最新記事

東欧

ウクライナに出兵するロシアの創造的言い訳

あくまで越境攻撃を否定し続けるロシア不条理な「ポストモダン型戦争」の出口はどこに

2014年9月4日(木)18時02分
ジョシュア・キーティング

休暇中だった? ウクライナ領内で拘束されたロシア兵(上写真) Valentyn Ogirenko-Reuters

 ロシア政府とウクライナ東部の親ロシア派武装勢力は、一貫してロシア軍の関与を否定してきた。戦車や対空ミサイルはウクライナ政府軍から奪ったもので、武装勢力に加わっているロシア人はロシア政府のコントロールが利かない民間人だ、と。

 だが、ここにきてロシアはウクライナ東部への軍事介入をエスカレートさせており、同時に彼らの「創造的説明」にもますます磨きが掛かってきた。

 ロシア国営テレビによると、現在ウクライナには数千人のロシア兵がいるが、彼らは侵略軍ではなく、休暇中の兵士らしい。ウクライナ南東部では最大4000人のロシア人が戦闘に加わっていると、「ドネツク人民共和国首相」を名乗る親ロシア派のアレクサンドル・ザハルチェンコ司令官は同テレビに語った。「彼らは休暇をビーチではなく、自由のために戦う兄弟たちと過ごすことを選んだのだ」

 NATOが公開した衛星画像やYouTubeの投稿動画には、ロシア軍の車列らしきものがはっきり映っている。それでも軍事介入の事実を否定し続けるロシア政府が次にどんな「創造的説明」を持ち出してくるか、見当も付かない。

 一方、ウクライナはNATO加盟の方針をあらためて打ち出した。NATO条約第5条には、加盟国への武力攻撃には全加盟国が共同で反撃すると定めた集団防衛条項がある。だが、正式に加盟が承認されるのは少なくとも数年先とみられている。

 7月中旬に、マレーシア航空機が撃墜された直後には、ウクライナ政府軍が親ロシア派の支配地域を次々と奪回し、武装勢力の鎮圧は時間の問題に見えた。現在もウクライナ軍は親ロシア派の拠点ドネツクとルガンスクに迫っているが、南東部の国境地帯ではロシア軍が新たな戦闘を仕掛けているもようだ。その間もプーチン大統領はロシア軍の直接的関与を否定し続け、ウクライナのポロシェンコ大統領と話し合いを行っていた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均は小反発スタート、利益確定売り重しにマイナ

ビジネス

米ベッド・バス、株式発行で2.25億ドル調達 今後

ワールド

独蘭デンマーク、ウクライナに戦車「レオパルト1」1

ワールド

韓国経常収支、12月は黒字に転じる

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月