最新記事

アメリカ社会

銃乱射犯に共通する「本物の男」信仰

2016年6月16日(木)19時15分
リサ・ウェード(米オクシデンタル大学社会学教授)

ブロック・ターナー(左) とオマル・マティーン Santa Clara County Sheriff's Department--Reuters, Omar Mateen via Myspace--Reuters

<男としての特権的地位を守るためには何をしてもいい──アメリカの一部の男たちが共有する特有のカルチャーが多くの暴力犯罪を生んでいる>

 この週末、アメリカは衝撃的なニュースに揺れた。民間では史上最多の犠牲者を出した銃乱射事件だ。理不尽な悲劇は、怒りや悲しみ、そして無力感を引き起こす。

 同時に、忘れ去られる事件もある。スタンフォード大学の水泳選手ブロック・ターナーがフラタニティ(男性学生クラブ)のパーティーで、飲み過ぎで意識を失った女子学生をレイプした事件だ。ターナーは先週、禁錮6カ月の実刑判決を受けたが、報道によると3カ月で仮釈放される見通しだ。「刑務所の夏休み」とも揶揄される甘い処分に批判が殺到した。

 フロリダ州オーランドのナイトクラブで自動小銃を乱射したオマル・マティーンと、名門大学でレイプ事件を起こしたターナー。一見すると何の共通点もなさそうだが、社会学者の目で見ると、2つの事件の底流には共通の要素がある。

【参考記事】銃乱射犯に負け犬の若い男が多い理由

序列、男らしさ、性的暴行

 ターナーは白人でスタンフォード大学に在学し、水泳の実力も全米代表レベル。いかにもアメリカン・エリートにいそうな若者だ。彼が犯した罪もまたアメリカ的だ。レイプ犯の心理には男性優位の優越感と男の特権意識が潜むと、多くの研究調査が実証している。

 筆者の研究テーマは「キャンパスにおけるセックス」だ。キャンパスでは「特権的な地位にある」男子学生が性暴力を振るう確率が高い。フラタニティのメンバー、とくに一部のアスリートにはその傾向が顕著だ。こうした男子学生は他の男子学生以上に、性のダブルスタンダード(二重基準)を振りかざす。性的に活発な男子学生は尊敬を集めて当然で、誘いに乗らない女子学生は非難され、性的虐待を受けて当然という考えだ。

 彼らは過剰なまでに男らしさを誇示し、同性愛者を憎悪する。男は女より上で、暴力を振るい、性的なジョークを飛ばすのは男の特権だと思い込み、女性蔑視的な言動を好み、レイプについての誤った考えを変えようとしない。キャンパスでの性的暴行では、アスリートが加害者になるケースが多い。女子学生は他のパーティーに参加するか、パーティーにまったく参加しない場合に比べ、フラタニティのパーティーに参加して被害に合う確率が高い。

序列、男らしさ、暴力的ホモフォビア

 マティーンの犯罪もこうした男性性の誇示と無縁ではない。マティーンの父親はメディアの取材に対して、息子は男性同士がキスするのを見て激怒していたと語っている。しかも報道によれば、マティーンは事件を起こしたナイトクラブの「常連客」で、同性愛の相手を募るデートアプリを使用していたという。

 同性愛者に対するヘイトクライム(憎悪犯罪)も、女性に対する暴力(報道によれば、マティーンは元妻に暴力を振るっていた)も、その根っこには硬直した父権主義的な男性性の概念がある。女性やゲイやバイセクシュアルの男性を見下ろして、「俺は本物の男だ」と威張りたがる心理だ。同性に性的な魅力を感じたことがある男性はなおさら、同性愛者を激しく憎悪し、攻撃性を爆発させがちだ。

【参考記事】バングラデシュ唯一のLGBT誌エディター、なたで殺害

 社会学者のマイケル・キンメルが論じているように、銃乱射事件が起きるたびに銃規制や精神疾患、さらに今回の事件では、犯人がイスラム教徒であることに人々の目が向いているが、これらの事件を結び付ける最も強力な要因が見逃されている。無差別の銃乱射事件の犯人はほぼ例外なく男であることだ。キンメルはその著書『ガイランド(男の国)』で、多くの男の子は大人の男に成長する過程で「『本物の男』に憧れ、自分はそうなれるはずだと自惚れて、それを妨害する者は抹殺していいと思い込む」と述べている。
 
 ここで言う「抹殺」は、文字通りの意味だ。

 学校で起きる銃撃事件では、犯人の少年が周囲から同性愛者と見られることを恐れ、同性愛者やそれとおぼしき生徒を襲うことで、自分はストレートだと同級生にアピールしようとするケースが少なくない。

 男性が同性愛者に恐怖心を抱く心理は分からないでもない。女性は当たり前のこととして耐えているが、性的興味の対象にされ、獲物を見るような目で見られれば、身の危険を感じるものだ。さらに男性は同性に性的な関心を持たれると、自分が女になったような気がして、受け身の弱い立場に置かれた気分になるのだろう。男らしさにこだわる男性にとってはそれだけでも脅威だが、同性に見つめられることに密かに快感を覚えた場合は、自己嫌悪とないまぜになって猛烈な憎悪のとりこになる。

「俺は本物の男で、女を性的に支配できる」──そんな妄想にとらわれていたマティーンは、公共の場でキスする男性のカップルに怒りを燃やし、同性に引かれる自分を嫌悪して、男性性の幻想を揺さぶる同性愛者を抹殺しようとしたのかもしれない。

最大公約数

 銃乱射による大量殺人は、恐ろしいことに、アメリカ文化に特有の現象になりつつあるようだ。自分たちの特権を守り、自らのアイデンティティーの拠り所である序列を守るために、アメリカの中のある種の男たちが潜在的に共有している方法だ。

【参考記事】【統計】銃犯罪の多さは銃規制の緩さと比例するか

 メディアや一部の大統領候補は、マティーンの両親がアフガニスタン出身であることに注目しがちだ。だがマティーンは、ブロック・ターナーと同じくアメリカで生まれ、育ち、成人した。ISISの一員になろうとしたフシもあるが、彼がアメリカの産物であることに変わりはない。あれがテロだったのは間違いないが、アメリカ人のアメリカ人によるアメリカ人を標的としたテロだ。

 社会学者はパターンを探す者だ。問題は、ブロック・ターナーやオマル・マティーンにとどまらない。それはケビン・ジェームズ・ロイブルだ。彼は、オーランドの銃乱射の前夜、歌手のクリツティーナ・グリミーを撃ち殺した。これはジェームズ・ウェズリー・ハウウェルでもある。彼は日曜、ロサンゼルスで行われる同性愛者のパレードに行く途中に大量の銃や弾丸を所持していて捕まった。パレードの参加者を撃つつもりだったという。これは、自分の優越性を守るため銃に頼る男たちのグロテスクなリストだ。

 何かが変わらない限り、また病的な事件が起こり、リストに加わるのだろう。

Lisa Wade, Professor of Sociology, Occidental College

This article was originally published on The Conversation. Read the original article.

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮、衛星打ち上げを日本の海保に通告 6月4日午

ワールド

韓国と中国、外交・安保対話開始へ 3カ国首脳会合前

ワールド

岸田首相、日本産食品の輸入規制撤廃求める 日中首脳

ワールド

台湾の頼総統、中国軍事演習終了後にあらためて相互理
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中