注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

ワールド

ネット

ツイッターなんてもう信用できない!

Twitter Gets Punk'd

セレブの偽者を認証したのに説明はなし。実は閉鎖的な企業体質に募る不信感

2012年2月8日(水)16時37分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 メディア王ルパート・マードックの妻ウェンディをかたる人物が作成したアカウントを、ツイッターが本人のものとして認証していた──ある意味では、どうでもいいニュースだ。わずか数日後には「成り済まし」であることが判明し、ツイッターは謝罪声明を発表した。

 問題なのは、この件に関するツイッター側の姿勢だ。同社はミスの理由を説明せず、確たる再発防止策を保証することもできていない。となれば、ツイッターの信頼性や信用性には深刻な問題があると思えてくる。

 今時のシリコンバレーの企業は開放性と透明性がモットーだが、ツイッターは情報を出そうとしない。月並みな謝罪文を発表しただけで、後は知らん顔を決め込んでいる。

 謝罪文の内容はこうだ。「当社の認証プロセスについてコメントはしませんが、『ウェンディ・デン』のアカウントが短期間、誤って認証されていたのは事実です。ご迷惑をお掛けしたことをおわびします」

 これが世界を変えたと豪語し、「アラブの春」に大きな役割を果たしたと喧伝する、あの企業の言うことか。これは、抑圧的体制を覆す力を民衆に与えるとの評判を持つ、あのツイッターと同じ企業なのか。

 いや、違う。ここにいるのは収益の上げ方が分からない企業としてのツイッター、将来的な新規株式公開で得る利益を期待して、巨額を投じた大物投資家を落胆させつつあるツイッターだ。同社では何年も前から経営陣の交代劇が続き、内紛が絶えない。大勢の幹部が去り、完全な混乱状態だという噂もある。

いたずらが暴いた偽善性

 今回の一件では、ツイッターには正しい行動ができないだけでなく、その認証済みアカウントに信頼性がないことも判明した。さらに悪いことに、同社はミスが起きた際にまともな説明ができないし、する気もないことも分かってしまった。

「偽ウェンディ」騒動のきっかけは、昨年12月末に(本物の)マードックがツイッターを始めたこと。翌日ウェンディのアカウントも登場し、本人のものと認証された。アカウントでの発言はいかにもそれらしく、メディアも早速ツイートの内容を報道し始めた。

 英紙ガーディアンの取材に応じた偽ウェンディによれば、その正体はロンドン在住のイギリス人男性。いたずらで偽のアカウントを作ったのに、認証されたことに驚いたという。

 偽ウェンディはツイッターをあざ笑う発言もしている。自分に確認も取らずに認証済みアカウントにしたと指摘し、なぜこんなミスが起きたのか話し合おうと、同社のヨーロッパ担当広報責任者に呼び掛けた。

 偽ウェンディの最大の功績はツイッターの偽善性を暴き出したことだ。開放性や即時的な情報の拡散を重視しているはずの企業が、外部と意思疎通を図る努力をここまで怠るとは。

 ツイッターは、意図的にコミュニケーションを拒んでいるように見える。サイトには電話番号や広報担当者の連絡先が掲載されておらず、広報部門と連絡を取りたければ、コンタクトフォームを送信するしかない。

 折り返し連絡してきた広報担当者によれば、ツイッターの認証プロセスは「ケースごとに異なって」おり、今回のような事件は過去に例がないという。

 サイトに連絡先を掲載していないのはなぜか。返ってきた答えは「ツイッターは極めて効率的なシステムを採用しているから」だった。

 偽ウェンディは今もせっせとツイートしている。マードック夫妻をネタにした冗談から始まった今回の騒動だが、笑いものになったのはツイッターだ。

[2012年1月18日号掲載]

最新ニュース

ビジネス

アングル:ドル110円でも「達成感出ず」、日米金融政策のギャップで

2014.10.01

ビジネス

短観は比較的高水準維持、好循環は続く=黒田日銀総裁

2014.10.01

ビジネス

日産「リーフ」、急速充電器使い放題プランを新設

2014.10.01

ビジネス

今夏の天候不順、7─9月GDPを0.2─0.6%押し下げ=内閣府試算

2014.10.01

新着

香港

香港デモ「自分が中国人だとは思わない」

イギリス統治時代を知らない香港の若年層が中国を最も嫌う理由 

2014.10.01
映画

ボルドーを翻弄する中国人の赤ワイン愛

ドキュメンタリー映画『世界一美しいボルドーの秘密』のワーウィック・ロス監督に聞く 

2014.10.01
中国社会

愛犬ブームの広がりに神経とがらす共産党

豊かになって犬を飼う人が増えているが当局は「プチブル的退廃」として規制を強化 [2014.9.16号掲載]

2014.10.01
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.10. 7号(9/30発売)

特集:進化し続ける都市TOKYO

2014.10. 7号(9/30発売)

近未来と伝統を融合したハイブリッド都市を目指す東京は
世界一魅力的な街に生まれ変わることができるか

都市計画 進化する都市TOKYOの未来

展望 ハイブリッド型都市をめざす東京の挑戦

■再開発 激変する東京の注目エリア

■アクセス 交通インフラはここまで変わる

対日投資 外資誘致に都のおもてなし

教訓 ロンドンに学ぶ五輪レガシー

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:進化し続ける都市TOKYO

2014-10・ 7号(9/30発売)

近未来と伝統を融合したハイブリッド都市を目指す東京は
世界一魅力的な街に生まれ変わることができるか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    歩きスマホ専用レーンの無意味さ

    一見いいアイデアだが、ちょっと頭を使えばありえない…

  2. 2

    欧米社会に忍び寄るISIS「首切り」の恐怖

    オーストラリア市民を対象にしたテロ計画の発覚で緊張…

  3. 3

    国際社会が見過ごしている残虐集団ボコ・ハラム

    270人以上の女子生徒がさらわれた事件以降、忘れ去…

  4. 4

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちの犯罪を10年前から知りな…

  5. 5

    中国の国防専門家「第3次世界大戦に備えろ」

    南シナ海と東シナ海における領有権問題が戦争にエスカ…

  6. 6

    最強のドイツ経済に落日の足音?

    ロシアとEUの制裁合戦がユーロ危機の後遺症に追い討…

  7. 7

    新型iPhoneに乗り換えるべき6つの理由

    アップルが大型画面を搭載した新機種でアンドロイドに…

  8. 8

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  9. 9

    究極の高級コーヒーが動物虐待の源に?

    ネコのふんから「拾い出す」豆の人気が高まっているが…

  10. 10

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束…

  1. 1

    なぜ円安になっても製造業が日本に帰ってこないのか

    外国為替市場で、一時は1ドル=109円台に乗せ、…

  2. 2

    「シリア領内空爆」は本格的な戦争の始まりなのか?

    アメリカ時間の今月22日、既にオバマ大統領が演説…

  3. 3

    シリア空爆の意味

    9月23日、米軍はシリアの「イスラーム国」拠点に…

  4. 4

    朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる証言記事に関し…

  5. 5

    アップルウォッチに見るイノベーション力

    9月9日のイベントで、アップルがやっとウェアラブ…

  6. 6

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  7. 7

    フェミニズム対ナショナリズムの戦争に発展した慰安婦問題

    朝日新聞の「慰安婦」をめぐる大誤報について、木村…

  8. 8

    中国経済「崩壊論」の虚と実と

    北京市北部の新興住宅街でエステティックサロン兼美…

  9. 9

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  10. 10

    大学の国際化を「スーパー」にするための2つの条件とは?

    最初にお断りしておきますが、私は大学教育の改革は…

  1. 1

    米シカゴ空港で一時全便欠航、管制センターの火災で職員ら避難

    米イリノイ州シカゴ市郊外にある航空交通管制センタ…

  2. 2

    「債券王」グロス氏がPIMCO退職、同業ジャナスに移籍へ

    「債券王」の異名をとる米債券運用会社パシフィック…

  3. 3

    フィリピンのイスラム過激派、ドイツ人殺害警告

    SITEモニタリングサービスによると、フィリピン…

  4. 4

    英議会、「イスラム国」標的の空爆参加を承認

    英議会は26日、過激派組織「イスラム国」を標的と…

  5. 5

    「イスラム国」は米仏で地下鉄攻撃を計画、イラク首相が情報入手 

    イラクのアバディ首相は25日、イスラム教スンニ派…

  6. 6

    アルジェリアの「イスラム国」系組織、フランス人殺害映像を公開

    イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の分派と…

  7. 7

    スコットランド緊急着陸の787機、防火システム誤警報が原因 

    ポーランド国営の航空会社LOTポーランド航空は2…

  8. 8

    北朝鮮の国営メディア、金正恩氏の健康問題に言及

    北朝鮮国営メディアのドキュメンタリー番組で、金正…

  9. 9

    米国発のドリームライナー、スコットランドに緊急着陸

    米シカゴ発ポーランド・ワルシャワ行きの米ボーイン…

  10. 10

    インド格付け見通し「ネガティブ」から「安定的」に変更=S&P

    格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)…

Photo

全身9ドルの服が 語る中国の肖像

2014.09.12 : ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月