注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

ワールド

ネット

ツイッターなんてもう信用できない!

Twitter Gets Punk'd

セレブの偽者を認証したのに説明はなし。実は閉鎖的な企業体質に募る不信感

2012年2月8日(水)16時37分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 メディア王ルパート・マードックの妻ウェンディをかたる人物が作成したアカウントを、ツイッターが本人のものとして認証していた──ある意味では、どうでもいいニュースだ。わずか数日後には「成り済まし」であることが判明し、ツイッターは謝罪声明を発表した。

 問題なのは、この件に関するツイッター側の姿勢だ。同社はミスの理由を説明せず、確たる再発防止策を保証することもできていない。となれば、ツイッターの信頼性や信用性には深刻な問題があると思えてくる。

 今時のシリコンバレーの企業は開放性と透明性がモットーだが、ツイッターは情報を出そうとしない。月並みな謝罪文を発表しただけで、後は知らん顔を決め込んでいる。

 謝罪文の内容はこうだ。「当社の認証プロセスについてコメントはしませんが、『ウェンディ・デン』のアカウントが短期間、誤って認証されていたのは事実です。ご迷惑をお掛けしたことをおわびします」

 これが世界を変えたと豪語し、「アラブの春」に大きな役割を果たしたと喧伝する、あの企業の言うことか。これは、抑圧的体制を覆す力を民衆に与えるとの評判を持つ、あのツイッターと同じ企業なのか。

 いや、違う。ここにいるのは収益の上げ方が分からない企業としてのツイッター、将来的な新規株式公開で得る利益を期待して、巨額を投じた大物投資家を落胆させつつあるツイッターだ。同社では何年も前から経営陣の交代劇が続き、内紛が絶えない。大勢の幹部が去り、完全な混乱状態だという噂もある。

いたずらが暴いた偽善性

 今回の一件では、ツイッターには正しい行動ができないだけでなく、その認証済みアカウントに信頼性がないことも判明した。さらに悪いことに、同社はミスが起きた際にまともな説明ができないし、する気もないことも分かってしまった。

「偽ウェンディ」騒動のきっかけは、昨年12月末に(本物の)マードックがツイッターを始めたこと。翌日ウェンディのアカウントも登場し、本人のものと認証された。アカウントでの発言はいかにもそれらしく、メディアも早速ツイートの内容を報道し始めた。

 英紙ガーディアンの取材に応じた偽ウェンディによれば、その正体はロンドン在住のイギリス人男性。いたずらで偽のアカウントを作ったのに、認証されたことに驚いたという。

 偽ウェンディはツイッターをあざ笑う発言もしている。自分に確認も取らずに認証済みアカウントにしたと指摘し、なぜこんなミスが起きたのか話し合おうと、同社のヨーロッパ担当広報責任者に呼び掛けた。

 偽ウェンディの最大の功績はツイッターの偽善性を暴き出したことだ。開放性や即時的な情報の拡散を重視しているはずの企業が、外部と意思疎通を図る努力をここまで怠るとは。

 ツイッターは、意図的にコミュニケーションを拒んでいるように見える。サイトには電話番号や広報担当者の連絡先が掲載されておらず、広報部門と連絡を取りたければ、コンタクトフォームを送信するしかない。

 折り返し連絡してきた広報担当者によれば、ツイッターの認証プロセスは「ケースごとに異なって」おり、今回のような事件は過去に例がないという。

 サイトに連絡先を掲載していないのはなぜか。返ってきた答えは「ツイッターは極めて効率的なシステムを採用しているから」だった。

 偽ウェンディは今もせっせとツイートしている。マードック夫妻をネタにした冗談から始まった今回の騒動だが、笑いものになったのはツイッターだ。

[2012年1月18日号掲載]

最新ニュース

ビジネス

米国株3日続伸、エネルギー株がけん引

2014.12.20

ワールド

「サイバー攻撃は北朝鮮の犯行」、オバマ氏が対抗措置表明

2014.12.20

ビジネス

ドル指数が約8年半ぶり高水準、金融政策かい離受け=NY外為

2014.12.20

ビジネス

ECB国債買い入れ、ぜい弱な国に準備積むよう求める案検討

2014.12.20

新着

映画

ルコント久々の大人の恋愛物語『暮れ逢い』

20世紀初頭のドイツを舞台に、若妻と青年の恋を描いたパトリス・ルコント監督に聞く 

2014.12.19
安全保障

「アジアはアジアで守る」中国・脱アメリカ宣言の思惑

地域安全保障の主導権をアメリカから取り戻すという名目でアジアでの覇権を狙う中国の危険な構想 [2014.12.16号掲載]

2014.12.19
イスラム過激派

アルカイダは「ISISを容認せず」 

アルカイダ系で最大の組織の指導者が、斬首の撮影と拡散は邪道とISISを非難したが [2014.12.23号掲載]

2014.12.19
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.12.23号(12/16発売)

特集:首脳の成績表

2014.12.23号(12/16発売)

民主化の旗手から外交の達人、苛酷な独裁者まで
世界のリーダーたちの資質と実績を徹底分析

ウラジーミル・プーチン 独特のカリスマも強硬策が裏目

アンゲラ・メルケル 「緊縮の鬼」は実はきまじめな慎重派

デービッド・キャメロン 貴族宰相が冷笑を買うトラブルメーカーに

バラク・オバマ 強力な指導力を発揮し始めた「弱腰大統領」

専制政治 懲りない独裁者7人の明暗

習近平 汚職狩りでは剛腕も外交は場当たり的?

ナレンドラ・モディ 実は民生重視で外交上手な人気宰相の秘密

安倍晋三 得意の外交で存在感見せるが内政は留守がち?

■おしゃれ ファッションリーダーは誰?

レジェップ・タイップ・エルドアン 独裁色強める中東のキーパーソン

フランソワ・オランド 経済立て直しが進まぬうち女性問題が浮上

テイン・セイン 開放路線は成功したが、民主化は道半ば

エンリケ・ペニャ・ニエト 治安問題でただいま支持率急落中

トニー・アボット アジア外交で成果、環境政策には非難が

ハサン・ロウハニ 核協議再開も国民の締め付けは緩めず

■夫人 ファーストレディー世界一は誰?

朴槿恵 レームダック化避ける秘策は財閥へのくさび

マッテオ・レンツィ 結果を出せない「若き改革者」

新興国 不安な5カ国の舵取りは

■中東 出口なき泥沼から抜け出せるか

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:首脳の成績表

2014-12・23号(12/16発売)

民主化の旗手から外交の達人、苛酷な独裁者まで
世界のリーダーたちの資質と実績を徹底分析

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    ルーブル危機でロシア経済はもう手遅れ

    危機回避にはウクライナ問題で譲歩して欧米の制裁を解…

  2. 2

    米ロの軍事「スター・ウォーズ」第2章

    宇宙での武器使用を制限しようとするロシアと、それに…

  3. 3

    アマゾンで買わないクリスマス

    低賃金で従業員をこき使う「ブラック企業」ぶりに、ボ…

  4. 4

    水責めだけじゃないCIAの拷問法

    米上院委員会の報告で明らかになった、テロ容疑者への…

  5. 5

    原油安はエコカー神話の終わりの始まり?

    テスラの株価急落に消費者の「ガソリン車回帰説」…

  6. 6

    チキンレースに賭けたOPECの大誤算

    原油価格の急落に耐えてシェアを守り、シェールオイル…

  7. 7

    熾烈、オーストラリア版テロとの戦い

    ISISとの関連も疑われる人質立てこもり事件はオー…

  8. 8

    この程度の民主化なら国名をビルマに戻せ

    野党のスー・チーを大統領選から締め出し、少数民族の…

  9. 9

    「改革派」ブッシュ弟は予備選を生き残れるか

    16年米大統領選への出馬が有力視されるジェブ・ブッ…

  10. 10

    「アジアはアジアで守る」中国・脱アメリカ宣言の思惑

    地域安全保障の主導権をアメリカから取り戻すという名…

  1. 1

    55年体制に回帰した政治の本当の争点

    総選挙では与党の勢力がほとんど変わらず、「第三極…

  2. 2

    企業秘密だけじゃない、ソニーがハッカー攻撃で失ったもの

    ソニーのハッキング事件が面白いことになってきた。…

  3. 3

    与党圧勝を、アメリカはどう見ているのか?

    解散の際には「その意味」を東京発で必死に説明して…

  4. 4

    原油暴落でアベノミクスは死んだが日本経済は生き返る

    原油価格が暴落している。特に11月27日のOPE…

  5. 5

    景気後退でも与党が圧勝する日本の構造問題

    戦後最低の52・66%という投票率については、要…

  6. 6

    ピケティ的な格差は日本でも拡大するか

    世界中でベストセラーになったトマ・ピケティの『2…

  7. 7

    スパイ組織CIAが陥った「腐敗」

    今月9日に米上院情報特別委員会が公表した、ブッシ…

  8. 8

    中東と東アジアをつないだ国際会議

    オーストラリアでカフェが乗っ取られたり、パキスタ…

  9. 9

    蔓延するヘンな英語用法に異議あり!

    年寄りはいつも、若者のマナー低下を嘆く投書を書い…

  10. 10

    人種対立暴動の背景にある3段階の差別とは

    ミズーリ州ファーガソンでの白人警官による黒人少年…

  1. 1

    原油安で地政学的緊張高まる可能性=英中銀報告

    イングランド銀行(英中央銀行)は16日、原油安で…

  2. 2

    ルーブル流動性ひっ迫、ロシア中銀が外貨スワップ規模引き上げ

    ロシア中銀は19日、同日の外貨スワップの規模を2…

  3. 3

    中国当局、家族が海外移住の官僚1000人を降格

    新華社通信によると、中国の当局は腐敗官僚の取り締…

  4. 4

    タリバン学校襲撃で生徒ら130人超死亡、マララさん悲しみの声明

    パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州ペシャ…

  5. 5

    米国株3日続伸、エネルギー株がけん引

    19日の米国株式市場は3日続伸して取引を終えた。…

  6. 6

    「サイバー攻撃は北朝鮮の犯行」、オバマ氏が対抗措置表明

    オバマ米大統領は19日、ソニーの米映画子会社、ソ…

  7. 7

    焦点:安倍政権は予算編成加速、歳出絞り込みが財政再建の試金石

    師走の衆院選は、自民党の圧勝に終わった。安倍晋三…

  8. 8

    原油価格下落は一時的、生産削減難しい=サウジ石油相

    サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は、現在の…

  9. 9

    焦点:ルーブル危機、「プーチン帝国」崩壊への序曲か

    ロシアの通貨ルーブルは16日に急落、本格的な通貨…

  10. 10

    シドニー立てこもりで警官が突入、人質2人と容疑者死亡

    オーストラリア最大都市シドニー中心部のカフェで1…

ニューズウィーク日本版2015冬特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月