最新記事

言語

シンガポールも英語から米語にシフト

国家繁栄の原動力は英語を公用語にしたことだと語る建国の父リー・クアンユー。その新たな提案とは

2011年10月12日(水)16時45分
パトリック・ウィン

次のステップ 「今や英語よりも米語」と国民に語り掛けるリー Tim Chong-Reuters

 シンガポール建国の父リー・クアンユーは、同国が繁栄した大きな要因は国民が英語を話す社会へと舵を切ったことだと考えている。「英語を選んでいなかったら世界に後れを取っていただろう」と、リーは先週、シンガポール英語研究所の開所式で語った。

 シンガポールの人口は約500万人。中国系、マレー系、インド系に大別できる。65年の独立当時、人口の75%を占めていた中国系はさまざまな中国語方言を使い、14%がマレー系、8%がインド系だった。

 リーをはじめとする指導層は、元宗主国イギリスの言葉である英語をシンガポールの公用語にすると決めた。「中国語を公用語にする案は、25%の非中国語話者が反発するに決まっていたので問題外だった」と、リーは説明する。

 とはいえ、最近ではシンガポールの教育関係者はイギリス式英語よりも米語が優勢であることを認めなければならないと、リーは言う。「アメリカのメディアが主要になるにつれて、シンガポールの国民、教師、学生がアメリカ式の発音を耳にする機会が増えてくる。米語は数の上でも、経済においても支配的な力になるだろう」

GlobalPost.com特約

[2011年9月21日号掲載]

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ガザ南部でイスラエル軍が避難命令、16人が攻撃で死

ワールド

ワシントンでガザ攻撃への大規模抗議計画、イスラエル

ビジネス

午後3時のドルは157円前半へ下落、円広範にじり高

ビジネス

中国人民銀、予想外に主要金利引き下げ 成長後押しへ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...ケイト・モスの妹が除去を決意
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 9
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 10
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中