最新記事

米大統領選

「オバマはアフリカ生まれ」を蒸し返すこの男

Trump Goes on Birther Rant

オバマはアメリカ生まれではないから大統領の資格なし、と言い張る不動産王ドナルド・トランプに、共和党の大統領候補ロムニーも迷惑顔

2012年5月30日(水)15時22分
タリア・ラルフ

 バラク・オバマ米大統領はアメリカ生まれではなく、大統領の資格がない――不動産王のドナルド・トランプは、またもこの問題を蒸し返して大統領選の最重要争点にしようとしているようだ。一時は共和党から大統領選への出馬も検討していたトランプは、オバマの出生地疑惑をたびたび主張。昨年には、ホワイトハウスがオバマの出生証明書を公表することで事態は収まったかに見えた。

 ところがトランプは最近、CNNテレビの番組内の電話インタビューで、ホストのウォルフ・ブリッツァーと以下のような議論を戦わせた。


ブリッツァー:ドナルド、君に言っておかなければならないんだが、君の主張はちょっと滑稽に聞こえるようになってきたよ。

トランプ:それは君の方だ、ウォルフ。君の言っていることこそ滑稽じゃないか。私に質問したいのなら、答えさせてくれよ。

ブリッツァー:よし、じゃあ質問だ。1961年に、ホノルル・スター・ブレティン紙とホノルル・アドバタイザー紙が相次いで、ハワイでオバマが生まれたことを誕生欄に掲載した。この時から陰謀は始まっていたと言うのかい?

トランプ:この手の告示を出す人は多いが、アメリカで生まれたことにして恩恵を受けたいからだ。そうした事例は数多くある。アメリカで生まれていないのにやっている人は多い。周知の事実だ。


 同じ日の朝、トランプはさらにケーブルテレビ局CNBCにも電話出演。ここでもやはり、出生に関するオバマの説明は不十分だと主張した。オバマが1年以上前に出生証明書を公表しているにもかかわらず、だ。「何をもってしても私の考えを変えることはなかった」と、トランプは語った。

昔のプロフィールで疑惑再燃

 トランプが疑惑を主張し続けるのは、最近になって見つかったオバマの昔のパンフレットが発端のようだ。かつてオバマの著作権を扱っていた代理人が発行していた宣伝用のパンフレットのプロフィールに、ケニア生まれと誤って記載されていたのだ。これにより、オバマがアメリカ生まれのアメリカ人ではないという噂が、再び浮上することになった。

 CNBCによると、騒動後すぐに、このプロフィールを書いた担当者が名乗り出て、これは単なる事実確認のミスだったと釈明したという。

 トランプはCNBCでこう語った。「何年も前の90年代に、若かりしオバマが本を書いて、自分で出版社に提供したプロフィールについて、担当者が今ごろになって現れた。そして驚いたことに、『あ、間違えていました』と言われてもね」

 トランプの一連の発言は、共和党の大統領候補ミット・ロムニーのラスベガスでの集会にトランプが参加するほんの数時間前のことだった。だが、トランプの支持を受けて選挙戦を戦っているロムニーは、彼の発言からは距離を置いている。明確に非難したりもしていない。

「私は私を支持してくれているすべての人々の意見に賛同するわけではない。私の支持者も、私が信じることすべてに賛成してくれるわけではないだろう」と、ロムニーは先週語った。「だが私には過半数の国民の支持が必要だし、多くの善良なる人々が私を支持してくれていることには感謝している」

From GlobalPost.com

ニュース速報

ビジネス

日経平均は大幅反発、原油減産合意受けた米国株上昇を

ビジネス

ドル/円じり高、OPEC減産合意でリスク選好

ワールド

仏大統領選、サルコジ前大統領への支持低下=世論調査

ワールド

OPEC合意で原油価格は来年前半10ドル上昇も=ゴ

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 2

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 3

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 4

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 5

    狭まる北朝鮮包囲網、友好国にも「金正恩離反」の兆候

  • 6

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    米大統領選、第1回テレビ討論を世界はどう報じたか

  • 9

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 10

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 9

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月