最新記事

サッカー

名門バルサにカタルーニャ独立運動の影

More Than Just a Club?

スペインで「クラブ以上の存在」と呼ばれる名門サッカーチームFCバルセロナはカタルーニャ独立の機運と無縁ではいられない

2012年11月27日(火)15時07分
ジミー・バーンズ(ジャーナリスト)

 カタルーニャ自治州の独立の機運によって巻き起こったスペインの危機が、世界屈指の名門サッカークラブの将来に不穏な影を投げ掛けている。そのクラブとは、スペイン北東部カタルーニャ州の州都バルセロナを本拠地とするFCバルセロナ。世界中のファンは愛を込めて「バルサ」と呼ぶ。

 9月11日は、18世紀のスペイン軍に対する敗北を思い起こす「ラ・ディアダ(カタルーニャの日)」だった。スペインからの独立を求めて150万人がデモを行ったが、そこにはバルサのサンドロ・ロセイ会長の姿もあった。政党指導者も含め、デモ参加者の多くはスペインからの完全な分離独立を求めた。

 これまでロセイは、クラブを独立運動に関係させることは避けてきた。しかし個人としてデモに参加したロセイは、バルサはこれ以上、政治的中立を維持できないと思い知った。「バルサはカタルーニャの多数派の決定に従う」。ラ・ディアダの後の試合中、一部のファンが独立を求める声を上げたとき、ロセイはファンに向けて語った。

 このように政治に取り込まれるのは、自らを地域の政治的・文化的なアイデンティティーの象徴と自負するサッカークラブにとっては致し方ないことではある。バルサが20世紀初頭に設立された時期も、スペイン帝国の崩壊と、ヨーロッパの最も進取的な都市を目指すバルセロナの再生に重なっていた。バルサの成長はカタルーニャ人の誇りであり続けた。

 1920年代のプリモ・デ・リベラ将軍の独裁、そして、フランシスコ・フランコ将軍による独裁の時代を通じて、バルサはカタルーニャの「愛国心」を象徴するものになった。バルサの歴史は民主主義や公益と絡み合いながら、一方にはジュゼップ・スニョル会長がフランコの軍隊に暗殺されるという血塗られた側面もある。

 バルサのファンは、選手としてクラブで活躍し、後に監督を務めたオランダ人ヨハン・クライフの逸話が大好きだ。クライフはフランコに逆らう形で、長男をジョルディと名付けた。カタルーニャの守護聖人の名だ。

「クラブ以上の存在」というバルサのスローガンは、独自の文化を誇るカタルーニャ社会でのクラブの地位だけでなく、党派的、国家主義的な利害を超えた価値を体現する存在であることも示している。しかしスペインが現代の民主主義国として発展する歴史の節目節目にバルサが何らかの役割を果たすのは、やはり民族主義の力だ。

グローバルなブランド

 75年にフランコが死ぬと、バルサの首脳陣は追放されたカタルーニャ民族主義の指導者ジュゼップ・タラデーリャスに会い、新たに設立されたカタルーニャ地方政府の閣僚就任を要請した。77年、カタルーニャに戻ったタラデーリャスはバルサのホームスタジアム、カンプノウで大歓迎を受けた。

「すべてのカタルーニャ人が戦った末に、私たちはついに自由を手にした」と、タラデーリャスは言った。「皆さんがカタルーニャ主義への忠誠を忘れず、このカタルーニャを永遠に豊かに、強く、自由にすることを信じている。バルサ万歳! カタルーニャ万歳!」。この演説は今も大半のファンがそらんじることができる。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は反落、金融株の勢い止まる

ビジネス

ドル下落、雇用統計受け利上げペースに疑問=NY市場

ビジネス

トランプ氏が雇用創出諮問委、委員に米主要企業のトッ

ワールド

ロシアの原油生産が記録的水準、約束の減産控え

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 2

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 5

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 6

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 7

    タイ新国王が即位しても政情不安は解消されない

  • 8

    トランプの外交政策は孤立主義か拡張主義か

  • 9

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 6

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 7

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系…

  • 8

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 9

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 10

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月