最新記事

動物

象は奇跡的な進化を経て巨大化した

Elephants Took 24 Million Generations to Become Land Giant

恐竜の時代にネズミのサイズだった哺乳類が大型化した仕組みが明らかに

2012年2月3日(金)17時15分
ステイシー・リースカ

 象は我々が思っていた以上にタフな生き物なのかもしれない。象は地球上に生息する陸上動物で最も体の大きな動物だが、これほどの巨体になるまでの道のりが非常に長く険しかったことが明らかになった。

 1月末に米国科学アカデミー紀要に発表された論文「陸生哺乳類の最大サイズの進化」によれば、象が現在のような大きさに進化するのに要した年月は、実に2400万世代分。「大型動物は進化的変化の積み重ねの結果であり、そうした変化には時間がかかる」と、共同研究者の一人であるモナシュ大学(オーストラリア)の進化生物学者アリステア・エバンズはワイアード誌に語った。

 研究の結果、恐竜が繁栄していた時代の地球上では、象などの大型陸上動物は現在のネズミのようなサイズの小動物だったことがわかったという。「白亜紀と古第三紀の境の時期(K-Pg境界)における恐竜の絶滅は、その後に続く陸上哺乳類の多様化への扉を開く重要な出来事だった」と、論文の要約文には記されている。陸上哺乳類の最大サイズはK-Pg境界以降に急激に大型化した後、「各大陸において4000万年前に横ばい状態になり、その後はほぼ変わっていない」。

小型化のスピードは大型化の100倍

 哺乳類の大型化にストップをかけた要因は何か。人類だ。
 
 人類が地球を支配するようになると、象をはじめとする大型の陸上哺乳類が巨大化し続けるためのスペースと食糧が少なくなった。人類が地球上に存在する限り、どんな哺乳類もこれ以上大型化することはないだろうと、研究者らは考えている。

 一方、環境の変化に順応して小型化の道を歩んだ動物もいるが、小型化に要する時間はずっと短い。小型化の進化のスピードは大型化の100倍。例えばヤマネははわずか10万世代で今のような小ささになったという。

 今度どこかで象を見かけたら、太古の昔からの苦労をねぎらって、大きな背中をなでてみてはどうだろうか。

GlobalPost.com特約)

ニュース速報

ビジネス

米国株は公益株買われ上昇、ダウ11日連続最高値更新

ビジネス

ドル112円割れ、トランプ氏の経済政策や3月利上げ

ビジネス

国境調整税、輸出入とも阻害の恐れ=NY連銀報告書

ビジネス

トランプ氏が大統領令署名、連邦規制撤廃・簡素化へ

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が発表

  • 2

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

  • 3

    韓国外交部、釜山市らに慰安婦問題の「少女像」移転を求める

  • 4

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛O…

  • 5

    プレミアムフライデー24日から開始 ソフトバンクは…

  • 6

    オーストラリアの難民政策は「人道に対する罪」、ICC…

  • 7

    プーチンがひそかに狙う米シェール産業の破壊

  • 8

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 9

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 10

    ついに中国で成立した「トランプ」商標登録

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 4

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 5

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 6

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 7

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛O…

  • 8

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 9

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 10

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデタ…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 10

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月