最新記事

事故

高速鉄道事故で露見した中国の「未熟」

拡張を急ぎすぎて鉄道運行の能力が追いつていなかったことが明らかに

2011年8月31日(水)15時48分
長岡義博(本誌記者)

壊れた夢 威信をかけた高速鉄道は無残な姿を世界にさらした Aly Song-Reuters

 急ピッチで整備が進む中国の高速鉄道網は、中国の経済成長を象徴する存在。しかしあまりに猛スピードで進む発展は、時に大きな矛盾を引き起こす。浙江省で先週末に起きた高速鉄道車両同士の追突・脱線事故は、中国政府の鉄道運行の未熟さをさらけ出してしまった。

 事故は先行車両が停車しているところに、後続車両が追突。計6両が脱線し、後続車両のうち4両が高架橋から落下した。35人が死亡、210人が負傷する大惨事だった。

 前方で停車している車両になぜ後続車両が突っ込んだのか。中国製の自動列車停止装置が作動しなかった原因はまだ明らかになっていないが、鉄道網の拡張を急いだ中国鉄道省に批判が集中するのは避けられない。間の悪いことに今回の事故前には、6月末に開業した北京〜上海間の中国版新幹線で、電気系統の故障などにより停車するトラブルが相次いで発生していた。

07年に上海〜杭州間で初の高速鉄道が運転を始めてからわずか4年。あまりに速い発展に運行側の能力が追い付かなかった──そんな批判をかわしたいなら、中国政府はまず公正な事故調査に乗り出すしかない。

[2011年8月 3日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラク、米主導有志連合軍の9月撤退開始を要望=消息

ワールド

原油、来年は供給過剰か ブレント70ドル台=モルガ

ワールド

英保守党、11月2日に新党首指名 当面はスナク氏が

ワールド

ハリス氏がトランプ氏批判、中間層構築を目標に 指名
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連時代の装備にも限界が...近づく局面の変化
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 6
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 7
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 6
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中