最新記事

世界経済

習近平、ダボス会議で主役 ――「鬼」のいぬ間に

2017年1月18日(水)13時33分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

ダボス会議に初参加、基調講演で「グローバル経済」を強調した中国の習近平国家主席 Ruben Sprich-REUTERS

 1月17日から始まったスイスにおけるダボス会議で、トランプ次期政権が保護貿易に向く中、習近平国家主席は「グローバル経済」を強調する基調講演をした。ウクライナ大統領とも会談しロシアを牽制するなど主役顔だ。

グローバル経済の主役顔の習近平国家主席

 習近平国家主席は、1月15日からスイス入りして、16日に首都ベルンでスイスのロイトハルト大統領と首脳会談を行い、貿易投資を拡大させ、金融や保険分野で協力を高めていきたいとした。その後、列車の中で長いテーブルを挟んで歓談を続けるなどしながら、ダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)の会場であるダボスに向かった。

 習主席がダボス会議に出席するのは初めてのことで、スイスは「アメリカを除いた世界最強の経済国家」の代表として、国を挙げての破格の厚遇で習主席を歓待した。

 17日には習主席がダボス会議で基調講演を行い、トランプ次期政権を念頭に、「反グローバル化」「保護主義」を批判した。

 そして「現在、世界で起きている多くの問題は、決して経済のグローバル化がもたらしたものではない」とした上で、「中国は一貫して開放的でウィン-ウィンの地域自由貿易を貫き、排他主義に反対し、人民元を操作して貿易競争力を高める考えなど毛頭なく、ましていわんや、通貨戦争をする気などはまったくない」と主張した。中国メディアが伝えた。

 今年のダボス会議は1月17日から20日まで開催される。最終日ギリギリまでオバマ政権時代の範囲内に入っている。したがってアメリカからはオバマ政権のバイデン副大統領とケリー国務長官が出席する。

 本来なら1月下旬に開催されるはずだったが、あえて前倒ししたのは、トランプ政権に入る前に習主席が参加して、グローバル経済の旗手としての役割を果たしかったからではないだろうか。

 一部には、中国の春節(今年は1月28日)を避けるため、スイス側の厚意から前倒ししたのではないかと言われているが、筆者はそうは思わない。

 グローバル経済を牽引したオバマ政権が終わり、「アメリカ・ファースト」を掲げて保護主義に向かうトランプ政権が誕生する前の、こんな「奇跡的な間隙」を縫って開催するなど、いかにも中国が考えそうなことだ。

 この「鬼のいぬ間に」、アメリカに代わって中国こそが世界のグローバル経済を牽引していくのだというメッセージを、世界にアピールするための戦略であったと、筆者は見る。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の「ロケット米全土到達」警告に反発、米朝が非

ワールド

米大統領、北朝鮮外相の演説受け「彼らの先は長くない

ワールド

イラン、新型ミサイル実験に成功と発表 米大統領は非

ビジネス

アングル:電気自動車「天国」に続く補助金の道

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 3

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 4

      世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

    • 5

      ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

    • 6

      北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

    • 7

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

    • 8

      トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

    • 9

      ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

    • 10

      猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

    • 3

      北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

    • 4

      強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

    • 5

      iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

    • 6

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 7

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 8

      イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

    • 9

      ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

    • 10

      iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
    日本再発見 シーズン2
    ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!

    STORIES ARCHIVE

    • 2017年9月
    • 2017年8月
    • 2017年7月
    • 2017年6月
    • 2017年5月
    • 2017年4月