最新記事

アメリカ

最高裁の同性婚判決がもたらす現実

Supreme Court on Gay Rights: Will It Change America?

「21世紀の公民権運動」にとって大きな前進だが、全米で同性婚が認められる道のりは遠い

2013年7月8日(月)17時29分
小暮聡子(ニューヨーク)

 6月26日、アメリカの歴史に新たな1ページが刻まれた。連邦最高裁が同性婚者にも異性婚者と平等の権利を保障するという判決を下したのだ。

 最高裁で争われていたのは、「結婚は男女間に限る」と定義した連邦法「結婚防衛法」と、カリフォルニア州の州憲法同性婚禁止条項の合憲性。結婚防衛法はこれまで、同性婚が認められている首都ワシントンと12州で合法的に結婚した同性婚者にも、配偶者税控除や社会保障などについて異性婚者と同じ権利を認めてこなかった。 

 しかし最高裁は、同性婚を異性婚と差別し同様の利益享受を認めていない同法は、自由や財産権を保障する合衆国憲法修正第5条に照らして「違憲」と判断。その結果、異性婚者だけに認められていた所得税や相続税など1000項目以上もの優遇措置が同性婚者にも拡大される見通しになった。アメリカ人と同性婚した外国人にも平等に移民法が適用され、永住権やビザを申請できるようになる。

「同性婚者も異性婚者と同じ」と認めた判決に、全米が沸いた。同性婚を支持する人にとって今回の最高裁審議は生活面での便宜を求める訴えにとどまらず、異性婚者との差別を撤廃して彼らと同等の地位と権利を獲得する「21世紀の公民権運動」にほかならなかったからだ。 

 国勢調査局によれば、10年の時点で同性婚の家庭は全米で約60万世帯。そのうち子供がいる家庭は約12万世帯に上っている。「うちはママがいなくてパパが2人」という子供はもはやテレビドラマに限った話ではなく、こうした子供の親にとっては子供の権利保障を求める戦いでもあった。

「南部ではあと10年は現状維持」

 とはいえ最高裁は、全米で同性婚を解禁する判断を下したわけではない。同時に争われていたカリフォルニアでの同性婚禁止を求めた裁判では、最高裁が原告の訴えを棄却したため、同州では同性婚が認められることになったものの、同性婚者の権利については、州レベルで合法的に結婚した場合にのみ保障したにすぎない。

 同性婚を禁じている36州については、州レベルで法改正するか、誰かが最高裁判決を盾に違憲訴訟を起こさない限りは禁止されたままだ。同性愛者同士が合法の州で結婚し、その後に禁止された州に引っ越した場合や、禁止された州に引っ越した後で離婚したいケースにどう対応するか、という問題もある。

 同性婚支持団体は5年以内に全米50州で合法化を目指すというが、それほど急速な変化は期待できない。カリフォルニア大学デービス校のビクラム・アマル教授(法学)は、約25州は比較的早く合法化に向かうだろうが、保守色の強い南部州では少なくともあと10年は現状維持だろうとみる。

 同性婚問題に詳しいハーバード大学のマイケル・ブロンスキー教授も「法を変えるのは簡単だが、伝統的な社会環境や人々の心や考え方を変えることは容易ではない」と言う。

 法が認めたからといって、すべての人が自由に同性婚に踏み切れるかはまた別問題だ。公民権運動の最中だった65年に黒人の選挙権を保障する投票権法が制定されたにもかかわらず、今も一部の南部州で差別的な措置は残る。同性婚も同様だろう。

 それでも今回の判決が、「21世紀の公民権運動」にとって大きな前進であることは間違いない。03年に最高裁が南部テキサス州に唯一残っていた同性間の性行為を犯罪と見なす「ソドミー法」に違憲判決を下し、全米でこの法律が無効になってから今年でちょうど10年だ。

[2013年7月 9日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米司法長官、ロシア介入疑惑で特別検査官から聴取=司

ワールド

モディ印首相、ダボス会議でグローバル化の促進呼びか

ワールド

焦点:北朝鮮スキー場での南北合宿案、経済制裁に抵触

ビジネス

米上院、パウエルFRB理事の次期議長就任を承認

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 3

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 4

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 8

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月