一方、お金がなくても仲良く暮らす家族を、美しい家族の形として取り上げるテレビ番組を見かけます。家族の仲がいいのが一番ということで、番組は構成されています。こういったテレビ番組をよく見かけるのは、世間一般には、お金があるより家族仲がいいことが一番だという内容のほうが受けるからなのでしょう。

 会社員で高い給料をもらっていても、貯金がほとんどない家庭があります。もちろん、住宅ローンが高いという理由もあるでしょうが、案外多いのが教育費の出費が多すぎてお金が貯まらないという家庭です。塾に水泳や英会話の習いごと、中学校から私立に通わせて、大学まで私立だったら、ほとんど貯金もできない。さらに悲惨なのが、40歳を過ぎてから結婚して、子どもが大学を卒業するころに自分は退職。結局、子どもの教育費にお金がかかりすぎて、自分の老後に向けての蓄えがなく、「老後破産」という現実が待ち受けているのです。

 塾や習いごとに通わせ、私立のいい学校に行かせ、子どもの送り迎えに時間を割き、本当にお金も時間も子どものために費やしたのに、肝心の子どもは大学を卒業したら、家にも寄りつかないなんて話もよく聞きます。

 こんなことを書いていると、これから結婚・子育てをしようと思っている人は、家庭を持つのは大変だと思うかもしれません。いえいえ、結婚・子育てって大変なところもあるけど、楽しいですよ。ただ、家庭が楽しくあり続けるためには、お金の面で冷静な家族の距離感が大切だと言いたいのです。

 人にとって、幸せ・不幸せを左右する大きな要素に家族との関係があります。どんなに困っても家族が団結すれば大丈夫なんて言いますが、実際は、お金が左右することが多いのです。

ニュース速報

ビジネス

キリンHD、1―3月期は45%営業増益 会社計画を

ビジネス

ヤマト、基本運賃を最大180円値上げ 今期取扱量8

ワールド

インタビュー:トランプ氏、北朝鮮と「大きな紛争」の

ビジネス

東電、16年度は経常利益2276億円 4年連続黒字

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 2

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくすぶる核攻撃の火種

  • 3

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環球時報を読み解く

  • 4

    北朝鮮危機のさなか、米空軍がICBM発射実験

  • 5

    北朝鮮の脅威増大、必要あれば空母から2時間で攻撃=…

  • 6

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 7

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 10

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月