最新記事

放射能

福島原発は廃炉にできない

No End in Sight

危険な廃棄物と化した原発は解体撤去もままならず、事故処理は今いる日本人が皆死んだ後まで続くかもしれない

2011年8月18日(木)13時08分
千葉香代子(本誌記者)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 福島の一角で巨大な事故を起こした原発が不安を与え続けている。放射能の塊を早く取り除いてほしい──というのは、避難民や周辺住民のみならず、日本全体に共通した願いだ。汚染水を海に投棄したときに抗議した隣国や、地球の裏側なのに甲状腺の被曝対策として安定ヨウ素剤を買いあさった国があったことを考えれば、世界全体の願いと言ってもいい。

 しかし放射性物質を外界に大量に放出した東京電力福島第一原発は、事故から4カ月を経た今になっても、撤去の前提となる原子炉の安定すらできずにいる。にもかかわらず、東電や政府関係者は確かな根拠があるとも思えない発言を続けている。

 政府と東電は先週末、当初の目標としてきた「原子炉の安定的な冷却」に到達したという見解をまとめた。菅直人首相は原発周辺の市町村長らに対し、来年1月の予定だった核燃料の熱を100度以下に安定させる冷温停止を「前倒しで実現できるよう頑張りたい」と語った。

 だが、冷却のために汚染水を浄化して循環させる「循環注水冷却」は6月末のスタートからトラブル続き。先週も循環する水の量が低下するトラブルでシステムを一時停止した。

 核燃料棒が溶けて塊になったり炉外へ溶け出していた場合、冷温停止が困難を極めることは、多くの専門家の一致した意見だ。燃料に水を行き渡らせ、効率的に冷やすことが難しいからだ。

 福島原発の最終的解決は、すべての元凶である核燃料と放射性物質を取り除き、原発を解体撤去する廃炉の実現にある。だが、それが実現するのはいつなのか。政府は内閣府原子力委員会の中に廃炉検討チームを設置する方針だ。廃炉に向けた政府と東電の中長期の工程表も近く明らかにされるだろう。

 だが政府と東電は事故以来、事態が収束に向かっているように見せることにひたすらエネルギーを注いできた。メルトダウン(炉心溶融)はおろか、それより深刻なメルトスルー(溶融貫通)が起きていたことも、3カ月たってやっと認めたほどだ。公表される廃炉スケジュールが「最悪の事態」を踏まえたものになるとは考えにくい。

 前例のない事故を起こした福島第一原発には、今から廃炉に至るまでの過程にどんな専門家も答えを知らない技術的難題が山積している。廃炉には、事故を起こさなかった普通の原子炉でも30年程度の時間がかかる。原子力委員会は福島の廃炉に要する時間を「数十年」と評しているが、この「数十年」は限りなく100年に近い、あるいは100年以上と考えたほうがいいかもしれない。

最新ニュース

ビジネス

米株はS&Pが終値で最高値更新、アップル決算が支援

2014.07.24

ワールド

親ロシア派は「地対空ミサイル保有」、武装勢力司令官が認める

2014.07.24

ワールド

NZドルが下落、中銀が利上げ中断を示唆

2014.07.24

ビジネス

ドルが対ユーロで8カ月ぶり高値、対ロ制裁懸念で

2014.07.24

新着

航空

マレーシア航空が今度はシリア上空を飛んでいた

ウクライナでの撃墜直後に内戦のシリア上空を飛行した航空会社の解せない安全意識 

2014.07.23
ペルー

マチュピチュの神秘に迫る危機

新空港建設による経済効果が期待されるが遺跡や自然環境、伝統文化が破壊される心配も [2014.7.15号掲載]

2014.07.23
中国社会

やっぱり危ない中国食品、マクドナルドとKFCに打撃

賞味期限切れの肉を販売していた上海の企業から仕入れを行っていたマクドナルドやKFCがうける大打撃 

2014.07.22
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.7.29号(7/23発売)

特集:ウクライナ戦乱 撃墜の波紋

2014.7.29号(7/23発売)

298人が乗った旅客機がミサイルで撃墜──
ウクライナの悲劇は「独裁者」プーチンを追い詰めるのか

紛争 撃墜事件とプーチンの悪夢

■兵器 ミサイル発射に協力したのは誰だ

航空 紛争地帯の上も飛ぶエアライン裏事情

エアライン 悲劇続きのマレーシア航空

歴史 世界を驚かせた過去4件の民間機撃墜事件

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:ウクライナ戦乱 撃墜の波紋

2014-7・29号(7/23発売)

298人が乗った旅客機がミサイルで撃墜──
ウクライナの悲劇は「独裁者」プーチンを追い詰めるのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
ブラジルW杯「退屈日記」

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    わが子を1人で遊ばせるのが児童虐待?

    娘を1人で公園に遊びに行かせた母親が逮捕されたこと…

  2. 2

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  3. 3

    ヤフーの果てしない無駄働き

    広告の単価下落で減収減益が続くヤフーの巻き返し策は…

  4. 4

    イスラエルがこだわる「報復の原則」が生む悲劇

    少年3人が殺害された事件で証拠もないままパレスチナ…

  5. 5

    アメリカは警官の性犯罪に大甘

    警官の立場と「ノウハウ」を利用した表に出ない性犯罪…

  6. 6

    ISIS国家への冷ややかな反応

    バグダディの高らかな建国宣言を支持する世界の過激派…

  7. 7

    NYの高級不動産が新たな資産隠し場所に

    規制が厳しくなったスイスの秘密口座の代わりとして富…

  8. 8

    規制強化で中国情報が漏れてこなくなる?

    政府が中国人ジャーナリストに対し外国メディアに情報…

  9. 9

    ギニア国境を越えたエボラ出血熱の恐怖

    これまでは僻地で発生し、隣りの村に感染する前に患者…

  10. 10

    フェイスブックの身勝手な「心理実験」

    無断でユーザーの心理実験をしたことについて「よくあ…

  1. 1

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治家か…

  2. 2

    ろくでなし子氏の逮捕、何が問題か?

    漫画家で美術家の「ろくでなし子」氏が逮捕されまし…

  3. 3

    ウクライナ東部、旅客機撃墜を取り巻く複雑な状況

    7月17日の米国東部時間のお昼前後に、「ウクライ…

  4. 4

    「デフレ脱却」で賃金は下がり、景気は悪化する

    昨年4月、日本銀行の黒田総裁は「デフレが不況の原…

  5. 5

    なぜ中国はいま韓国に急接近し始めたのか

    中国の習近平国家主席が、7月3日から韓国を訪問し…

  6. 6

    東京の伝統美を「破壊者」から守れ

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月1日号…

  7. 7

    ガザ攻撃:ハマースはそんなに「脅威」なのか

    イラクでのISIS(イラクと大シリアのイスラーム…

  8. 8

    現代日本で「大家族化」は可能なのか?

    安倍首相は先週山口県で行った講演で、少子化対策の…

  9. 9

    ブラジルと日本に言っておきたい、いくつかの事柄

    日本に帰ってきたら、いきなりブラジルが準決勝でド…

  10. 10

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月30…

  1. 1

    マレーシア機はウクライナ親ロ派が「撃墜」か、東西対立の懸念

    マレーシア航空の旅客機が17日、ウクライナ東部で…

  2. 2

    乗客4人の国籍、まだ分からず=マレーシア航空

    マレーシア航空は18日、ウクライナ東部に墜落した…

  3. 3

    噴き上がる黒煙に散乱する遺体、マレーシア機の墜落現場

    マレーシア航空の旅客機が墜落したウクライナ東部の…

  4. 4

    マクドナルドとヤムが謝罪、取引先で床から食肉拾う姿報道

    米マクドナルドとケンタッキーフライドチキン(KF…

  5. 5

    フィリピン、南シナ海の領有権問題で近隣諸国との協議検討

    フィリピンのデルロサリオ外相は18日、南シナ海で…

  6. 6

    「アルゼンチンはデフォルト覚悟」、債務再編拒否の債権者が批判

    アルゼンチン債務問題をめぐり、債務再編を拒否した…

  7. 7

    ウクライナ分離派への支援停止を、米大統領がロシアに呼び掛け

    米国のオバマ大統領は18日、前日のウクライナ東部…

  8. 8

    タカタ製エアバッグ搭載、三菱自が米で「ランサー」リコール

    三菱自動車は、破裂の恐れがあるタカタ製エアバッグ…

  9. 9

    ウクライナ部隊がブラックボックス発見、「所在地情報はない」

    ウクライナの緊急サービス隊が、マレーシア航空機の…

  10. 10

    イラン核協議は4カ月延長、交渉まとまらず=外交筋

    イランの核問題を協議する同国と主要6カ国は18日…

Photo

男だけが消えた 旧ソ連の小さな国

2014.06.24 : 旧ソ連の辺縁地帯では、貧困と失業が蔓延している。アルメニアもそ…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 平原綾香さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月