最新記事

米大統領選

「オバマはアフリカ生まれ」を蒸し返すこの男

Trump Goes on Birther Rant

オバマはアメリカ生まれではないから大統領の資格なし、と言い張る不動産王ドナルド・トランプに、共和党の大統領候補ロムニーも迷惑顔

2012年5月30日(水)15時22分
タリア・ラルフ

 バラク・オバマ米大統領はアメリカ生まれではなく、大統領の資格がない――不動産王のドナルド・トランプは、またもこの問題を蒸し返して大統領選の最重要争点にしようとしているようだ。一時は共和党から大統領選への出馬も検討していたトランプは、オバマの出生地疑惑をたびたび主張。昨年には、ホワイトハウスがオバマの出生証明書を公表することで事態は収まったかに見えた。

 ところがトランプは最近、CNNテレビの番組内の電話インタビューで、ホストのウォルフ・ブリッツァーと以下のような議論を戦わせた。


ブリッツァー:ドナルド、君に言っておかなければならないんだが、君の主張はちょっと滑稽に聞こえるようになってきたよ。

トランプ:それは君の方だ、ウォルフ。君の言っていることこそ滑稽じゃないか。私に質問したいのなら、答えさせてくれよ。

ブリッツァー:よし、じゃあ質問だ。1961年に、ホノルル・スター・ブレティン紙とホノルル・アドバタイザー紙が相次いで、ハワイでオバマが生まれたことを誕生欄に掲載した。この時から陰謀は始まっていたと言うのかい?

トランプ:この手の告示を出す人は多いが、アメリカで生まれたことにして恩恵を受けたいからだ。そうした事例は数多くある。アメリカで生まれていないのにやっている人は多い。周知の事実だ。


 同じ日の朝、トランプはさらにケーブルテレビ局CNBCにも電話出演。ここでもやはり、出生に関するオバマの説明は不十分だと主張した。オバマが1年以上前に出生証明書を公表しているにもかかわらず、だ。「何をもってしても私の考えを変えることはなかった」と、トランプは語った。

昔のプロフィールで疑惑再燃

 トランプが疑惑を主張し続けるのは、最近になって見つかったオバマの昔のパンフレットが発端のようだ。かつてオバマの著作権を扱っていた代理人が発行していた宣伝用のパンフレットのプロフィールに、ケニア生まれと誤って記載されていたのだ。これにより、オバマがアメリカ生まれのアメリカ人ではないという噂が、再び浮上することになった。

 CNBCによると、騒動後すぐに、このプロフィールを書いた担当者が名乗り出て、これは単なる事実確認のミスだったと釈明したという。

 トランプはCNBCでこう語った。「何年も前の90年代に、若かりしオバマが本を書いて、自分で出版社に提供したプロフィールについて、担当者が今ごろになって現れた。そして驚いたことに、『あ、間違えていました』と言われてもね」

 トランプの一連の発言は、共和党の大統領候補ミット・ロムニーのラスベガスでの集会にトランプが参加するほんの数時間前のことだった。だが、トランプの支持を受けて選挙戦を戦っているロムニーは、彼の発言からは距離を置いている。明確に非難したりもしていない。

「私は私を支持してくれているすべての人々の意見に賛同するわけではない。私の支持者も、私が信じることすべてに賛成してくれるわけではないだろう」と、ロムニーは先週語った。「だが私には過半数の国民の支持が必要だし、多くの善良なる人々が私を支持してくれていることには感謝している」

From GlobalPost.com

ニュース速報

ビジネス

ECB債券買い入れ、期間再延長の選択肢温存か=関係

ビジネス

インタビュー:消費増税の使途変更なら25年問題に拍

ワールド

脅迫的な言動、朝鮮半島巡る問題解決にはつながらず=

ビジネス

スイスフラン、対ユーロで2年ぶり安値 北朝鮮情勢が

MAGAZINE

特集:対中外交の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    中国とロシア、北朝鮮付近で海軍の合同軍事演習を開始

  • 2

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 3

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 4

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 5

    金正恩「北朝鮮は米国との軍事力で均衡を目指す」

  • 6

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 7

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 8

    北朝鮮を20年も放置した中国は責任を取るべき

  • 9

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 10

    韓国でもお一人様文化定着 旅行、ご飯も一人が気楽?

  • 1

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 2

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 5

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

  • 6

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 9

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月