最新記事

タンザニア

マサイ族を追い出す政府の思惑

狩猟ビジネスで観光誘致をするためマサイ族から土地を奪おうとするタンザニア政府

2013年5月10日(金)16時08分
トリスタン・マコネル

先住民の権利は 今も多くが伝統的な遊牧生活を営むマサイ族 Chris Jackson/Getty Images

 タンザニアの先住民族であるマサイ族が、土地を追われるかもしれない。タンザニア政府が、北部のセレンゲティ国立公園とヌゴロンゴロ保全地域に隣接する約1550平方キロの土地を、「野生生物回廊」に指定しようとしているからだ。

 政府は何万人ものマサイ族が暮らすこの一帯を、スポーツ狩猟のできる一大観光地域にしようとしている。マサイ族を追い出し、狩猟ビジネスの場に変えようというわけだ。過去21年にわたりこの地域で観光ビジネスを行ってきたアラブ首長国連邦の観光会社が、「野生生物回廊」で狩猟ビジネスを拡大させる。

 活動家らは、この計画でマサイ族は伝統的な遊牧生活を維持できなくなると指摘する。マイノリティ・ライツ・グループ・インターナショナルのカール・ソダーバーグは、「強制移住で重要な放牧地と水を失い、生活は困窮するだろう」と言う。

 人権問題などに取り組む市民団体アバーズは、ネット上で計画に抗議するよう訴えた。すると先週までに、キクウェテ大統領に計画中止を求める170万以上もの署名が集まった。

 マサイ族は立ち退き後につくられる「ロリオンド狩猟制限地区」内に移住する権利が与えられている。だが、カガシェキ観光・天然資源相は最近になって、その権利すら否定しようとしている。「この国では土地は大統領のもので、国民には貸し出されているだけだ」と、カガシェキは言う。「土地がマサイ族に譲渡されたことはない」

 先住民族の支援団体サバイバル・インターナショナルのジョー・ウッドマンによれば、この計画は営利目的の狩猟場に村があることを禁じた09年の法律改正に乗じたものだ。「マサイ族は土地の民営化と分割に苦しめられてきた。彼らの遊牧生活は、個人や企業への土地分配で縮小を続けている。もう土地を失うわけにいかない」

 09年にマサイ族が強制退去させられた際は家が焼かれ、逮捕者も出た。政府とマサイ族が対立を続ければ、今後、大規模な事件に発展するかもしれない。

From GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

英首相、選挙に勝てば18歳に兵役導入へ

ワールド

中国がグアテマラの貨物入国拒否、台湾との関係影響か

ビジネス

トランプ氏復権、バイデン氏続投より債券に弱気=ビル

ワールド

ラファにイスラエル軍の空爆、パレスチナ人少なくとも
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中