最新記事

韓国

鳥インフルに続き口蹄疫が発生 韓国全土8日0時まで牛など移動停止に

2017年2月6日(月)23時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

(c) YTN / Youtube

<昨年11月から鳥インフルエンザの猛威に見舞われた韓国で、5日口蹄疫が発生した。鳥インフルエンザでは初動の遅れが史上最大の感染数につながったため、韓国政府は全国全ての畜産農家に対し30時間の移動停止を決定。この決定が感染拡大を防げればいいのだが......>

韓国中央部の忠清北道の農場で5日、結成型O型の口蹄疫感染が確認され、さらに100キロ以上離れた全羅北道でも口蹄疫感染の疑いが申請された。韓国の聯合ニュースによると、韓国農林畜産食品部は即座に忠清北道の感染が発生した農場の乳牛195頭を殺処分し、半径3キロ以内で口蹄疫に感染する恐れのある家畜を飼育する酪農家99軒1万頭に以降制限を出した。また口蹄疫感染の疑いが出ている全羅北道も含めて、牛・豚など生きているすべての偶蹄類の家畜の搬出が7日間禁止された。


鳥インフルに苦しむ韓国、今度は口蹄疫が発生 (c) YTN / Youtube

さらに農林畜産食品部は今日午後6時から8日0時まで30時間、韓国国内すべての牛・豚などの移動を停止する命令を下した。対象となるのは全国の畜産農家、屠畜場、飼料工場、畜産車両など22万か所にのぼるという。酪農家の移動はもちろん、畜産に関係する車両は移動を取りやめ、洗浄と消毒をしなければならない。これまでにも韓国では口蹄疫の発生はあったが、全国規模で移動停止命令が出されるのは史上初めてのことだ。

農林畜産食品部はこれまでの経験から口蹄疫が全国的に広がる可能性は低いと見ているが、それでも今回こうした全国規模の移動停止措置をとったのは、忠清北道と全羅北道という100キロ以上離れたところで同時期に発生したためと、昨年末から続く鳥インフルエンザの苦い経験がある。

ニュース速報

ビジネス

中国の構造改革、債務増大の抑制には不十分=ムーディ

ワールド

中国、北朝鮮との交渉時間が限られていると認識=米国

ワールド

北朝鮮ミサイル開発に3人のキーパーソン、金氏が特別

ビジネス

FRBのバランスシート縮小、長期金利への影響少ない

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 2

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の選択

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 5

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 6

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 7

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 8

    テック大手が軒並みスマートスピーカーに参入する理由

  • 9

    レイプ事件を届け出る日本の被害者は氷山の一角

  • 10

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 4

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 5

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 8

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 9

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 10

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月