最新記事

中東

少女「テロリスト」を蜂の巣にする狂気のイスラエル

Why Israel is Fighting the Indigenous Palestinians

彼らはなぜパレスチナ人をここまで嫌い、排除しようとするのか

2016年2月15日(月)17時00分
ハニーン・ゾアビ(イスラエルのアラブ系国会議員)

憎しみの連鎖 イスラエル人2人を死傷させて射殺されたパレスチナ人の葬儀 Mohamad Torokman-REUTERS

 15歳のその少女は何発も弾を受け、血を流しながらエルサレムの歩道に横たわっていた。男が歩み寄って頭を一発撃ち、少女は絶命した。また「英雄」が「テロリスト」を始末したのだ。あるいは、ここでは見慣れた超法規的な処刑だろうか?

 言葉さえ変わった。昨今のメディアは、殺人のことを「無力化」と表現する。

 我々はもう、このような恐ろしい悲劇を見ていられない。血塗られた制服、教科書が詰まった鞄、歩道一面に舞うノートの切れ端。そして小さなはさみ。少女が年配の男を刺そうとした時に使ったものだ。占領者イスラエルに対する復讐の刃。

【参考記事】「名前はまだない」パレスチナの蜂起

【参考記事】インティファーダを警戒、イスラエル市民に「銃携帯命令」

 これがイスラエル占領地の日常だ。夜襲、抑圧と屈辱、差別的な壁、住居の取り壊し、イスラエル人専用の道路、バリケード、教会やモスクの焼き討ち。イスラエル人入植者や警察による銃乱射。灰色で、希望のない毎日。

 だからといって、占領地での死を正当化するつもりはない。この少女のような子供たちは政治運動の一部ではなく、うまく行き過ぎた抑圧の申し子だ。この子供たちは、彼らの犠牲者と同様の犠牲者なのだ。

遺体を返還しないという罰

 エルサレム警察は、過去数カ月の間に「テロ行為」で殺されたパレスチナ人たちの遺体を返還していない。遺族に対する罰の一つだ。現在、10人の遺体が警察の手元に留め置かれている。

 イスラエルの3人のクネセト(国会)議員、ジャマル・ザハルカ、バサル・ガタス、そして筆者は先週、遺体の遺族と弁護士たちと会い、かねてから連絡を取っていた国家安全保障相に遺体の返還を求める手紙を渡した。

【参考記事】イスラエル総選挙でアラブ系統一会派が歴史的躍進

 だがネタニヤフ首相は我々の行動を反体制運動の先駆けと見た。我々は裏切り者かそれよりひどいレッテルを貼られた。イスラエルの民主主義は多数派の統治を意味し、人権や少数者の権利は無視している。多数派による専制の危険が常につきまとっているのだ。

ニュース速報

ワールド

イタリア中部地震で最低120人死亡 住民ら下敷き、

ビジネス

米7月中古住宅販売3.2%減、予想を超える落ち込み

ビジネス

財務省、国債利払いの積算金利0.4%引き下げ=17

ビジネス

インタビュー:-ドイツ各行の預金手数料検討に理解=

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 3

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 4

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 5

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 6

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 9

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 10

    テスラ、大容量充電池を発表 世界最高の加速力と航続距離500kmを実現

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 6

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 10

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 6

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 7

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 8

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月