最新記事

人口問題

国連が恐れる高齢化の津波

Fears Over Rapidly Aging Population

2050年には5人に1人が高齢者に──。途上国でも急速に進む高齢化がもたらす恐怖の未来予想図

2012年10月2日(火)16時21分
エレン・コロニー

 2050年までに世界の人口の5人に1人を60歳以上の高齢者が占めるようになる。年金や保健・医療サービスが迅速に整備されなければ、病気や貧困に苦しむ老人が急増する──。

 国連人口基金(UNFPA)が国際高齢化デーの10月1日に発表した報告書「21世紀の高齢化」は、
世界的に進む急速な高齢化に警鐘を鳴らし、「大胆な政治的決断」を訴えるものだ。

 報告書によれば、60歳以上の人口は今後10年で10億人を突破。2050年には世界の人口の22%にあたる20億人を超え、15歳未満の人口を上回るという。これは医療や栄養状態、教育、経済状況の改善が進んだおかげで、新興国や発展途上国でも寿命が延びているためだ。

 だが、そうした国々では、急増する高齢者を支える社会保障制度などは整っておらず、遠くない将来、深刻な問題を引き起こしかねない。ラトビアやキプロスなど、すでに60歳以上の高齢者の半数が貧困に苦しんでいる国もある。

 UNFPAのババトゥンデ・オショティメイン事務局長は、高齢化対策には「大胆な政治的指導力が必要だ」と語った。「高齢化の対策を取ることは可能だが、まずは問題を認識する必要がある」

 高齢化対策が必要なのは「高齢者、特に女性高齢者への差別や虐待、暴力を顕在化させ、事態を調査し、未然に防ぐ」ためでもあると、報告書は指摘している。

「人生の終盤がすべての人にとって前向きな時間」であってほしい──報告書に記された未来を実現するために、すべての国が今すぐ行動を起こす必要がある。

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

ジャクソンホール会合、景気押し上げへ政府の対策必要

ビジネス

マイナス金利下限に「かなり距離」、量・質も緩和余地

ビジネス

米FRB議長「利上げ論拠強まった」、9月の可能性も

ビジネス

米国株はまちまち、FRB当局者の発言受け不安定な値

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 2

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 3

    日本のアフリカ市場出遅れ、問題は企業サイドに

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    マイナス金利「量・質とも緩和余地ある」黒田日銀総裁

  • 6

    アメリカ海軍、ペルシャ湾でイラン艦艇に警告射撃 2日連続で異常接近

  • 7

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 8

    誘拐事件を繰り返し裕福な生活をしていた、アルゼンチン家族の闇

  • 9

    フィリピン、ドゥテルテ大統領就任後の7週間で麻薬絡みの殺人1800件に

  • 10

    芥川賞『コンビニ人間』が描く、人畜無害な病理

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 5

    日銀は死んだ

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 8

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月