最新記事

中東

イランの弾道ミサイル実験は核合意違反にならない?──イスラエルは激怒

Ballistic Missle Tests Did Not Violate Nulear Deal

核開発を放棄すると約束したのに弾道ミサイル実験を続けるイランの真意は

2016年3月14日(月)17時30分
ジャック・ムーア

挑発 ミサイルには「イスラエルを葬り去れ」の文字が farsnews-Reuters

 イランが先週行った弾道ミサイルの発射実験は、昨年7月に米英ロなどの6大国と交わした歴史的核合意には一切、違反していない──イラン国営テレビに政府幹部は語った。

「イランは軍事演習の一環で過去数日の間にミサイルのテスト発射を行ったが、これは核合意に反するものではない」と、外務省スポークスマンのフセイン・ジャベリ・アンサリは言った。

 核合意は、イランが核開発を放棄すれば、欧米も経済制裁を解除するというもの。だが、弾頭ミサイル開発の禁止は合意の対象になっていない。もし発射したのが核搭載可能なミサイルだったとわかれば国連決議違反になるが、イラン、とくに革命防衛隊はお構いなしだ。

【参考記事】プーチンがイラン核合意を支持した思惑

 ファルス通信によると、イランの革命防衛隊は先週火曜、北部のアルボルジ山脈から1400キロ先のオマーン湾を目がけてミサイルを発射した。

 米国務省は翌日、ジョン・ケリー国務長官がイランのムハンマド・ジャバド・ザリーフ外相とこの件について話した、とだけ発表した。

 イランメディアの報道によると、ミサイルには「イスラエルを葬り去れ」とヘブライ語で書いてあった。革命防衛隊のアミル・アリ・ハジザデ准将は、ミサイルはイスラエルを攻撃するために開発されたものだと言った。

「何があっても、イランがミサイル開発を辞めることはない」と、准将は言う。「革命防衛隊はイランのミサイル開発のいかなる制限にも同意していない。どんな侵入者に対しても自国を守る」と、言った。

 イランの強硬派はいつも、仇敵イスラエルの破壊を呼び掛けている。イスラエルとしては穏やかではない。核合意にも最後まで反対だった。イランのイスラエルに対するいかなる軍事行動も先制攻撃で叩くと、公言している。

米、イスラエルに過去最大の武器供与提案──イラン核合意の償い?

 イスラエルのネタニヤフ首相は即座に声明を出し、「国連安保理常任理事国の5カ国は直ちにイランを罰するべきだ」「常任理事国の力も問われている」

 核合意で遠ざかったと思ったイランとイスラエル衝突のシナリオはまだ目の前にある。その点では、一貫して合意い反対し続けたイスラエルのほうが正しかったのか。

ニュース速報

ビジネス

焦点:タカタ再建、不安残る事故再発防止策 製品交換

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 6

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月