最新記事

中国政治

セックスと嘘と新・重慶事件

市党幹部が18歳少女とのセックスビデオ流出で失脚。相次ぐ同種の醜聞の背景にちらつく新指導部の思惑

2012年12月19日(水)17時55分
メリンダ・リウ(北京支局長)、長岡義博(本誌記者)

リーダーの真意 相次ぐ党員のスキャンダル発覚と解任は習近平(左端)新指導部が党紀粛正を図るサインなのか Carlos Barria-Reuters

 意外かもしれないが、中国でセックスは最大のタブーではない。確かに当局はポルノサイトへのアクセスをブロックしようと躍起だし、乱交パーティーのたぐいは「集団淫乱罪」というれっきとした刑法上の犯罪だ。

 それでも共産党指導部にしてみれば、セックススキャンダルより政治的不祥事のほうがよほど大きな問題だ。ではセックスと政治の両方が絡んだスキャンダルが起きたら?

 おそらくおとがめ間違いなしだろう。そのことは先月、重慶市北碚区の共産党委員会書記を解任された雷政富(レイ・チョンフー、54)が身をもって示した。雷は解任の3日前に、18歳の少女とのセックスビデオがネットに流出していた。

 問題は、地方党幹部の異常な性癖だけではなかった。12秒間のビデオを最初に公開した告発サイト「人民監督網」を運営する朱瑞峰(チュー・ルイフォン)によると、雷の相手をした少女、趙紅霞(チャオ・ホンシア)は「ある建設会社に雇われて、その会社から雷への賄賂としてセックスを提供したプロ」だという。

「重慶市の建設会社の間では、建設プロジェクトについて政府の認可をもらうため、当局者にこの種の賄賂を贈ることが常態化している」と朱は言う。雷はビデオがきっかけで、収賄の容疑を掛けられているのだ。

 朱によれば、趙はひそかに情事を撮影し、雇い主である建設会社に提出。建設会社はそれをネタに雷をゆすっていたらしい(ちなみに趙の報酬は1晩50ドル以下だった)。怒った雷は、重慶市警察を動かして趙を1カ月間拘束させ、建設会社のトップは1年間刑務所に送り込んだ。

 当時、重慶市の警察トップだったのは王立軍(ワン・リーチュン)。そう、今年2月にアメリカ総領事館に駆け込み、後に重慶市トップ薄煕来(ボー・シーライ)の妻によるイギリス人殺人事件が露見するきっかけになった男だ。既に党籍を剥奪され、完全に失脚した薄には汚職容疑が掛けられているが、複数の女性との性的関係も指摘されている。

 雷のセックスビデオは、人民監督網からマイクロブログの新浪微博(シンランウェイボー)を経由して瞬く間に全国に拡散。これを見た中国の主要メディアは、微博ユーザーが党の腐敗追放で大きな役割を果たしていると絶賛した。

 例えば人民日報系の環球時報は、「贈収賄事件の捜査が始まったが、これは微博が腐敗追放運動において異例のスピードで大勝利を挙げた何よりの証拠だ」と持ち上げた。

 環球時報は、セックスビデオがきっかけで汚職が明らかになった役人も実名入りで報じた。そのリストにはまだ追加がありそうだ。朱は「重慶市高官が関わったセックスビデオがあと5本」あり、現在は本人かどうかを確認している段階だと言っている。

 それでも政治的要素がなければ、雷のビデオは特別話題になるような内容ではなかった。何しろ最近中国で話題になるセックススキャンダルは、もっと段違いにハチャメチャなのだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中