最新記事

人口問題

国連が恐れる高齢化の津波

Fears Over Rapidly Aging Population

2050年には5人に1人が高齢者に──。途上国でも急速に進む高齢化がもたらす恐怖の未来予想図

2012年10月2日(火)16時21分
エレン・コロニー

 2050年までに世界の人口の5人に1人を60歳以上の高齢者が占めるようになる。年金や保健・医療サービスが迅速に整備されなければ、病気や貧困に苦しむ老人が急増する──。

 国連人口基金(UNFPA)が国際高齢化デーの10月1日に発表した報告書「21世紀の高齢化」は、
世界的に進む急速な高齢化に警鐘を鳴らし、「大胆な政治的決断」を訴えるものだ。

 報告書によれば、60歳以上の人口は今後10年で10億人を突破。2050年には世界の人口の22%にあたる20億人を超え、15歳未満の人口を上回るという。これは医療や栄養状態、教育、経済状況の改善が進んだおかげで、新興国や発展途上国でも寿命が延びているためだ。

 だが、そうした国々では、急増する高齢者を支える社会保障制度などは整っておらず、遠くない将来、深刻な問題を引き起こしかねない。ラトビアやキプロスなど、すでに60歳以上の高齢者の半数が貧困に苦しんでいる国もある。

 UNFPAのババトゥンデ・オショティメイン事務局長は、高齢化対策には「大胆な政治的指導力が必要だ」と語った。「高齢化の対策を取ることは可能だが、まずは問題を認識する必要がある」

 高齢化対策が必要なのは「高齢者、特に女性高齢者への差別や虐待、暴力を顕在化させ、事態を調査し、未然に防ぐ」ためでもあると、報告書は指摘している。

「人生の終盤がすべての人にとって前向きな時間」であってほしい──報告書に記された未来を実現するために、すべての国が今すぐ行動を起こす必要がある。

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:日産・ルノー、10年以内に無人の自動

ワールド

英高層公営住宅、多数の外壁に可燃性素材 調査で判明

ワールド

韓国大統領、北朝鮮の核問題で中国にさらなる行動呼び

ワールド

英フィリップ殿下が退院、感染症の治療終える

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 2

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 6

    D&Gが女性歌手に激怒した理由はメラニア!? 

  • 7

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    アメリカはシリアを失い、クルド人を見捨てる--元駐…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 5

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 6

    北朝鮮、米国人大学生釈放を発表 拘束中暴行され昏…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    身体が不自由な患者の頭をドナーの身体に移植する「…

  • 9

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 10

    比南部、ISIS系武装勢力と政府軍戦闘激化 住民が100…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 3

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月