最新記事

中東

イランの弾道ミサイル実験は核合意違反にならない?──イスラエルは激怒

Ballistic Missle Tests Did Not Violate Nulear Deal

核開発を放棄すると約束したのに弾道ミサイル実験を続けるイランの真意は

2016年3月14日(月)17時30分
ジャック・ムーア

挑発 ミサイルには「イスラエルを葬り去れ」の文字が farsnews-Reuters

 イランが先週行った弾道ミサイルの発射実験は、昨年7月に米英ロなどの6大国と交わした歴史的核合意には一切、違反していない──イラン国営テレビに政府幹部は語った。

「イランは軍事演習の一環で過去数日の間にミサイルのテスト発射を行ったが、これは核合意に反するものではない」と、外務省スポークスマンのフセイン・ジャベリ・アンサリは言った。

 核合意は、イランが核開発を放棄すれば、欧米も経済制裁を解除するというもの。だが、弾頭ミサイル開発の禁止は合意の対象になっていない。もし発射したのが核搭載可能なミサイルだったとわかれば国連決議違反になるが、イラン、とくに革命防衛隊はお構いなしだ。

【参考記事】プーチンがイラン核合意を支持した思惑

 ファルス通信によると、イランの革命防衛隊は先週火曜、北部のアルボルジ山脈から1400キロ先のオマーン湾を目がけてミサイルを発射した。

 米国務省は翌日、ジョン・ケリー国務長官がイランのムハンマド・ジャバド・ザリーフ外相とこの件について話した、とだけ発表した。

 イランメディアの報道によると、ミサイルには「イスラエルを葬り去れ」とヘブライ語で書いてあった。革命防衛隊のアミル・アリ・ハジザデ准将は、ミサイルはイスラエルを攻撃するために開発されたものだと言った。

「何があっても、イランがミサイル開発を辞めることはない」と、准将は言う。「革命防衛隊はイランのミサイル開発のいかなる制限にも同意していない。どんな侵入者に対しても自国を守る」と、言った。

 イランの強硬派はいつも、仇敵イスラエルの破壊を呼び掛けている。イスラエルとしては穏やかではない。核合意にも最後まで反対だった。イランのイスラエルに対するいかなる軍事行動も先制攻撃で叩くと、公言している。

米、イスラエルに過去最大の武器供与提案──イラン核合意の償い?

 イスラエルのネタニヤフ首相は即座に声明を出し、「国連安保理常任理事国の5カ国は直ちにイランを罰するべきだ」「常任理事国の力も問われている」

 核合意で遠ざかったと思ったイランとイスラエル衝突のシナリオはまだ目の前にある。その点では、一貫して合意い反対し続けたイスラエルのほうが正しかったのか。

ニュース速報

ビジネス

米国株は公益株買われ上昇、ダウ11日連続最高値更新

ビジネス

ドル112円割れ、トランプ氏の経済政策や3月利上げ

ビジネス

国境調整税、輸出入とも阻害の恐れ=NY連銀報告書

ビジネス

トランプ氏が大統領令署名、連邦規制撤廃・簡素化へ

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が発表

  • 2

    オーストラリアの難民政策は「人道に対する罪」、ICCに告発

  • 3

    原油が世界中からアジアに集結 OPEC減産で長距離輸送でも妙味

  • 4

    ついに中国で成立した「トランプ」商標登録

  • 5

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 6

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 7

    トランプ提唱の国境調整税、輸出入とも阻害の恐れ=…

  • 8

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛O…

  • 9

    マレーシア警察、金正男暗殺事件で空港内「放射性」…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 4

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 7

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛O…

  • 8

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 9

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 10

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデタ…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 8

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    トランプの人種差別政策が日本に向けられる日

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月