最新記事

ロシア

ネムツォフ暗殺?でロシア野党は壊滅状態

反プーチン派指導者に次々と襲いかかる悲劇はまた闇に葬られるのか

2015年3月4日(水)14時53分
デニス・リンチ

「口止め」か 政権の秘密を握っていたとも言われるネムツォフの著書を抱く葬儀参列者 Maxim Shemetov-Reuters

 ロシアの野党指導者ボリス・ネムツォフが、モスクワのクレムリン近くで殺害された事件の背景はまだ不明だ。しかし彼の支持者の間では、この事件が野党勢力への打撃を狙ったものだという疑いが強い。今週モスクワで営まれたネムツォフの葬儀に参列した支持者たちは、偉大な指導者の1人を失った野党勢力の未来が今後どうなるか、暗澹たる気持ちで会場を後にした。

 ネムツォフの殺害は、野党勢力への共感や支持を集めるかもしれない。しかし反対に、プーチン政権に反発する人々を震え上がらせ、政治的に危険な論調から距離を置くようにさせるかもしれない。専門家は多くは、野党勢力の未来を悲観的に見ている。

 チェスの元世界チャンピオンでプーチン批判の先鋒でもあるガリル・カスパロフはロイターのインタビューに答えて、「プーチンの野蛮な独裁からロシアが10年前の穏やかな時代に戻る望みはもう無くなった」と沈痛な様子で語った。ネムツォフの殺害は「野党勢力で活動する者全員にとって、すべてが無に帰したことを意味する」

 ネムツォフの損失が大きいのは、彼と野党政治家アレクセイ・ナワルニーの他に、広い支持を集められる野党指導者がほとんどいないからだ。ネムツォフは、2012年に他の著名な野党指導者(ミハイル・カシヤノフ元首相、ウラジーミル・ルイシコフ元下院議員ら)と共に野党連合「ロシア共和党・人民自由党」を結成しているが、彼の仲間たちは知名度があっても有権者への影響力が弱い。

 ナワルニーは、野党側が言うところの「でっち上げの横領や詐欺」の容疑や自宅軟禁を破った容疑で何度も逮捕されている。昨年ナワルニーは横領罪で執行猶予付き3年6カ月の有罪判決を受け、彼の弟は3年6カ月の実刑判決を受けた。近親者を制裁することでナワルニーを黙らせようという脅迫だと見られている。

「民衆の心をつかむような盛り上がりを、野党勢力はつくりだすことができない」と、英BBCのロシア政治アナリストは指摘する。「ロシア国民が革新的な変化を恐れていることは理解できる。多くの人にとって旧ソ連の崩壊はまだ記憶に新しく、他の大方の事柄よりも安定が重要視される」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日産・ルノー対等出資、ウィンウィンで進むこと期待=

ワールド

「ミサイルなら1分で済む」、プーチン氏が侵攻前に脅

ワールド

米政権、コロナ緊急事態宣言を5月11日に解除へ

ビジネス

鉱工業生産12月は前月比0.1%低下、判断「弱含み

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大批判...キャサリンの「お手本」に脚光も

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 8

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 9

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 10

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月