最新記事

解説

知っておくべき難民の現実

例えば、シリア難民の多くは手段と機会さえあれば自活できる人々だということ

2015年9月24日(木)18時18分

前途多難 ギリシャの港に到着した客船内で上陸の瞬間を待つシリア難民 Michalis Karagiannis-REUTERS

 内戦が続くシリアから逃れた難民の声を聞くため、米シンクタンク「ランド研究所」の政策アナリスト、シェリー・カルバートソンは先日、シリア難民が多く暮らすレバノンを訪れた。難民向けの公共サービスの改善策を探るため、同じくシリア難民の受け入れ国であるヨルダンやトルコにも足を運んだ。

 深刻な人道危機へと拡大した問題に難民自身、そして国際社会はどう向き合っているか。カルバートソンが解説する。

■シリアの近隣国は難民をさらに受け入れることができるか

 レバノン、トルコ、ヨルダン、イラク、エジプトは既に大勢のシリア難民を受け入れており、その総数は約400万人に上る。

 今やレバノンでは国内居住者の25%が、ヨルダンでは10%がシリア人だ。限界を超える数の難民を保護している近隣国が、これ以上受け入れられるとは思えない。だからこそヨーロッパへ向かう難民が急増している。

■シリア難民の生活環境は?

 難民の8割以上が、主に都市部の公的に難民キャンプとして設置されたわけではない場所で暮らす。彼らの生活は厳しい。蓄えが底を突いたために子供を働かせたり、まだ少女の娘を結婚させたりする人もいる。そこまでしても、困窮から抜け出せるとは限らない。

 キャンプも設立されているが、すべての難民を収容できる規模ではない。私が話を聞いた難民の多くは、キャンプで暮らすことを望んでいなかった。ある難民の言葉を借りれば「人間が住める環境ではない」からだ。

■難民危機はシリアの子供にどんな影響を与えているか

 今のシリアの子供たちは「失われた世代」だ。まともな教育や適切な医療を受けることもできないまま、テントや地下室で子供時代を送っている。シリア難民の子供の約半数は学校へ通っていない。ヨルダンでは、難民の子供のうち10%が児童労働に従事させられている。

■人道活動への支援が増えれば、難民の生活環境は改善するか

 アメリカやEUなど従来の支援国も、目立った支援をしていない湾岸諸国も、援助を提供することが極めて重要だ。シリア難民支援には今年、計55億ドルが必要とされるが、現時点で集まっているのはその3分の1ほど。より多くの援助と資金源が必要だが、資源活用をめぐる新たな政策も不可欠だ。

 難民自身が人的資源としての潜在力を持っている。レバノン、ヨルダン、トルコで暮らす難民の大半は、失業率の高さや難民が職を奪うという懸念を理由に就労を許可されていない。しかし危機が長引く今、こうした方針は考え直すべきではないか。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米オピオイド禍の経済損失、20年だけで1兆4700

ビジネス

トヨタ、8月世界販売12ヵ月ぶり増 世界生産は4割

ビジネス

イタリア、来年の経済成長予測を下方修正 財政は改善

ワールド

日中国交50年、岸田首相「建設的で安定的な関係を」

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月