最新記事

東西ドイツ統一

ベルリンの壁崩壊をめぐる3つの誤解

3 Things You Probably Didn't Know About The Berlin Wall

25年前の歴史的な大事件を正しく理解するために知っておくべきこと

2014年11月11日(火)16時50分
ジェーソン・オーバードーフ

 東西ベルリンを隔てていた壁の崩壊から25周年を迎えた11月9日、壁のすぐ東側にあったブランデンブルク門には大勢の人々が押し寄せ、四半世紀前の歴史的な出来事に思いをはせた。だが東西冷戦を終結させた大事件をめぐっては、多くの人が気づいていない「誤解」もある。代表的なものを3つ挙げよう。

(1)本当の意味で壁が崩壊したのはハンガリーだった

 自由を求める東ドイツ国民の「無血革命」がベルリンの壁崩壊に貢献したのは間違いないが、壁に最初にヒビを入れたのはハンガリーだった。

 壁崩壊のおよそ半年前に当たる1989年5月、ソ連の衛星国だったハンガリーはソ連の最高指導者ミハエル・ゴルバチョフが掲げていたペレストロイカ(改革)路線に応える形で、西側の一員であるオーストリアとの国境を開放した。これによって、東ドイツ国民がハンガリー経由で西側に亡命できる可能性が浮上。多くの東ドイツ国民が、自国に隣接するチェコスロバキア(当時)やその先のハンガリーに押し寄せた。
 
 9月になると、ハンガリー政府は国内で亡命許可を待つ東ドイツ国民のオーストリアへの出国を正式に承認。その後3日間で1万5000人が西側に流入したという。

 東ドイツの国家元首エーリヒ・ホーネッカーは慌ててチェコスロバキアとの国境を閉鎖したが、時すでに遅し、だった。

(2)壁が町を二分していたわけではない

「東西を隔てる壁」と言うからには、町の中心にまっすぐに境界線が引かれ、それが西側世界と東側世界を分断していたと思われがちだ。だが実際の壁はジグザグにうねっており、ベルリンの町をきれいに二分していたわけではない。

 しかも、ベルリンは東ドイツの中心部に位置しており、町の一部である西ベルリンを取り囲むように壁が建設されていた。つまり、西ベルリンは共産圏の真ん中に飛び地のように存在する陸の孤島だったわけだ。

 そのため、西ベルリン市民の生活にはさまざまな困難があった。例えば週末に自家用車を運転して西ドイツの大都市ミュンヘンまで出かける、といった過ごし方は不可能だった。西ベルリンから出るためには、ビザを取得し、数少ない国境検問所を通過しなければならなかったからだ。そのため、西ベルリン市内に都市型キャンプ場と農場を開設し、子供たちに「西側的」な体験をさせるといった奇妙な代替策まであったほどだ。

 西ドイツ政府は陸の孤島に暮らす西ベルリン市民を財政的に支えたが、西ベルリンが本当の意味で発展することはなかった。

ニュース速報

ワールド

香港の行政長官選、前財政官が出馬を正式表明

ビジネス

英財務相、競争力維持へ「他の方法も」 貿易協定巡り

ビジネス

東芝、メインバンクとして可能な限りサポート=三井住

ビジネス

インタビュー:GPIF、今年はPE・インフラ投資拡

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差への処方箋

  • 2

    スーパー耐性菌の脅威:米国で使える抗生物質がすべて効かない細菌で70代女性が死亡

  • 3

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない」悲哀

  • 4

    【ダボス会議】中国が自由経済圏の救世主という不条理

  • 5

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 6

    トランプごときの指示は受けない──EU首脳が誇り高く…

  • 7

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 8

    太陽光発電の発電コストが石炭火力発電以下に。ソー…

  • 9

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 10

    ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 6

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 7

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 8

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 9

    トランプ今度は製薬会社を標的に 薬価引き下げを表明

  • 10

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 5

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月