最新記事

2016米大統領選

トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

2016年8月3日(水)17時20分
シボーン・オグレイディ

Michel Euler-REUTERS

<トランプの連日の妄言に、フランス大統領が遂に苦言。口にこそ出さないが、トランプが世界の嫌われ者なのは周知の事実。終わりの始まりが始まった?>

 戦没者遺族を侮辱したドナルド・トランプについて、バラク・オバマ米大統領は2日、「大統領になるには嘆かわしいほど準備不足」と批判した。「不適格な」候補への支持をなぜ取り下げないのか、と初めて共和党指導部への批判にも踏み込んだ。

 だが、上には上がいる。フランスのフランソワ・オランド大統領は、イラク戦争で戦死したイスラム教徒の米兵士の両親を侮辱したトランプについて「行き過ぎた言動に吐き気がする」と非難した。

【参考記事】戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

 先週フィラデルフィアで開かれた民主党全国大会でオバマが強調したように、今やトランプは世界の指導者の間でも嫌われ者だ。国際秩序の崩壊や経済の先行き不安、NATO(北大西洋条約機構)の揺らぎまで、何でも責任を押し付けるのに格好の存在だ。それでも、トランプ自身の「行き過ぎ」を先頭切って批判するには、あの髪型に月1万1000ドルを注ぎ込むオランドの厚顔さが必要だった。

 民主党全国大会で登壇したキズル・カーンは、2004年にイラクで自爆テロにあって戦死した息子の話をした後、イスラム教徒を入国禁止にすると主張するトランプに「憲法を読んだことがあるのか」と問いかけた。それに対しトランプは、侮辱発言を連発。大統領候補が戦死者の遺族を批判する前代未聞の事態に、民主党だけでなく共和党内からも非難が噴出している。

【参考記事】戦没者遺族に「手を出した」トランプは、アメリカ政治の崩壊を招く
【参考記事】この週末にトランプ陣営が抱え込んだ5つのトラブル

 オランドは会見で「(世界の)民主主義は危機に直面しており、より多くの人が権威主義に傾いている」と述べた。

「もしアメリカ人がトランプを大統領に選べば、フランスを含めた国際政治全体に影響を及ぼすだろう。アメリカの大統領選は、世界の選挙なのだから」


From Foreign Policy Magazine

ニュース速報

ビジネス

焦点:日銀総裁、金融正常化観測けん制 市場対話に神

ワールド

TPP11、3月8日にチリで署名式 協定文が確定=

ビジネス

日銀会合は政策・見通し共に据え置き、総裁は出口観測

ワールド

米、インドネシアと防衛協力強化へ 中国念頭に国防長

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 4

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 5

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 8

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月