最新記事

放射能

福島原発は廃炉にできない

No End in Sight

危険な廃棄物と化した原発は解体撤去もままならず、事故処理は今いる日本人が皆死んだ後まで続くかもしれない

2011年8月18日(木)13時08分
千葉香代子(本誌記者)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 福島の一角で巨大な事故を起こした原発が不安を与え続けている。放射能の塊を早く取り除いてほしい──というのは、避難民や周辺住民のみならず、日本全体に共通した願いだ。汚染水を海に投棄したときに抗議した隣国や、地球の裏側なのに甲状腺の被曝対策として安定ヨウ素剤を買いあさった国があったことを考えれば、世界全体の願いと言ってもいい。

 しかし放射性物質を外界に大量に放出した東京電力福島第一原発は、事故から4カ月を経た今になっても、撤去の前提となる原子炉の安定すらできずにいる。にもかかわらず、東電や政府関係者は確かな根拠があるとも思えない発言を続けている。

 政府と東電は先週末、当初の目標としてきた「原子炉の安定的な冷却」に到達したという見解をまとめた。菅直人首相は原発周辺の市町村長らに対し、来年1月の予定だった核燃料の熱を100度以下に安定させる冷温停止を「前倒しで実現できるよう頑張りたい」と語った。

 だが、冷却のために汚染水を浄化して循環させる「循環注水冷却」は6月末のスタートからトラブル続き。先週も循環する水の量が低下するトラブルでシステムを一時停止した。

 核燃料棒が溶けて塊になったり炉外へ溶け出していた場合、冷温停止が困難を極めることは、多くの専門家の一致した意見だ。燃料に水を行き渡らせ、効率的に冷やすことが難しいからだ。

 福島原発の最終的解決は、すべての元凶である核燃料と放射性物質を取り除き、原発を解体撤去する廃炉の実現にある。だが、それが実現するのはいつなのか。政府は内閣府原子力委員会の中に廃炉検討チームを設置する方針だ。廃炉に向けた政府と東電の中長期の工程表も近く明らかにされるだろう。

 だが政府と東電は事故以来、事態が収束に向かっているように見せることにひたすらエネルギーを注いできた。メルトダウン(炉心溶融)はおろか、それより深刻なメルトスルー(溶融貫通)が起きていたことも、3カ月たってやっと認めたほどだ。公表される廃炉スケジュールが「最悪の事態」を踏まえたものになるとは考えにくい。

 前例のない事故を起こした福島第一原発には、今から廃炉に至るまでの過程にどんな専門家も答えを知らない技術的難題が山積している。廃炉には、事故を起こさなかった普通の原子炉でも30年程度の時間がかかる。原子力委員会は福島の廃炉に要する時間を「数十年」と評しているが、この「数十年」は限りなく100年に近い、あるいは100年以上と考えたほうがいいかもしれない。

最新ニュース

ビジネス

中国全人代が開幕、今年のGDP目標7%前後・国防予算は+10.1%

2015.03.05

ワールド

駐韓米大使が襲われ負傷、容疑者の男「戦争訓練反対」と叫ぶ

2015.03.05

ビジネス

2015年の対中直接投資、1200億ドルの見込み=国家発展改革委

2015.03.05

ワールド

ブラジル中銀が3回連続利上げ、政策金利6年ぶり高水準

2015.03.05

新着

心理学

自信家の心を燃やすヒーローは「自分」

自分に関心、自分のアイデアに興奮──新研究が明かしたリーダーに共通の特徴 [2015.3. 3号掲載]

2015.03.04
ロシア

ネムツォフ暗殺?でロシア野党は壊滅状態

反プーチン派指導者に次々と襲いかかる悲劇はまた闇に葬られるのか 

2015.03.04
グルジア

ロシアが狙う? もう1つの併合計画

世界がウクライナに気を取られている間に、ロシアはグルジアから「分離独立」した南オセチア等へ領土拡大か [2015.3. 3号掲載]

2015.03.04
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2015.3.10号(3/ 3発売)

特集:EUの挫折

2015.3.10号(3/ 3発売)

経済危機、EU懐疑派の台頭、移民排斥運動の高まり
ヨーロッパ統合という壮大な実験はどこに向かうのか

ヨーロッパ そして沈みゆくEU統合の理念

ギリシャ 真の欧州統合へ「ユーロ離脱」という選択肢

リスク 欧州の足並みを乱す4カ国

人権 移民との共生に問われる覚悟

雇用 若年者を襲う失業の嵐と機会の不平等

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:EUの挫折

2015-3・10号(3/ 3発売)

経済危機、EU懐疑派の台頭、移民排斥運動の高まり
ヨーロッパ統合という壮大な実験はどこに向かうのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    ISIS「脱走兵増加」で新たなテロが幕を開ける?

    逃げ帰ったはずの外国人戦闘員が母国に牙をむく─…

  2. 2

    連日パリを脅かすドローンの正体は

    アルジャジーラの記者3人が逮捕されたが、一連の…

  3. 3

    『アメリカン・スナイパー』射殺事件の真相は

    米海軍特殊部隊の伝説の狙撃兵クリス・カイルが非…

  4. 4

    社会的弱者を犠牲にしてギリシャは救えない

    ヨーロッパの政治と社会の安定のためには債務問題…

  5. 5

    ISISの背後にうごめく神秘主義教団の冷酷な影

    かつて清朝を滅ぼしソ連を敗退させた謎の集団が、…

  6. 6

    旅やレストランの口コミ、どこまで信じますか

    トリップアドバイザーの虚偽情報が問題になってい…

  7. 7

    「タフガイ大統領」がISIS空爆で抱えたリスク

    強権支配で国を守ると約束した軍事政権がテロを防…

  8. 8

    米雇用で太陽光が石炭を抜いた

    「すでに石炭産業を追い抜いた」という指摘に同業…

  9. 9

    プーチン、ウクライナに「戦争はない」と強弁

    プーチンが戦争を焚きつけ、親ロシア派を支援して…

  10. 10

    韓国与党で強まる朴大統領の包囲網

    政権3年目で支持率が急落するなか、セヌリ党内部…

  1. 1

    ネット時代にはNHKも有料放送にして民営化すべきだ

    総務省は、NHKの放送のインターネット同時配…

  2. 2

    ISが引き裂くエジプトと湾岸諸国

    ヨルダンは、人質にされたパイロットを「イスラ…

  3. 3

    映画『風立ちぬ』のヒロインが「菜穂子」である理由

    宮崎駿氏の最新作『風立ちぬ』を見ました(以降…

  4. 4

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』…

  5. 5

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<3>

    ≪対談<1>はこちら≫ ≪対談<2>はこちら…

  6. 6

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  7. 7

    安倍首相の米議会演説に期待できる内容とは?

    今年「戦後70年」の節目にあたって、安倍首相…

  8. 8

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<2>

    ≪対談<1>はこちら≫ 編集部(朝日新聞の誤…

  9. 9

    【ウェブ対談:池田信夫×冷泉彰彦】慰安婦問題の本質とは何か<1>

    ニューズウィーク日本版公式サイトでコラム、ブロ…

  10. 10

    「戦後70年談話」有識者懇談会の論点を考える(その1)

    この有識者懇談会ですが、結論がそのまま「談話…

  1. 1

    日本経済、「真の夜明け」可能性高く=日銀副総裁

    日銀の中曽宏副総裁は27日、日本経済は持続的…

  2. 2

    「アメリカン・スナイパー」射殺、元海兵隊員に終身刑

    米テキサス州の裁判所は24日、米海軍特殊部隊…

  3. 3

    ロシア野党指導者ネムツォフ氏射殺される、元第1副首相

    ロシアの元第1副首相で野党指導者のボリス・ネ…

  4. 4

    韓国サムスン電子が従業員の給与凍結、2009年以来

    韓国のサムスン電子は今年、2009年以降初め…

  5. 5

    米国株が下落、GDP下方修正を嫌気

    27日の米国株式市場は下落して取引を終えた。…

  6. 6

    ロシア準備基金取り崩し、最大500億ドル=財務次官

    ロシアのネステレンコ第一財務次官は27日、財…

  7. 7

    シリアの「イスラム国」、キリスト教徒220人を拉致

    英国拠点の非政府組織(NGO)シリア人権監視…

  8. 8

    「イスラム国」、シリア北東部でキリスト教徒150人を拉致

    シリアのキリスト教徒の活動家らは24日、過激…

  9. 9

    インド、鉄道近代化に向け5年で1370億ドル投資

    インド政府は26日、今後5年で国内の鉄道向け…

  10. 10

    「イスラム国」覆面男は英国人、裕福な家庭出身の大卒者

    日本人ジャーナリスト後藤健二さんらを殺害した…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-World Affairs

  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月