最新記事

ネット

フェイスブックのネットタワーが世界(とフェイスブック)をつなぐ

地上アンテナを使って途上国の接続環境を飛躍的に向上させるプロジェクト

2016年4月15日(金)16時00分
アンソニー・カスバートソン

FBタワー プロジェクト「ARIES」のタワーは低コストのネット通信を提供する FACEBOOK

 フェイスブックは、世界とインターネット(とフェイスブック)をつなぐ通信用アンテナを、途上国の都市部周辺で設置する計画を明らかにした。

 このプロジェクトは、今週開催されたフェイスブックの開発会議で公表された。フェイスブックはすでに、「Internet.org」という別のプロジェクトで低軌道衛星やレーザー搭載ドローンを使って地上とインターネットを接続する方法の開発を進めている。しかし今週マーク・ザッカ―バーグCEOが明らかにしたのは、もっと「地に足が着いた」プロジェクトだ。

【参考記事】フェイスブックが無人機会社を買収する狙い

 フェイスブックの推計によると、途上国に暮らす人口の97%は都市部から約40キロの範囲内で生活している。このデータを念頭に置いて、「テラグラフ」と「ARIES」という地上に設置するインターネット接続システムが開発された。Wi-Fi通信網が都市とその周辺地域をカバーできる。

世界とフェイスブックをつなぐ

 世界とフェイスブックを、いや失礼、インターネットをつなぐこの計画は、すでにインターネットとつながっている地域の通信速度や通信効率、ネット接続の全体的な質の向上も目指している。

 フェイスブックの技術担当副社長ジェイ・パリックは今週の会議で、「状況を少しだけ改善しようとは考えていない」と語っている。「これまでの10倍速いか10倍安いか、その両方を達成しようとしている」

【参考記事】フェイスブックの難民支援は慈善では済まない

「ARIES」は、ベースとなるタワーに96のアンテナを設置してより遠くまで無線と届けるシステムで、ケーブルや光ファイバーといった既存のインフラより大幅にコストを下げることができる。

 一方「テラグラフ」は、現存するインフラを活用して、都市部でのWi-Fiや携帯電話の通信を強化する。電灯や標識などの施設に200~250メートル毎にアンテナを設置し、高周波信号で大量のデータを送受信できる「WiGig」という技術を採用する。

 フェイスブックは今年中に「テラグラフ」の実地検証をカリフォルニア州サンノゼで実施する計画だ。

「テラグラフはネットワークの構造上、密集した都市部でよく発生する通信干渉(建造物や通信の渋滞)を回避することができる」と、フェイスブックの2人のエンジニアが個人ブログで説明している。

「フェイスブックは今後も協賛パートナーと共に計画への投資を継続する。世界中の複数の市場で大規模な試験ネットワークを構築して、最新技術による価値創造と効率向上の可能性を示したい」

 世界中が友達になる日も近い?

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

焦点:トランプ氏、若者の支持拡大 インフレやウクラ

ワールド

海洋紛争は対話で解決へ、中国軍制服組トップが表明 

ワールド

マレーシア、東南アジア最大のIC設計拠点計画 各国

ワールド

エクアドル国民投票、大統領の治安強化策を支持
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 6

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 7

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 8

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中