最新記事

独占インタビュー

IMFセックス疑惑のメイドが独占激白
【第1回】「男は私に襲いかかった」

IMF前専務理事ストロスカーンを性的暴行容疑で訴えた客室係が本誌だけに語った事件の一部始終

2011年7月26日(火)19時04分
クリストファー・ディッキー、ジョン・ソロモン

 ニューヨークのソフィテルホテルで事件が起きたあの日、客室係はスイートルームのドアを開けて、「すみません、ハウスキーピングですが」と、大きな声で叫んだ。彼女はルームサービスの担当者から、2806号室は清掃に入れる状態だと告げられていた。部屋に入ってすぐのリビングルームでも念のためもう1度声をかけてみたが、返事はない。

 彼女の左側には、ベッドールームにつながるドアがある。ドアは開いたままで、ベッドの一部が見えていた。リビングルームを見回してみるが、客の鞄らしきものは見当たらない。彼女は「すみません、ハウスキーピングですが」ともう1度声を張り上げた。そのときだった。真っ裸になった白髪頭の男性が突如、どこからともなく現れたのは──。

 これが、ギニア出身の客室係ナフィサトウ・ディアロ(32)が5月14日に起きた衝撃的な事件の始まりとして語った内容だ。ディアロは、IMF(国際通貨基金)専務理事(当時)ドミニク・ストロスカーンから性的暴行を受けたとして彼を訴えた。

 ディアロの人生と、次期フランス大統領候補とも目されていたストロスカーンの人生を大きく変えた「IMFトップ性的暴行」事件。ディアロは今回、事件後初めてメディアの取材に応じ、3時間に及ぶ本誌の独占インタビューに答えた。

           *       *       *

 ナフィサトウ・ディアロは華やかなタイプの女性ではない。褐色の肌にはかすかにニキビ跡が残り、黒髪は赤茶色に染められ、シンプルなストレートヘア。無表情でいると、どことなく物憂げな雰囲気を漂わせる。もっとも、体型は女性らしいボリュームのあるスタイルだ。

 ソフィテルホテルで働き出して3年。高級ホテルでの客室係──ディアロにとってはこれ以上ないほど安全で安定した仕事に違いなかった。03年にギニアからアメリカにやって来てソフィテルでの職を見つけるまで、彼女は治安の悪いブロンクスで髪を編む仕事をしたり友人の店で働いたりして生計を立てていた。

アメリカ移住の経緯は語りたがらない

 ディアロが最も快活な素振りを見せたのは、ソフィテルでの仕事ぶりを評価されて昇格・昇給が認められた話題になったとき。労働組合によれば、彼女が清掃を担当するのは1日に14室で、時給25ドルとチップが収入源だった。ディアロは今年4月以来、28階の客室すべてを担当していた。ワンフロアをまとめて担当できれば、エレベータで各階を移動する無駄を省けると、ディアロは語った。

 ディアロは時折涙を流し、ときには嘘泣きのように見えることもあった。西アフリカでの過去に関する質問に対しては、曖昧な返答に終始。ギニアの田舎でコーラン学校を開いていたイスラム導師の父については語りたがらず、夫は「病気」で死亡し、娘の1人も生後3〜4カ月で亡くなったと話した。

 2001年、ギニアの首都コナクリで夜間外出禁止令に違反した際、彼女を逮捕した兵士2人にレイプされた。翌朝解放されたが、男たちは彼女に暴行現場を掃除させたという。

 その後、ディアロは「よりよい人生」を求めて、娘(現在15歳)とともにアメリカに移住。ただし、アメリカに来た経緯の詳細は彼女も弁護士も語ろうとせず、話がこの点に及ぶと、ディアロは目を伏せ、涙を流した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米連邦地裁判事、トランプ氏の機密文書持ち出し事件の

ワールド

主要労組、24年米大統領選候補に支持表明しない可能

ビジネス

インフレ抑制、第2四半期に進展 「確信幾分強まる」

ワールド

FRB議長、任期「必ず全うする」と表明
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に上回る=独紙
  • 4
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 5
    タンポンに有害物質が含まれている...鉛やヒ素を研究…
  • 6
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 7
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 8
    これからの蚊対策は「殺さず吸わせず」 痒いところ…
  • 9
    「これは真剣なやつだよ」...キャサリン妃の「マジメ…
  • 10
    トランプ氏銃撃事件を受け、ドル上昇・米国債下落...…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 6
    テネリフェ島で発見された70万年前のトカゲ化石、驚…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 9
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 10
    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中