最新記事

富士通「GRANNOTE」

大人の「自遊時間」は上質なノートPCとともに

PR

2016年3月15日(火)10時00分

ペンポット ¥3,456、Beyond Object テープカッター ¥21,762、プラスマイナスゼロ 電卓 ¥2,160、 SULEK ノート ¥4,536( 以上、リビング・モティー フ 203・3587・2463)/デスク クレール120 ¥507,600(IDC大塚家具 Tel 03・5530・5555)

 さまざまな人生経験を積み重ね、上質が何たるかを知る大人のためのPCとはどうあるべきか? 富士通が出した解が、この「GRANNOTE」(グランノート)だ。ただ便利な道具である以上に、大人にとってのPCは、今や自分らしく過ごすためのパートナーのような存在と言えるだろう。時にお気に入りの音楽を聴き、時に愛用のデジタル一眼レフカメラで撮影した画像を編集する。そして、そういったこだわりの趣味について情報を得るだけでなく、時には友人たちと趣味について語り合うのも、PCからアクセスしたSNS上でだったりというように。

プレミアム&コンフォートデザイン

 大切な時間への入り口となるツールには、やはり手に取りたくなる〝感性に響くデザイン〞を求めたい。それはチェアなどのインテリアのように──。あらためて「GRANNOTE」のデザインを眺めてみると、シンプルな造形美に目が引かれる。光学ドライブを搭載する15.6型ノートPCながら、サイズを感じさせない佇まいは、キーボード面のマットシルバー塗装による引き締まった印象に加えて、フラットバッテリー化によってすっきりと仕上げられたボディ底面処理による恩恵も大きい。普段は見えない底面処理がこだわりの質感を生むというところは、いかにも大人好きのするところだ。

富士通「GRANNOTE」

手に触れる部分は丸みをおび、使用中にストレスを感じることはない。側面にはUSB3.0×3、USB2.0×1、HDMI、SDXC対応SDメモリーカードスロットを搭載。

 キーボードの手に触れる部分は丸みをおびており、長時間の作業でもストレスなく快適に使用できる。マット塗装は指紋も目立たず好印象だ。バックライト付きのキーボードは側面がガラス調の「プリズムクリアキー」を採用する。一方で天板が艶やかに光沢塗装された液晶ディスプレイも、どこからでも指がかかってすっと開きやすいよう側面を傾斜させる工夫が施されている。この側面形状は、閉じた際の造形美にも一役買っている。また、キーボード上部に組み込まれたスピーカーも一際目を引く存在だ。高級車の内装パーツを思わせるような塊感のある金属製のスピーカーは、このPCが特別な存在であることを見るものに主張してくる。

使い心地にも快適さと大人の上質を追求

 上質さを追求したのは、デザインだけではない。見る、聴く、打つというPC操作にも快適な使い心地が追求されている。

「見る」には、タッチパネルとしても機能する4K対応の超高精細な液晶ディスプレイが搭載された。傷がつきにくく衝撃に強い、旭硝子製の強化ガラスが採用されたこの4K液晶は、大迫力の臨場感が楽しめる動画の視聴はもちろん、後述する写真の加工・編集でも大いにその恩恵を堪能できる。

「聴く」ために用意されたのは、前述の金属パーツが採用されたスピーカーだ。このスピーカー、実は音響機器メーカーのオンキヨーと共同開発された逸品。オンキヨーと言えば、近年のハイレゾブームを牽引する存在として認識されている読者も多いことだろう。このスピーカーもハイレゾ音源に対応しており、追加の機器なしに録音時の空気感までも味わうことができる。

富士通「GRANNOTE」

[左]キーボード面上部のオンキヨーと共同開発されたハイレゾ対応スピーカーは、同心円状に細かな線状の模様が出るスピン加工を施されている。
[右]ガラス調のキートップ「プリズムクリアキー」は、内部パーツの側面が45度に傾斜しており、プリズム効果で光り輝く。キーと文字の視認性も高い。

 最後に、PC操作の基本中の基本となる「打つ」。PCにおいてもタッチパネルの搭載が一般的になってきたとは言え、やはりこれなしでは操作もままならないキーボード。そこには徹底したこだわりが反映されている。なんと、キーの押下圧がエリア別に3段階に分けられているのだ。まず中心部やリターンキー、矢印キーといった指の力がかかりやすいエリアのキーは重めに、逆に外側や上部など指が届きにくいエリアのキーは軽く、そしてスペースキーや変換/無変換キーは重く設定されており、どのエリアのキーを押下してもサクサクとした使い心地がもたらされるよう工夫されている。さらに、奥から手前側へと、階段上に段差が設けられたステップ型のキートップ配置により、ミスタッチを軽減。また約2.5㎜と深めのキーストロークや、指にフィットする球面シリンドリカルキートップも快適性に貢献しており、長時間の入力にも疲れにくいキーボードとなっている。

インテルCorei7 プロセッサーインテル® Core i7 プロセッサー
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Core Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。


製品紹介ページ:www.fmworld.net/fmv/ah_g/

購入は富士通直販WEB MART:http://www.fujitsu-webmart.com/pc/

ニュース速報

ビジネス

トランプ氏の「為替操作国」批判、中国が反論

ビジネス

米個人消費支出が2カ月連続で増加、経済活動加速

ビジネス

イケアが北米でたんす3600万個回収、子供6人死亡

ワールド

スコットランドのEU加盟交渉に反対、能力欠如=スペ

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  3. 3

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  4. 4

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    財政赤字を本気で削減するとこうなる、弱者切り捨ての凄まじさ

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  9. 9

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  10. 10

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    日本で盛り上がる「反知性主義」論争への違和感

    日本で「反知性主義」という言葉が流行している…

  6. 6

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  7. 7

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  8. 8

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  9. 9

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  10. 10

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  3. 3

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  4. 4

    英EU離脱は連合王国のリスク、元首相2人が警告

    英元首相のトニー・ブレア氏とジョン・メージャ…

  5. 5

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  6. 6

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  7. 7

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  8. 8

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  9. 9

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  10. 10

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう

STORIES ARCHIVE

  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月