注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

アメリカ社会

プロ化した早食いスポーツの馬鹿らしさ

Deep Throat

単なる余興にプロリーグができ、スポンサーやメディアを巻き込み大暴走。死人が出るまで止まらない?

2010年8月16日(月)16時35分
ウィリアム・サレタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 ニューヨーク市民の憩いの場コニーアイランドにあるホットドッグの老舗ネイサンズで、今年も7月4日の独立記念日に恒例のホットドッグ早食いコンテストが開かれた。しかし今年は、ちょっとした場外乱闘があった。

 かつてこの大会を6連覇した日本人の小林尊が「乱入」し、警察に逮捕されたのだ。大会の運営団体メジャーリーグ・イーティング(MLE)との契約を拒む小林には、そもそも出場資格がなかった。

 契約? 早食いのメジャーリーグ? それって何かの悪い冗談か? いや、冗談どころか真剣かつ深刻な事態なのだ。

 かつての早食い競争は単なる余興だった。各地のお祭りなどで開かれ、一般の参加者がパイの早食いなどを競うだけ。用意したパイがなくなるか制限時間になるか、あるいは参加者が降参するかで決着がついた。今は違う。そんなにのんきなものではない。

 今の早食い競争にはスター選手がいて有能なマネジャーがいる。企業スポンサーが付き、国際的な宣伝が行われ、プロのリーグが運営する。多額の金が動き、マスコミの注目度も高まったが、選手の肉体は昔と比べものにならないほど酷使されている。この異常な「競技」の増殖を、私たちは放置していいのだろうか。

 MLEと傘下の早食い競争国際連合(IFOCE)が設立されたのは13年前。最初は一種のジョークだった。創設者はジョージとリッチのシェイ兄弟。宣伝上手の彼らは連盟のモットーにラテン語で「真実は大食いにあり」と掲げ、参加するメンバーを「食道の騎士」と呼んだり、「大量消化兵器」と呼んだりしたものだ。

 しかし今のMLEはジョークの域を超えている。昨年は全部で85回の大会を開き、賞金総額は約60万ドルに達した。スポンサーにはコカ・コーラやハインツ、ピザハット、カジュアル衣料のオールド・ネイビーなどが名を連ねる。

 ネイサンズのホットドッグ早食い競争ともなれば、4万人の観客動員と150万世帯のテレビ観戦が見込める。だからスポーツ専門チャンネルのESPNは放映権料を払って、この大会を中継している。この盛況ぶりに競技を独占するMLEは自信たっぷりで、「各国の一流早食いスター」との独占契約を豪語している。

政府公認の「特殊能力」

 7月5日にCBSの番組に出演したMLE代表のリッチ・シェイは、「スーパーボウルに出る人間はNFL(全米プロフットボールリーグ)に加盟しなければならない。ネイサンズの早食い大会は早食い界のスーパーボウルだから、出場したければMLEに入らねばならない」と語った。

 つまり「契約」が必要なのだ。昔は小林もほかの選手たちも、アマチュアとしてネイサンズの早食い大会に参加していた。その後、MLEが契約を持ち出した。そして契約へのサインを拒む小林を、MLEは大会から締め出した。

 小林の説明によれば、MLEの契約の下では、MLE傘下のIFOCEが主催あるいは認定したイベントにしか参加できず、CM出演やマスコミ対応など、あらゆる活動についてIFOCEが独占的な代理人となって交渉に当たり、すべての収入の20%をIFOCEに支払うことになる。

 4日の大会で壇上に上がった小林に対し、リッチ・シェイは「プロらしくない」と批判したが、早食い選手は「プロ」の域を超えているらしい。今や早食いはアメリカ政府も認める才能の一種であるからだ。「私は最近、アメリカで『並外れた能力』を持つ人だけに発行されるビザを取得した」と小林は言う。「私の場合は、もちろん早食いの能力だ」

最新ニュース

ビジネス

消費再増税なら「政策効果吹き飛ぶ」の声、市場の期待は限定的

2014.09.30

ビジネス

焦点:生産悪化で日銀物価シナリオに逆風、頼みは円安効果

2014.09.30

ビジネス

インタビュー:ドンキホーテHD、米国で「持ち帰り総菜」店舗展開へ

2014.09.30

ワールド

インド中銀は金利据え置き、インフレ抑制に懸念も

2014.09.30

新着

都市開発

隈研吾が語るTOKYOの未来図

再開発ラッシュに沸く東京を、日本を代表する建築家が斬る 

2014.09.30
欧州経済

ヨーロッパを苦しめる日本型デフレの悪夢

大恐慌期のアメリカや90年代の日本が経験した物価下落の連鎖が欧州発の世界不況を起こす? [2014.9.30号掲載]

2014.09.30
テクノロジー

3Dプリンターでシリアの戦場に義肢を

南アのロボハンド社が製造する低価格かつ高機能な義肢がシリアで大活躍 [2014.7.15号掲載]

2014.09.29
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.10. 7号(9/30発売)

特集:進化し続ける都市TOKYO

2014.10. 7号(9/30発売)

近未来と伝統を融合したハイブリッド都市を目指す東京は
世界一魅力的な街に生まれ変わることができるか

都市計画 進化する都市TOKYOの未来

展望 ハイブリッド型都市をめざす東京の挑戦

■再開発 激変する東京の注目エリア

■アクセス 交通インフラはここまで変わる

対日投資 外資誘致に都のおもてなし

教訓 ロンドンに学ぶ五輪レガシー

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:進化し続ける都市TOKYO

2014-10・ 7号(9/30発売)

近未来と伝統を融合したハイブリッド都市を目指す東京は
世界一魅力的な街に生まれ変わることができるか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    歩きスマホ専用レーンの無意味さ

    一見いいアイデアだが、ちょっと頭を使えばありえない…

  2. 2

    欧米社会に忍び寄るISIS「首切り」の恐怖

    オーストラリア市民を対象にしたテロ計画の発覚で緊張…

  3. 3

    児童1400人性的虐待の衝撃

    筆舌に尽くしがたい仕打ちの犯罪を10年前から知りな…

  4. 4

    中国の国防専門家「第3次世界大戦に備えろ」

    南シナ海と東シナ海における領有権問題が戦争にエスカ…

  5. 5

    国際社会が見過ごしている残虐集団ボコ・ハラム

    270人以上の女子生徒がさらわれた事件以降、忘れ去…

  6. 6

    新型iPhoneに乗り換えるべき6つの理由

    アップルが大型画面を搭載した新機種でアンドロイドに…

  7. 7

    究極の高級コーヒーが動物虐待の源に?

    ネコのふんから「拾い出す」豆の人気が高まっているが…

  8. 8

    コンドームいらずの男性用避妊法まであと少し

    注射1本でパイプカットと同様の効果があり、必要なと…

  9. 9

    最強のドイツ経済に落日の足音?

    ロシアとEUの制裁合戦がユーロ危機の後遺症に追い討…

  10. 10

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束…

  1. 1

    なぜ円安になっても製造業が日本に帰ってこないのか

    外国為替市場で、一時は1ドル=109円台に乗せ、…

  2. 2

    「シリア領内空爆」は本格的な戦争の始まりなのか?

    アメリカ時間の今月22日、既にオバマ大統領が演説…

  3. 3

    朝日「誤報」で日本が「誤解」されたという誤解

    いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる証言記事に関し…

  4. 4

    シリア空爆の意味

    9月23日、米軍はシリアの「イスラーム国」拠点に…

  5. 5

    セレブはヌード写真を撮ってクラウドに保存するのか?

    アップルのクラウドサービスiCloudからセレブ…

  6. 6

    アップルウォッチに見るイノベーション力

    9月9日のイベントで、アップルがやっとウェアラブ…

  7. 7

    フェミニズム対ナショナリズムの戦争に発展した慰安婦問題

    朝日新聞の「慰安婦」をめぐる大誤報について、木村…

  8. 8

    中国経済「崩壊論」の虚と実と

    北京市北部の新興住宅街でエステティックサロン兼美…

  9. 9

    スコットランド住民投票の意外な意味

    スコットランド独立の是非を問う住民投票が、9月1…

  10. 10

    アメリカやヨーロッパから「ISIS」への志願者、その背景は?

    シリアから始まってイラク北部に「点と線」の支配地…

  1. 1

    米シカゴ空港で一時全便欠航、管制センターの火災で職員ら避難

    米イリノイ州シカゴ市郊外にある航空交通管制センタ…

  2. 2

    「債券王」グロス氏がPIMCO退職、同業ジャナスに移籍へ

    「債券王」の異名をとる米債券運用会社パシフィック…

  3. 3

    フィリピンのイスラム過激派、ドイツ人殺害警告

    SITEモニタリングサービスによると、フィリピン…

  4. 4

    英議会、「イスラム国」標的の空爆参加を承認

    英議会は26日、過激派組織「イスラム国」を標的と…

  5. 5

    「イスラム国」は米仏で地下鉄攻撃を計画、イラク首相が情報入手 

    イラクのアバディ首相は25日、イスラム教スンニ派…

  6. 6

    アルジェリアの「イスラム国」系組織、フランス人殺害映像を公開

    イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の分派と…

  7. 7

    スコットランド緊急着陸の787機、防火システム誤警報が原因 

    ポーランド国営の航空会社LOTポーランド航空は2…

  8. 8

    北朝鮮の国営メディア、金正恩氏の健康問題に言及

    北朝鮮国営メディアのドキュメンタリー番組で、金正…

  9. 9

    インド格付け見通し「ネガティブ」から「安定的」に変更=S&P

    格付会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)…

  10. 10

    米国発のドリームライナー、スコットランドに緊急着陸

    米シカゴ発ポーランド・ワルシャワ行きの米ボーイン…

Photo

全身9ドルの服が 語る中国の肖像

2014.09.12 : ポップな色彩にキッチュな着こなし、どこかぎこちないモデルたち・…

Picture Power
詳しく見る
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-U.S. Affairs

  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月