最新記事

外交

インドをないがしろにするオバマの過ち

The Prize is India

アフガニスタン戦争のためパキスタンを偏重するオバマだが、経済的にも地政学的にも重要なのはインドのほうだ

2009年11月25日(水)10時44分
ファリード・ザカリア(国際版編集長)

 バラク・オバマ米大統領は、この数カ月ほど中国とロシアにペコペコし過ぎだと批判を受けてきた。だがそれはこれまでのところ、あくまでムード作り的なものに過ぎない。オバマ政権はいずれの国に対しても、一方的に実質的な譲歩をしたことは一度もない。中露両国、とくに中国と強い関係を築くことは、長期的な国益に資するという戦略的な視野に沿った外交だ。

 だがおかしなことに、アジアで台頭するもう1つの大国、インドとの関係では、こうした戦略的視点が完全に見失われている。

 ある意味、米政府はインドに対して極めて友好的だ。インドのマンモハン・シン首相は今月23日、オバマ政権になって初めてアメリカを公式訪問。歓迎式典では、2つの巨大な民主主義国家の関係について耳障りのいい言葉が繰り返された。だが水面下には、両国関係への不安が広がっている。

 インド政府関係者は、21世紀におけるインドの役割に関するオバマ政権の考えが、ジョージ・W・ブッシュ前政権と異なることを懸念している。実際、オバマ政権の複数の関係者も公の場で、ブッシュが主導した米印原子力協定を批判している。インドの核開発にお墨付きを与えたこの協定は、インドからすれば大国と認められた重要な証だ。

 インド側はまた、民主党政権が保護貿易主義に走ることや、中国に擦り寄り過ぎることも恐れている。

 こうした心配は、互いに理解が深まりさえすれば消えていくだろう。だが、より尾を引きそうな危険もある。アフガニスタン戦争に気を取られるあまり、オバマ政権が色眼鏡を通じてしか南アジアを見ていないことだ。

 米政府は、アフガニスタン戦争でパキスタンの協力を取り付けたいあまり、パキスタンの関心事を自分自身のもののように考える傾向があり、そのために地域観が歪んでしまっている。

インドとアメリカの利害は一致する

 アフガニスタン駐留米軍のスタンリー・マクリスタル司令官は「アフガニスタンでインドの影響力が高まれば、地域の緊張を高め、アフガニスタンやインドでパキスタンが何らかの対抗措置を取る可能性がある」と警告した。

 だが、この警告は的外れだ。インドは南アジアの覇権国家で、インド亜大陸に強大な影響力をもっている。GDP(国内総生産)はアフガニスタンの100倍だ(誤植ではない)。

 従って、2001年のタリバン政権崩壊に伴いアフガニスタンが国際社会に門戸を開いたとき、国内にインドの料理や映画や資金が流れ込んだのは自然の成り行きだ。メキシコにアメリカの産品が流れ込み、影響力も強まったように。

 インド政府によるアフガニスタン支援も、多くは学校やインフラの整備に向けられている。インド政府はアフガニスタン政府への影響力を強めようとはしているが、米政府当局者によればインドの諜報機関はアフガニスタン内での行動を自重しているという。

 インドが自らの大陸から消え去るはずはないし、アメリカはそれを望むべきでもない。実のところ、インドの政策目標はアメリカの利害と一致する。それは、タリバンを倒し、選挙で選ばれたアフガニスタン政府を後押しすることだ。

 一方、パキスタンの目標は米政府の利害と一致しない。パキスタン政府はこれまで長い間、アフガニスタンに親パキスタン政権を樹立する権利があると主張してきた。アジア専門家セリグ・ハリソンは88年のインタビューで、パキスタンのモハマド・ジアウル・ハク元大統領は「自分たち好みの政権」をアフガニスタンに作ることを要求していたと指摘している。

 昨年にはパキスタン軍高官がマイク・マコネル米国家情報長官(当時)に、パキスタンはアフガニスタンのタリバンを支援すべきだと言った。「そうでなければインドが支配することになる」

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月