最新記事

放射能

福島原発は廃炉にできない

No End in Sight

危険な廃棄物と化した原発は解体撤去もままならず、事故処理は今いる日本人が皆死んだ後まで続くかもしれない

2011年8月18日(木)13時08分
千葉香代子(本誌記者)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 福島の一角で巨大な事故を起こした原発が不安を与え続けている。放射能の塊を早く取り除いてほしい──というのは、避難民や周辺住民のみならず、日本全体に共通した願いだ。汚染水を海に投棄したときに抗議した隣国や、地球の裏側なのに甲状腺の被曝対策として安定ヨウ素剤を買いあさった国があったことを考えれば、世界全体の願いと言ってもいい。

 しかし放射性物質を外界に大量に放出した東京電力福島第一原発は、事故から4カ月を経た今になっても、撤去の前提となる原子炉の安定すらできずにいる。にもかかわらず、東電や政府関係者は確かな根拠があるとも思えない発言を続けている。

 政府と東電は先週末、当初の目標としてきた「原子炉の安定的な冷却」に到達したという見解をまとめた。菅直人首相は原発周辺の市町村長らに対し、来年1月の予定だった核燃料の熱を100度以下に安定させる冷温停止を「前倒しで実現できるよう頑張りたい」と語った。

 だが、冷却のために汚染水を浄化して循環させる「循環注水冷却」は6月末のスタートからトラブル続き。先週も循環する水の量が低下するトラブルでシステムを一時停止した。

 核燃料棒が溶けて塊になったり炉外へ溶け出していた場合、冷温停止が困難を極めることは、多くの専門家の一致した意見だ。燃料に水を行き渡らせ、効率的に冷やすことが難しいからだ。

 福島原発の最終的解決は、すべての元凶である核燃料と放射性物質を取り除き、原発を解体撤去する廃炉の実現にある。だが、それが実現するのはいつなのか。政府は内閣府原子力委員会の中に廃炉検討チームを設置する方針だ。廃炉に向けた政府と東電の中長期の工程表も近く明らかにされるだろう。

 だが政府と東電は事故以来、事態が収束に向かっているように見せることにひたすらエネルギーを注いできた。メルトダウン(炉心溶融)はおろか、それより深刻なメルトスルー(溶融貫通)が起きていたことも、3カ月たってやっと認めたほどだ。公表される廃炉スケジュールが「最悪の事態」を踏まえたものになるとは考えにくい。

 前例のない事故を起こした福島第一原発には、今から廃炉に至るまでの過程にどんな専門家も答えを知らない技術的難題が山積している。廃炉には、事故を起こさなかった普通の原子炉でも30年程度の時間がかかる。原子力委員会は福島の廃炉に要する時間を「数十年」と評しているが、この「数十年」は限りなく100年に近い、あるいは100年以上と考えたほうがいいかもしれない。

最新ニュース

ビジネス

ロンドン株続落、スコットランド住民投票前に金融株売り

2014.09.17

ワールド

クリミア追加派兵も辞さず、NATO軍事演習で=ロシア国防相

2014.09.17

ワールド

シリアの「イスラム国」空爆、継続的・持続的に=米軍トップ

2014.09.17

ビジネス

スコットランド、非公式なポンド共有困難=シンクタンク

2014.09.17

新着

イギリス

独立スコットランドを待つ厳しい現実

イギリスからの独立が現実味を帯びるスコットランドだが、待っているのはバラ色の未来だけではない 

2014.09.16
中国社会

中国政府、露骨過ぎる香港介入の理由

イギリスからの返還時に中国が約束した「一国二制度」が危うい [2014.9.16号掲載]

2014.09.16
イギリス

児童1400人性的虐待の衝撃

筆舌に尽くしがたい仕打ちを犯罪を10年前から知りながら放置した警察と行政 [2014.9. 9号掲載]

2014.09.12
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.9.23号(9/17発売)

等身大の中国経済

2014.9.23号(9/17発売)

崩壊説がくすぶる中国経済だが、データが示す暗い未来と
リアルな中国人の経済生活は必ずしも一致しない

中国 見失われる等身大の中国経済

キーワード ニュースで読み解く中国経済

成長 中国が怯える中所得国の罠

高齢化 ゴミ拾いをしなければ生きられない老後

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

等身大の中国経済

2014-9・23号(9/17発売)

崩壊説がくすぶる中国経済だが、データが示す暗い未来と
リアルな中国人の経済生活は必ずしも一致しない


※今週9/23号は17日(水)発売です。

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちを犯罪を10年前から知りな…

  2. 2

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  3. 3

    教科書の国定化で朴槿恵が陥る深刻なジレンマ

    教科書の固定化、画一化を許せば、朴正煕の軍事独裁が…

  4. 4

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  5. 5

    「タクシー業界の敵」で「破壊的」なUberとは

    スマホでタクシーを呼べる配車サービスは既存の業界の…

  6. 6

    旅客機、どんどん狭くなる足元スペースの暴利

    狭い座席に乗客を詰め込む強欲エアラインに誰もがブチ…

  7. 7

    「ポスト中国」インドネシア経済の病魔

    ジョコ・ウィドド次期大統領が抱える最大の課題は「補…

  8. 8

    世界の脅威に策を持たないオバマの危険なミニマリズム

    紛争で激しく揺れ動く世界とアメリカに必要なのは、自…

  9. 9

    「第3の端末」iPadに見えた限界

    ユーザーの満足度も高くシェアもダントツなのになぜ売…

  10. 10

    ついにスマートウオッチの時代?

    モトローラの「Moto 360」にアップルの「iW…

  1. 1

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  2. 2

    アメリカやヨーロッパから「ISIS」への志願者、その背景は?

    シリアから始まってイラク北部に「点と線」の支配地…

  3. 3

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  4. 4

    「反原発ムラ」に閉じこもる原子力規制委員会

    原子力規制委員会は9月4日の会合で、日本原電の敦…

  5. 5

    STAP細胞事件と朝日新聞誤報事件に学ぶ「だめな危機管理」

    理化学研究所のSTAP細胞についての検証実験の中…

  6. 6

    「9・11」から13周年、その前夜にシリア空爆を発表したオバマ

    2001年の「9・11」同時多発テロから13年の…

  7. 7

    普通のイラク人にとっての国民和解とは

    イラクの新内閣が決まった。 北と西を制圧し、…

  8. 8

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  9. 9

    なぜ中国はいま韓国に急接近し始めたのか

    中国の習近平国家主席が、7月3日から韓国を訪問し…

  10. 10

    3月14日開業が決まった北陸新幹線に死角はないか?

    開業日は多くの人が予測していた通りでしたが、運行…

  1. 1

    西アフリカのエボラ死者、2400人突破=WHO

    世界保健機関(WHO)のチャン事務局長は12日、…

  2. 2

    KDDIとソフトバンク、iPhone6の料金発表

    NTTドコモとKDDI(au)、ソフトバンクの3…

  3. 3

    NY市場サマリー(12日)

    <為替> ドルが対円で6年ぶり高値をつけた。米連…

  4. 4

    マクドナルドの世界既存店売上高、予想超える落ち込み

    米マクドナルドが9日発表した8月の世界既存店売上…

  5. 5

    同意なき介入は侵略行為、シリア国務相警告

    シリアのハイダル国務相(国民和解担当)は11日、…

  6. 6

    豪州がテロ警戒度引き上げ、中東で戦闘参加の自国民が脅威に

    オーストラリア政府は12日、テロ警戒レベルを「中…

  7. 7

    マレーシア機、ミサイル撃墜の可能性=首相

    マレーシアのナジブ・ラザク首相は、今年7月にウク…

  8. 8

    米国がG20で需要促進への対策目指す、欧州に行動要求へ

    米国は欧州に対し、需要と成長の支援に向け、より積…

  9. 9

    米輸入物価、9カ月ぶりの大幅な落ち込み

    米労働省が12日発表した8月の輸入物価は前月比0…

  10. 10

    米国株がエネルギー株主導で下落、FRBの早期利上げに警戒感

    12日の米国株式市場は下落。エネルギー株が再び売…

Photo

全身9ドルの服が 語る中国の肖像

2014.09.12 : ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
ニューズウィーク日本版2014秋特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月