最新記事

ワールド

ネット

ツイッターなんてもう信用できない!

Twitter Gets Punk'd

セレブの偽者を認証したのに説明はなし。実は閉鎖的な企業体質に募る不信感

2012年2月8日(水)16時37分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 メディア王ルパート・マードックの妻ウェンディをかたる人物が作成したアカウントを、ツイッターが本人のものとして認証していた──ある意味では、どうでもいいニュースだ。わずか数日後には「成り済まし」であることが判明し、ツイッターは謝罪声明を発表した。

 問題なのは、この件に関するツイッター側の姿勢だ。同社はミスの理由を説明せず、確たる再発防止策を保証することもできていない。となれば、ツイッターの信頼性や信用性には深刻な問題があると思えてくる。

 今時のシリコンバレーの企業は開放性と透明性がモットーだが、ツイッターは情報を出そうとしない。月並みな謝罪文を発表しただけで、後は知らん顔を決め込んでいる。

 謝罪文の内容はこうだ。「当社の認証プロセスについてコメントはしませんが、『ウェンディ・デン』のアカウントが短期間、誤って認証されていたのは事実です。ご迷惑をお掛けしたことをおわびします」

 これが世界を変えたと豪語し、「アラブの春」に大きな役割を果たしたと喧伝する、あの企業の言うことか。これは、抑圧的体制を覆す力を民衆に与えるとの評判を持つ、あのツイッターと同じ企業なのか。

 いや、違う。ここにいるのは収益の上げ方が分からない企業としてのツイッター、将来的な新規株式公開で得る利益を期待して、巨額を投じた大物投資家を落胆させつつあるツイッターだ。同社では何年も前から経営陣の交代劇が続き、内紛が絶えない。大勢の幹部が去り、完全な混乱状態だという噂もある。

いたずらが暴いた偽善性

 今回の一件では、ツイッターには正しい行動ができないだけでなく、その認証済みアカウントに信頼性がないことも判明した。さらに悪いことに、同社はミスが起きた際にまともな説明ができないし、する気もないことも分かってしまった。

「偽ウェンディ」騒動のきっかけは、昨年12月末に(本物の)マードックがツイッターを始めたこと。翌日ウェンディのアカウントも登場し、本人のものと認証された。アカウントでの発言はいかにもそれらしく、メディアも早速ツイートの内容を報道し始めた。

 英紙ガーディアンの取材に応じた偽ウェンディによれば、その正体はロンドン在住のイギリス人男性。いたずらで偽のアカウントを作ったのに、認証されたことに驚いたという。

 偽ウェンディはツイッターをあざ笑う発言もしている。自分に確認も取らずに認証済みアカウントにしたと指摘し、なぜこんなミスが起きたのか話し合おうと、同社のヨーロッパ担当広報責任者に呼び掛けた。

 偽ウェンディの最大の功績はツイッターの偽善性を暴き出したことだ。開放性や即時的な情報の拡散を重視しているはずの企業が、外部と意思疎通を図る努力をここまで怠るとは。

 ツイッターは、意図的にコミュニケーションを拒んでいるように見える。サイトには電話番号や広報担当者の連絡先が掲載されておらず、広報部門と連絡を取りたければ、コンタクトフォームを送信するしかない。

 折り返し連絡してきた広報担当者によれば、ツイッターの認証プロセスは「ケースごとに異なって」おり、今回のような事件は過去に例がないという。

 サイトに連絡先を掲載していないのはなぜか。返ってきた答えは「ツイッターは極めて効率的なシステムを採用しているから」だった。

 偽ウェンディは今もせっせとツイートしている。マードック夫妻をネタにした冗談から始まった今回の騒動だが、笑いものになったのはツイッターだ。

[2012年1月18日号掲載]

最新ニュース

ワールド

OPEC生産枠維持決定、サウジアラビア押し切り

2014.11.28

ビジネス

OPEC受けエネルギー株に売り、独DAX11日続伸=欧州市場

2014.11.28

ビジネス

ロシアルーブル最安値更新、OPEC減産見送り受け

2014.11.28

ビジネス

11月ドイツ消費者物価指数、5年ぶりの低水準

2014.11.28

新着

タクシー

個人情報が筒抜け「ウーバー」の落とし穴 

快進撃が続く配車サービスだが、幹部の失態とシステムの不備でトラブル続出 [2014.12. 2号掲載]

2014.11.27
給料

米IT企業のインターンに破格の待遇が戻ってきた

住宅手当と給与で月1万ドル――就業体験の学生が夢のような好条件で迎えられる理由 

2014.11.27
アメリカ政治

オバマ弾劾にこだわるアメリカの右派

保守の政策課題の実現を後回しにしても、オバマの歴史的評価を下げたいという理不尽な欲求 [2014.11.25号掲載]

2014.11.26
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.12. 2号(11/26発売)

特集:ひとりぼっちのプーチン

2014.12. 2号(11/26発売)

ウクライナ「介入」で孤立の深みにはまるプーチン
国際社会のロシア包囲網はこの男を暴発させるか

ロシア いじめられっ子プーチンの孤独

指導者 孤立するプーチンが暴発する日

軍事 「見えない軍用機」で挑発するロシアの狙い

少子化対策 賞金が生んだ出産狂騒曲

交際 ロシアにはダメ男しかいない!

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:ひとりぼっちのプーチン

2014-12・ 2号(11/26発売)

ウクライナ「介入」で孤立の深みにはまるプーチン
国際社会のロシア包囲網はこの男を暴発させるか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    物乞い禁止で見えた「幸せな国」のほころび

    アメリカの倍の所得があってもホームレスや物乞いは許…

  2. 2

    欧州代わりに中国に期待 プーチンの危険な妄想

    ヨーロッパと疎遠になるのは経済にも痛手、対中関係強…

  3. 3

    失業率3%でリニアもあるのに日本が景気後退に陥るのはなぜ

    7〜9月期の実質GDP成長率は予想外の低さだったが…

  4. 4

    中国経済が世界の重荷になる日

    中国の経済成長率が10年後には今の半分近くになると…

  5. 5

    希望の見えたTPPだが大統領選で頓挫する?

    中間選挙での共和党の勝利が追い風になりそうだが、1…

  6. 6

    無国籍住民に大量の外国籍を買うクウェートの真意

    古くからこの土地にいた遊牧民ベドウィンの子孫を他国…

  7. 7

    IT配車サービスUberの対メディア報復が怖い

    幹部が語ったのは「ジャーナリストの私生活を調べてネ…

  8. 8

    ジョブズ型経営を捨てろ

    天才的な創業者が築いた巨大なハイテク企業が成功し続…

  9. 9

    大統領選で露呈したブラジルの深過ぎる溝

    景気低迷の原因は経済の構造的欠陥にある

  10. 10

    「史上最高に美しい3D映画になったよ」

    ちょっとねじれて愛らしい『天才スピヴェット』のジャ…

  1. 1

    ノーラン監督『インターステラー』は世代を超えるか?

    日本で今週末公開されるクリストファー・ノーラン監…

  2. 2

    黒人青年射殺事件「不起訴」の衝撃

    今年8月の発生以来、深刻な人種間対立を招いていた…

  3. 3

    アメリカで人気の反フェイスブックSNS「エロー(ello)」の実力

    アンチ・フェイスブックのソーシャル・ネットワーク…

  4. 4

    財政赤字の「ネズミ講」はいつまで続けられるか

    安倍首相は18日夜に記者会見し、消費税の増税を先…

  5. 5

    東エルサレムの緊張

    同じだ。このヒリヒリした感じが。 6月、イ…

  6. 6

    小選挙区制は「政治改革」だったのか

    河野洋平氏(元自民党総裁)は25日、憲政記念館で…

  7. 7

    GDPマイナスのショック、アベノミクスの現在

    14年7~9月期のGDP速報値が発表になりました…

  8. 8

    誰が「太陽光バブル」を生み出したのか

    10月に入って、各電力会社が太陽光エネルギーの新…

  9. 9

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  10. 10

    消費税の増税先送りで増幅される「政治的な景気循環」

    急に解散・総選挙のムードが強まってきた。前の総選…

  1. 1

    タカタのエアバッグ問題、ホンダが交換部品調達で2社と交渉=報道

    タカタのエアバッグ欠陥問題で、ホンダはリコール(…

  2. 2

    トヨタが米国でレクサス約42万台をリコール、燃料漏れの恐れ

    トヨタ自動車は不具合により燃料漏れが発生し火災に…

  3. 3

    ゴールドマンがドル/円見通し引き上げ、2015年末に130円と予想

    ゴールドマン・サックスは21日、2015年末時点…

  4. 4

    ECB総裁のQE発言でユーロ急落、ドル117円後半=NY市場

    21日のニューヨーク外為市場ではユーロが急落、ド…

  5. 5

    欧州中心に世界株高、中国利下げとECB総裁の追加緩和発言受け

    21日の株式市場は世界的に急上昇。中国人民銀行(…

  6. 6

    衆院解散、12月14日総選挙でアベノミクスの是非問う

    衆議院が21日、解散され、選挙戦が事実上スタート…

  7. 7

    中国人民銀が予想外の利下げ、景気てこ入れへ

    中国人民銀行(中央銀行)は21日、予想外の利下げ…

  8. 8

    米国株はダウ・S&P最高値更新、中国利下げとECB緩和期待で

    21日の米国株式市場は上昇し、ダウとS&Pが終値…

  9. 9

    インドネシア自動車市場、ガソリン値上げが成長の足かせに

    インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が先週決定し…

  10. 10

    米ウォルマートの時間給従業員、ブラックフライデーに1600店舗でスト

    米小売最大手ウォルマート・ストアーズの時間給従業…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月