最新記事

食品

究極の高級コーヒーが動物虐待の源に?

That and $30 Gets You a Cuppa Joe

ネコのふんから「拾い出す」豆の人気が高まっているが、生産地には思わぬ「副作用」が

2014年9月22日(月)12時43分
アナ・バーナセク

 1950年代のアメリカでは、コーヒー1杯は10セントと相場が決まっていた。アメリカンコーヒーは当時、究極の「日用品」。どれも安価で、正直に言うとあまりおいしくなかった。

 だが現在では、コーヒーにも他のあらゆる製品と同じような「高級品」という選択肢がある。それも大量に出回っている一般的な商品に比べて、何倍もの値段がする代物だ。

 その代表格といえるのが、インドネシアのスマトラ島やバリ島、スラウェシ島、ジャワ島で生産されるコーヒー豆「コピ・ルアク」。ニューヨークの住宅街ウェストビレッジにある専門のカフェでは、この豆で入れたコーヒー1杯になんと30ドルという値段が付いている。ちなみに、近くのダンキンドーナツのコーヒーは1杯1・19ドルだ。

 コピ・ルアクが特別な理由は、その独特な製法にある。農園で栽培されているコーヒーの果実が野生のマレージャコウネコに食べられ、彼らの消化管に1〜2日間「滞在」。その後、消化されずにほぼそのまま排泄された種子をふんの中から回収し、洗浄・加工することで独特の風味を持った豆が作られる。

ネコに無理やり食べさせて生産

 動物の排泄物から取りだしたコーヒー豆だけに、誰もが喜んで飲みたがるわけではない。それでも1キロ当たり770ドル以上の高値が付くのは、言うまでもなく希少価値が高いからだ。

 だが需要が高まった今では、年間500トン近くが「人工的」に生産されているという。自然に生産される量の1000倍だ。ジャコウネコを捕獲して檻に入れ、無理やりコーヒーの実を食べさせて生産しているのだ。

 コピ・ルアクの人気の高まりが招いたこの現状に、専門家たちは懸念を抱いている。90年代前半、最初にコピ・ルアクに注目したコーヒートレーダーのアントニー・ワイルドは、「本物」のコピ・ルアクを認証するキャンペーンを立ち上げた。

ニュース速報

ワールド

米司法長官、ロシア介入疑惑で特別検査官から聴取=司

ワールド

モディ印首相、ダボス会議でグローバル化の促進呼びか

ワールド

焦点:北朝鮮スキー場での南北合宿案、経済制裁に抵触

ビジネス

米上院、パウエルFRB理事の次期議長就任を承認

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 3

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 4

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 8

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月