最新記事

日米関係

安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指導者」か

2016年11月18日(金)15時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Handout/REUTERS

<次期大統領トランプとの会談を果たした日本の安倍首相。会談後「信頼関係を築ける」指導者だと強調したが、トランプの政権移行チームでは日本絡みの新たな失言問題が>(写真:トランプタワーで会談する安倍首相〔左〕とトランプ次期大統領)

 政権移行チームの政策・人事を固めつつあるドナルド・トランプ次期大統領が、外国首脳としては初めて日本の安倍晋三首相と会談した。

 安倍は、ペルーで開催されるAPEC首脳会議に向かう途中、現地時間の17日午後にニューヨークに立ち寄り、マンハッタン中心部の五番街にそびえるトランプタワーを訪れた。

 両者の会談は1時間余りに渡り、会談後に会見した安倍は、「まさに信頼できる指導者だと確信した」と、トランプの印象を語った。

【参考記事】トランプとスペインの急進左派政党ポデモスは似ているのか

 トランプは大統領選の選挙戦を通じて、日本や韓国などの同盟国に対して米軍駐留費の負担増を求めると公言していた。さらに日本については、現状では米軍の「核の傘の下で保護されて」いるが、今後は核兵器の保有を容認することを示唆する発言もしていた。

 また、自由貿易がアメリカの製造業を破壊していると主張するトランプは、日本が国会で審議中のTPP(環太平洋経済連携協定)について明確に反対する意向を見せている。

nc161118-02.jpg

トランプの娘のイヴァンカ(中央右)とその夫のクシュナー(中央左)も同席した Hnadout/REUTERS

 安倍はこうした一連のトランプの政見に対して危機感を募らせ、異例の、就任前の次期大統領との会談の実現を進めたと見られている。しかし会談後の会見で安倍は、「(トランプは)正式に大統領に就任していない。今回は非公式の会談だから、中身について話すことは差し控えたい」と、具体的な内容は明らかにしなかった。

 トランプは会談後、自らのフェイスブックページに会談の様子を写した写真を掲載し、「安倍首相が私の家に立ち寄り、偉大な友好関係を始められたことは喜ばしい」とコメントしている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、ハリス氏と数回の討論会行う用意と表明 

ワールド

米俳優クルーニーさん、ハリス氏を支持 民主党大統領

ワールド

トランプ氏、訪米中のネタニヤフ氏と26日に会談へ

ワールド

米警護隊長官が辞任、トランプ氏銃撃巡り引責
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    「これは無理」「消防署に電話を」出入口にのさばる…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中