最新記事

秘密工作

イラン核科学者爆殺とサイバー攻撃の真犯人

核物理学者の路上爆殺以上にイランの核開発計画に打撃を与えたコンピューターウイルス作戦の黒幕は?

2010年12月16日(木)13時37分
クリストファー・ディッキー(中東総局長)、R・M・シュナイダーマン、ババク・デガンピシェ(ベイルート支局長)

狙われた核施設 ウイルス「スタックスネット」による攻撃と科学者爆殺は別々の国によるもの?(衛星写真で捉えたコム近郊の核関連施設) DigitalGlobe/Getty Images

 空は、濃いスモッグで覆われていた。出勤途中の人の中には、マスク姿も多い。11月29日の早朝、イランの首都テヘランの北部に位置するアルテシュ通りを、核物理学者のマジド・シャハリアリが妻とボディーガードを乗せて、愛車のプジョーを走らせていた。

 渋滞で停車すると、1台のオートバイが隣に止まった。ここまでは、ラッシュアワーのごく普通の一場面だ。しかし次の瞬間、オートバイの男がある物体をプジョーのドアにくっつけ、そそくさと走り去った。

 磁石で車体に張り付けられた爆弾が破裂し、シャハリアリは即死。妻とボディーガードは、けがをしただけで命に別条はなかった。完璧なピンポイントの爆殺だった。

 この数分後、数キロほど離れたテヘランの路上で、また別のイラン人核物理学者の乗る車の隣にオートバイが止まった。

 車の中の人物は、フェレイドゥン・アッバシ。イラン革命防衛隊のメンバーで、以前、国連安保理の対イラン制裁決議で「核関連、もしくは弾道ミサイル関連の活動に関わっている」と名指しされた人物だ。危険を察したアッバシはすぐに車を降り、同乗していた妻を引っ張ってそばを離れた。爆弾が破裂したのは、そのすぐ後だった。

 2人のイラン人核物理学者が襲われたこの朝、イランの核開発計画を自国の生存に対する脅威と見なす人が多いイスラエルでも、公の場で祝福の声を上げた人物はいなかった。犯行声明を発表した勢力は今のところない。しかし、どの勢力も関与を否定しているわけではない。

 同じ朝、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、対外情報機関モサドの長官を8年間務め、対イラン秘密工作を指揮してきたメイル・ダガンが退くことを発表した。イスラエルのあるタブロイド紙は、こんな見出しを掲げた。「ダガンによる最後の一撃か?」

 この日の午後、テヘランでは予定より2時間遅れてマフムード・アハマディネジャド大統領の記者会見が始まった。科学者暗殺に「シオニスト(ユダヤ民族主義者)体制と欧米政府が関与していることは間違いない」と、彼は主張した。

 それだけでなくアハマディネジャドは、ウラン濃縮施設の高速遠心分離機がサイバー攻撃によりダメージを被っていたことを初めて認めた。数日前までイランの高官たちは、遠心分離機に問題はないと言っていた。...本文続く

──ここから先は15日発売の『ニューズウィーク日本版』 2010年12月22日号をご覧ください。
<デジタル版のご購入はこちら
<iPad版、iPhone版のご購入はこちら
<定期購読のお申し込みはこちら
 または書店、駅売店にてお求めください。

他にも
■「モサド、脅迫と暗殺の黒い歴史」など、読み応え満点です。
<最新号の目次はこちら

[2010年12月22日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米エヌビディア、新AIモデルで今後も需要は拡大へ=

ワールド

政府、北朝鮮の対ロ軍事協力で追加制裁=林官房長官

ビジネス

JPモルガンCEO、中国投資で打撃受けたと認める=

ビジネス

ペルーインフレ率、年末は目標内の2─2.2%に 中
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中