最新記事

書店

「世界最大の書店」がなくなる日

2016年6月28日(火)16時00分
鎌田博樹(EBook2.0 Magazine)

Mike Segar-REUTERS

<「世界最大の書店」とうたわれた米国のBarnes & Nobleが消滅したらどうなるか、が語られ始めた。この企業が消滅すれば、影響は出版社、著者のみならず、アメリカ文化全体にも及ぶとも言われる>
 
 「世界最大の書店」と自他ともに許していた米国のBarnes & Noble (B&N)が、あまり話題にも上らなくなって久しい。負債は嵩み、株は大きく値下がり、有望事業を売却し、店舗では本を減らしてゲームや玩具で埋める、とあっては、もはやデジタルどころではなく、生存の問題だ。そしてB&Nが消滅したらどうなるかが語られ始めた。

B&Nの抜けた跡には空洞が広がる

 かつて、出版の世界には不釣り合いな大規模書店として、出版社に対する絶大な交渉力を発揮して統合を促し、独立系書店を廃業に追いやった(と言われた)この企業が消滅すれば、その影響は出版社、著者は言うに及ばず、アメリカ文化全体にも及ぶだろう、とNew Republic (06/20)のアレックス・シェパード氏は書いている。

 もちろん、B&Nが占めていた売上金額は、ボーダーズの時と同じく、アマゾンや独立系書店、それにターゲットやウォルマートなどの大規模小売店が吸収して跡を埋める。B&Nが果たしていた機能で、容易に代替できないとされているのは、いずれも業界最大であった以下の機能である。

1. 本のショールーム機能(多くの人は、現物をどこかで見なければ買うことはない)
2. 販売力(売上の3割あまりをB&Nに依存している版元も少なくない)
3. 金融機能(前金での大量仕入によって生き延びてきた版元も少なくない)

 とくに3番目が問題だ。独立系書店の発注単位は小さく、24冊入りカートンで「大口」とされるほど。アマゾンなら、と思われがちだが、この会社は発注単位、在庫を最小化しつつ、仕入価格も押し下げることができるので、金融面でのB&Nの代りをする気はないだろう。つまり、B&Nの穴は出版社の経営的ダメージになる可能性がある。

 日本で取次が(まったく)金融をしなくなった場合ほどではないにしても、中小出版社の一部は買収や廃業に追い込まれ、一般的にリスクを伴う出版プロジェクトを避けるようになるだろう。ここまでは多くの出版関係者が一致している。この数年の傾向の延長上にあるからだ。

 これからの出版社は「希望販売部数ではなく、確かな販売予定部数を印刷する必要が出てくる」と、業界アナリストのマイク・シャツキン氏は述べている。そんなものは判っていないから、とにかく控え目に刷るしかない。

チャレンジできない出版と印刷エコシステムの風化

 出版社が発行点数を絞り、実績や知名度で著者・企画を選び、著者への「生活金融」とも言える契約前渡金の対象を減らし、調査・取材費がかかるノン・フィクションの出版はさらに細っていく。単純化していえば、印刷本(に比重を置く)出版がより難しくなるということだ。

 周知のように、書籍出版は知識・文化のコミュニケーションにおいて、前衛的・先進的役割を果たしてきたが、出版社に余裕がなくなれば、そうした機能は衰弱する。出版社は「紙かデジタルか」を問う以前に、「デジタルか廃業か」を問う必要があるだろう。それほど印刷本の出版を経済的、社会的に成立させることは困難になってくる。

 E-Bookの売上が米国の業界統計で下落を始めてから、業界には「紙が復活した」などという幻想あるいは多幸状態が広がっている。これはE-Bookを(出版の商品として期待するよりも)脅威として心配していたことを示すものだ。自主出版という形をとった出版社離れで、大手出版社がE-Book市場で独り負けし、それによって著者からの期待も失っていることを深刻に考える動きは、まだ(最近の価格引下げ以外には)見られない。

 B&Nが消滅したら、デジタル/アマゾンにやられた、とメディアは言うのだろう。しかし、実際には、デジタル(Nook、B&Nが開発した電子ブックリーダー)で大きな可能性を手にしながら、事業の再構築(店舗のリデザインとオンラインストアの統合)に躊躇したのが敗因である。このことは改めてじっくり検討する価値がある。筆者は「紙とデジタルにこだわらずに消費者第一」という原則に立てなかったためだと考えている。

 消費者がハードカバーとソフトカバーを選択できるように(いやそれ以上に原則的に)紙とデジタルを選択できるようにすることは、出版社あるいは書店の基本的な責任であると本誌(EBook2.0 Magazine)は考えている。後の世代から見たら、21世紀初頭の出版界のデジタル恐怖症は奇異に感じられることは間違いない。


○参考記事
Pulp Friction: If Barnes & Noble goes out of business, it'll be a disaster for book lovers., By Alex Shephard, New Republic, 06/20/2016
If Barnes & Noble Goes Out of Business, Would Anyone Care?, By Nate Hoffelder, The Digital Reader, 06/21/2016
If Barnes & Noble collapses, then what?, By Chris Meadows, TeleRead, 06/21/2016
Barnes & Noble Reports Fiscal 2016 Year-End Financial Results, B&N Press Release, 06/22/2016

※当記事は「EBook2.0 Magazine」からの転載記事です。

images.jpg

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月