注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

放射能

福島原発は廃炉にできない

No End in Sight

危険な廃棄物と化した原発は解体撤去もままならず、事故処理は今いる日本人が皆死んだ後まで続くかもしれない

2011年8月18日(木)13時08分
千葉香代子(本誌記者)

 福島の一角で巨大な事故を起こした原発が不安を与え続けている。放射能の塊を早く取り除いてほしい──というのは、避難民や周辺住民のみならず、日本全体に共通した願いだ。汚染水を海に投棄したときに抗議した隣国や、地球の裏側なのに甲状腺の被曝対策として安定ヨウ素剤を買いあさった国があったことを考えれば、世界全体の願いと言ってもいい。

 しかし放射性物質を外界に大量に放出した東京電力福島第一原発は、事故から4カ月を経た今になっても、撤去の前提となる原子炉の安定すらできずにいる。にもかかわらず、東電や政府関係者は確かな根拠があるとも思えない発言を続けている。

 政府と東電は先週末、当初の目標としてきた「原子炉の安定的な冷却」に到達したという見解をまとめた。菅直人首相は原発周辺の市町村長らに対し、来年1月の予定だった核燃料の熱を100度以下に安定させる冷温停止を「前倒しで実現できるよう頑張りたい」と語った。

 だが、冷却のために汚染水を浄化して循環させる「循環注水冷却」は6月末のスタートからトラブル続き。先週も循環する水の量が低下するトラブルでシステムを一時停止した。

 核燃料棒が溶けて塊になったり炉外へ溶け出していた場合、冷温停止が困難を極めることは、多くの専門家の一致した意見だ。燃料に水を行き渡らせ、効率的に冷やすことが難しいからだ。

 福島原発の最終的解決は、すべての元凶である核燃料と放射性物質を取り除き、原発を解体撤去する廃炉の実現にある。だが、それが実現するのはいつなのか。政府は内閣府原子力委員会の中に廃炉検討チームを設置する方針だ。廃炉に向けた政府と東電の中長期の工程表も近く明らかにされるだろう。

 だが政府と東電は事故以来、事態が収束に向かっているように見せることにひたすらエネルギーを注いできた。メルトダウン(炉心溶融)はおろか、それより深刻なメルトスルー(溶融貫通)が起きていたことも、3カ月たってやっと認めたほどだ。公表される廃炉スケジュールが「最悪の事態」を踏まえたものになるとは考えにくい。

 前例のない事故を起こした福島第一原発には、今から廃炉に至るまでの過程にどんな専門家も答えを知らない技術的難題が山積している。廃炉には、事故を起こさなかった普通の原子炉でも30年程度の時間がかかる。原子力委員会は福島の廃炉に要する時間を「数十年」と評しているが、この「数十年」は限りなく100年に近い、あるいは100年以上と考えたほうがいいかもしれない。

最新ニュース

ビジネス

ギリシャ国民投票、賛成44%・反対43%=イプソス世論調査

2015.07.04

ビジネス

ギリシャ銀、金融破綻に備え預金者負担を検討=FT

2015.07.04

ビジネス

ギリシャ国民投票、賛成44.1%・反対43.7%=世論調査

2015.07.04

ビジネス

IMFのギリシャ債務報告書、欧州は公表に反対=関係筋

2015.07.04

新着

ロシア

ロシアがクリミアの次に狙うバルト3国

今になってバルト3国の独立承認を再検証する意図は 

2015.07.03
中東

混迷極める中東情勢、自力の枠組み構築は不可能に 

包括的な安全保障と外交のためには世界の大国の助けが必要だ。日本は独自の役割で外交力をアピールする機会になる [2015.7. 7号掲載]

2015.07.03

中国株式市場、20社以上が3日から売買停止に

中国当局の経済対策が後手に回ったおかげで株取引が大混乱 

2015.07.03
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.7. 7号(6/30発売)

特集:南シナ海を占拠する中国の深謀

2015.7. 7号(6/30発売)

国際社会に批判されても人工島建設を進める中国
南シナ海の米中対決はいずれ「一触即発」の危機になるのか

米中関係 南シナ海を支配する中国の野望と深謀
対中路線 フィリピンが消せない「内なる中国」の存在
マレーシア 中国の挑発行為に友好国もついに反撃?
国際法 それは「埋め立て」ではない
雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:南シナ海を占拠する中国の深謀

2015-7・ 7号(6/30発売)

国際社会に批判されても人工島建設を進める中国
南シナ海の米中対決はいずれ「一触即発」の危機になるのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    日本の財政問題とギリシャ破綻

    【小幡績】日本はギリシャよりはるかに大きな借金…

  2. 2

    中国犬肉祭りは文化どころか金儲け

    2日で1万匹の犬を殺して食べる祭りの醜悪さ…

  3. 3

    北欧伝統の「クジラ追い込み漁」が始まった

    伝統文化を妨害されたフェロー諸島の住民は猛反発…

  4. 4

    アメリカのブックフェアで見た中国の「押し売り」プロパガンダ

    中国政府ご推薦の作家と作品だけを出展した広大な…

  5. 5

    イスラエルが考え出した新たな「拷問」

    「ハンストは自爆テロ」と、食べない囚人に無理や…

  6. 6

    ギリシャ、デフォルト後に何が起こるか

    資本規制、支援凍結、国債のデフォルト、予想され…

  7. 7

    EU離脱後のギリシャ

    通貨が紙くずになるだけではなく、民主主義が終わ…

  8. 8

    チェコ語翻訳者が語る、村上春樹のグローバルな魅力

    40以上の言語に翻訳されるほど人気が高いのは「…

  9. 9

    ISがまたアフガン遺跡を破壊? いや、中国が

    5000年の歴史を誇る古代都市メス・アイナクが…

  10. 10

    【マンガ】アラブの覚醒とシオニズム運動(3)

    第二次大戦が勃発すると、アラブ諸国はおおむね中…

  1. 1

    文科省が打ち出した「文系大学はもういらない」の衝撃

    今年も憂鬱な就活の季節がやってきた。会社訪問…

  2. 2

    警官を見たら殺し屋と思え? アブなすぎるアメリカの実態

    「見た? アメリカの警察の、あのひどい映像。相手…

  3. 3

    「なでしこ」だけではない女子サッカー選手の低賃金

    現地時間で23日深夜のオランダ戦を2対1で勝…

  4. 4

    問題は言論弾圧ではなく「メディアの歪んだアジェンダ設定」だ

    6月25日に自民党の「文化芸術懇話会」で、複…

  5. 5

    新幹線放火事件で、安全性は揺らいだのか?

    今週、東京発新大阪行「のぞみ225号」の車内…

  6. 6

    広島・長崎の「70周年」をどう考えるか?

    戦後70周年の今年、ヨーロッパではアウシュビ…

  7. 7

    イギリス人(の中年)の果てなき鳥への愛

    子供が虫に興味を引かれて立ち止まるのは、そう…

  8. 8

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  9. 9

    アメリカの「独立記念日」が「花火とBBQだけ」である理由とは?

    7月4日は、アメリカでは独立記念日の祝日です…

  10. 10

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  1. 1

    米ボーイングのドリームライナー、アイルランドに緊急着陸

    メキシコ市からパリに向かっていた、メキシコ・…

  2. 2

    ユーロ圏がギリシャの支援延長を拒否、債務不履行に現実味

    ユーロ圏の財務相は27日の会合で、ギリシャが…

  3. 3

    英国がEU離脱なら欧州大陸に軸足移す─ゴールドマン幹部=独紙

    米金融大手ゴールドマン・サックスの幹部は、独…

  4. 4

    深まるギリシャ危機、今後予想されるシナリオ

    ギリシャ支援をめぐる同国政府と債権団の話し合…

  5. 5

    中国の軍事支出に「長期的乱用」、調査で判明=新華社

    中国国営メディアは2日、過去1年半にわたる同…

  6. 6

    中国株式市場、20社以上が3日から売買停止に

    ここ3週間にわたり大幅に下落している中国の株…

  7. 7

    欧州委がギリシャへの最終提示案を公表、引き続き合意模索

    欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は…

  8. 8

    ギリシャ首相、条件付きで債権団の救済策受け入れの書簡

    ギリシャ政府当局者は、債権団が示した改革案に…

  9. 9

    仏工場で爆発、現場に頭部切断の遺体とイスラム旗

    フランス南東部リヨン近郊で26日午前、イスラ…

  10. 10

    ギリシャが銀行休業・資本規制導入、ECBは追加支援見送り

    ギリシャが求めていた金融支援の延長をユーロ圏…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月