最新記事

惨劇

ベルリン、トラック突入テロ「トラックは止まろうとしなかった」

Eyewitness Recounts Horror As Truck Plowed Into Christmas Market

2016年12月20日(火)15時40分
ジャック・ムーア

ベルリンの観光名所クリスマスマーケットに突っ込んだトラック Pawel Kopczynski-REUTERS

 イギリス人旅行者のエマ・ラシュトンは、ベルリンのクリスマスマーケットで友人とワインを楽しんでいた。そのとき、1台のトラックが目の前を走り抜けて買い物客に突っ込み、9人が死亡、少なくとも50人が負傷した。

 ラシュトンは本誌に対し、ベルリン中心部にある人気の公共広場「ブライトシャイト」での恐ろしい体験を語ってくれた。ブライトシャイトではクリスマスマーケットが開かれており、中央の小道沿いに立ち並ぶ木造の露店の裏にあるエリアに、ラシュトンは友人と座っていた。トラックは時速40マイル(約64km)でラシュトンのおよそ8フィート(約2.4m)前方を通過し、木造の掘っ建て小屋に激突。あたりは修羅場と化した。

1週間前のクリスマスマーケット




トラックが突っ込んだ後


 ホテルに戻ったラシュトンは電話での取材に応え、「トラックは止まろうとしなかった」と語った。これに先立ち彼女はツイッターで、自身が無事であることを伝えていた。

 ラシュトンと友人は、事件の6時間前にベルリンに着いたばかりだった。カイザー・ヴィルヘルム記念教会の近くで開かれているクリスマスマーケットに向かった2人は、カリーヴルスト(カレーソーセージ)を食べ、グリューワインを飲んでいた。

2メートル先で露店に突入

「わたしたちは腰を下して、ワインを飲んでいた。友人が『そろそろ行く?』と言ったけど、わたしは『ここはとても素敵な場所だし、あと2分くらいここにいたい』と思った。すると突然、すごく大きな音がして、上からぶら下がっていたイルミネーションのライトが落ちてきた」。ラシュトンは突入の瞬間をそう振り返っている。

「すぐ目の前で、わたしたちがワインを買った露店が大型トラックに押しつぶされていた。わたしたちから2.5メートルほど離れた場所だったと思う。すぐそばだった」と彼女は続ける。「もし2分早く立ち上がっていたら、わたしたちは大型トラックの進路の先にいたはずだ。想像するとゾッとする」

潰された露店




突っ込んだトラックの正面


 そのトラックは、彼女たちがワインを買った露店を「完全に破壊」したという。「幸いにも、露店のなかにいた人たちは全員、助け出された。同業者が皆で救出していた。ケガを負っていたけれど、歩ける状態で、無事だった」

また次が来るかも?

 トラック衝突のショックでまだ動揺していたものの、ラシュトンと友人はその後どうすべきかを検討した。「また次が来るのか、もう大丈夫なのか、わたしたちには何もわからなかった」

 ラシュトンは家に電話をかけて無事であることを伝えたが、家族はまだニュースを見ていなかった。その後、急いでホテルに戻る道すがら、ラシュトンと友人は十数人の負傷者のそばを通り過ぎた。負傷者たちは「出血したり、泣き叫んでいた。なかには意識がないのか、で横向きに寝かされている人もいた」

 救急車と警察の車両が猛スピードで行き交う傍らで、2人は立ち止まり、クリスマスマーケットに向かうほかの旅行者たちに対して、行かないように忠告した。

【参考記事】【ニーステロ】車が大量殺戮の凶器になるなら、人混みはどこも危ない

 トラックによる破壊をじかに目撃した彼女は、この衝突は事故ではないと強く主張する。「マーケットの両側には2本の幹線道路が走っているが、トラックが幹線道路を外れてあの小道に突入したのが事故だったとはとても考えられない。あれは事故ではない」

 ラシュトンは「九死に一生を得た」ような気がすると話しながらも、翌日以降も予定どおりベルリンで過ごすつもりだ。「もしこれがテロなら、テロリストの望みはわれわれが恐怖におののき、行動を変えることだ」とラシュトンは語る。「そのような者たちに屈しないために、このまま日常を送り続けるしかない」

ニュース速報

ワールド

中国共産党大会が開幕、習氏「新時代の社会主義国築く

ビジネス

欧州の低金利環境、改革促進に絶好の機会提供=ドラギ

ビジネス

日経平均12連騰、安倍相場最長タイ 業績期待と海外

ビジネス

ドイツ憲法裁、ECB資産買入への連銀参加差し止め請

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 4

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 7

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 8

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 9

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 10

    金正恩、中国共産党大会に祝賀メッセージ

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月