最新記事

アメリカ社会

プロ化した早食いスポーツの馬鹿らしさ

Deep Throat

単なる余興にプロリーグができ、スポンサーやメディアを巻き込み大暴走。死人が出るまで止まらない?

2010年8月16日(月)16時35分
ウィリアム・サレタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 ニューヨーク市民の憩いの場コニーアイランドにあるホットドッグの老舗ネイサンズで、今年も7月4日の独立記念日に恒例のホットドッグ早食いコンテストが開かれた。しかし今年は、ちょっとした場外乱闘があった。

 かつてこの大会を6連覇した日本人の小林尊が「乱入」し、警察に逮捕されたのだ。大会の運営団体メジャーリーグ・イーティング(MLE)との契約を拒む小林には、そもそも出場資格がなかった。

 契約? 早食いのメジャーリーグ? それって何かの悪い冗談か? いや、冗談どころか真剣かつ深刻な事態なのだ。

 かつての早食い競争は単なる余興だった。各地のお祭りなどで開かれ、一般の参加者がパイの早食いなどを競うだけ。用意したパイがなくなるか制限時間になるか、あるいは参加者が降参するかで決着がついた。今は違う。そんなにのんきなものではない。

 今の早食い競争にはスター選手がいて有能なマネジャーがいる。企業スポンサーが付き、国際的な宣伝が行われ、プロのリーグが運営する。多額の金が動き、マスコミの注目度も高まったが、選手の肉体は昔と比べものにならないほど酷使されている。この異常な「競技」の増殖を、私たちは放置していいのだろうか。

 MLEと傘下の早食い競争国際連合(IFOCE)が設立されたのは13年前。最初は一種のジョークだった。創設者はジョージとリッチのシェイ兄弟。宣伝上手の彼らは連盟のモットーにラテン語で「真実は大食いにあり」と掲げ、参加するメンバーを「食道の騎士」と呼んだり、「大量消化兵器」と呼んだりしたものだ。

 しかし今のMLEはジョークの域を超えている。昨年は全部で85回の大会を開き、賞金総額は約60万ドルに達した。スポンサーにはコカ・コーラやハインツ、ピザハット、カジュアル衣料のオールド・ネイビーなどが名を連ねる。

 ネイサンズのホットドッグ早食い競争ともなれば、4万人の観客動員と150万世帯のテレビ観戦が見込める。だからスポーツ専門チャンネルのESPNは放映権料を払って、この大会を中継している。この盛況ぶりに競技を独占するMLEは自信たっぷりで、「各国の一流早食いスター」との独占契約を豪語している。

政府公認の「特殊能力」

 7月5日にCBSの番組に出演したMLE代表のリッチ・シェイは、「スーパーボウルに出る人間はNFL(全米プロフットボールリーグ)に加盟しなければならない。ネイサンズの早食い大会は早食い界のスーパーボウルだから、出場したければMLEに入らねばならない」と語った。

 つまり「契約」が必要なのだ。昔は小林もほかの選手たちも、アマチュアとしてネイサンズの早食い大会に参加していた。その後、MLEが契約を持ち出した。そして契約へのサインを拒む小林を、MLEは大会から締め出した。

 小林の説明によれば、MLEの契約の下では、MLE傘下のIFOCEが主催あるいは認定したイベントにしか参加できず、CM出演やマスコミ対応など、あらゆる活動についてIFOCEが独占的な代理人となって交渉に当たり、すべての収入の20%をIFOCEに支払うことになる。

 4日の大会で壇上に上がった小林に対し、リッチ・シェイは「プロらしくない」と批判したが、早食い選手は「プロ」の域を超えているらしい。今や早食いはアメリカ政府も認める才能の一種であるからだ。「私は最近、アメリカで『並外れた能力』を持つ人だけに発行されるビザを取得した」と小林は言う。「私の場合は、もちろん早食いの能力だ」

最新ニュース

ビジネス

インフレ2%回帰へかなりの自信━米リッチモンド連銀総裁=報道

2014.11.01

ビジネス

欧州株は続伸、週間で今年最大の上昇率

2014.11.01

ワールド

スペイン、カタルーニャ投票再び阻止へ

2014.11.01

ビジネス

米FRB、インフレ鈍化で手を打つべき=コチャラコタ連銀総裁

2014.11.01

新着

ゲーム

『ザ・シムズ』最新作はもっとリアルで悩ましい

自らの「分身」の生涯を通じて自分を見詰め直し、人生を学べる大ヒット作 [2014.9.23号掲載]

2014.10.31
日本外交

ジョージアと呼ばれたいグルジアの気まぐれ 

要衝をにらむ地球儀外交を振り回すのは日本の官僚主義か外国のご都合主義か [2014.11. 4号掲載]

2014.10.31
医療外交

キューバがエボラ熱支援に積極的な訳 

インド洋大津波やハイチ大地震でも活躍したキューバ医師団約300人が西アフリカへ [2014.11. 4号掲載]

2014.10.30
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.11. 4号(10/28発売)

特集:韓国 理不尽な現実

2014.11. 4号(10/28発売)

アジアだけでなく世界でも存在感を強めた韓国だが
最近、その自尊心を失わせるような事件が相次ぐのはなぜか

特集 韓国、社会の歪みと「歴史問題」

韓国軍 軍隊生活はいじめの温床

言論 メディア統制は韓国を沈ませる

人権 米軍慰安婦が求める謝罪

論争 歴史教科書から消され始めた「韓国のジャンヌ・ダルク」

歴史問題 自国で起きた大虐殺は封印

教育 韓国の新方針は「英語を学ぶな」

輸出品 武器輸出とデモ弾圧

競争力 韓国経済を脅かす輸出縮小危機

経済 驕れるサムスン、久しからず?

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:韓国 理不尽な現実

2014-11・ 4号(10/28発売)

アジアだけでなく世界でも存在感を強めた韓国だが
最近、その自尊心を失わせるような事件が相次ぐのはなぜか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    撃墜機の乗客は生きていた?

    ミサイル攻撃で撃墜され、即死と思われた乗客の遺体に…

  2. 2

    原油価格「急落」の複雑なカラクリ

    リビア情勢からシェールガス革命まで多くの要因が絡み…

  3. 3

    肉の品質問題でマクドナルドが30%減益

    競合チェーンに客を奪われ、「マックのビーフは本物だ…

  4. 4

    クルド要衝を「放棄」するオバマのばかげた理屈

    国境の拠点都市コバニ陥落を座視すればISISは決定…

  5. 5

    注射針が通貨として流通するヘロイン地獄

    辺境州の若者の8割がヘロイン中毒という恐るべき実態…

  6. 6

    中ロ関係を翻弄する「プーチンのトラ」の行方

    プーチンのトラが国境を越えて中国に。トラに万一のこ…

  7. 7

    産油国ベネズエラが原油を輸入する不思議

    世界最大の石油埋蔵量を誇る国が陥った「原油不足」…

  8. 8

    「少女誘拐」ボコ・ハラムは既に1万人を殺害

    西欧の教育を否定し、ナイジェリアでイスラム国家の建…

  9. 9

    チャイナ・アズ・No1でもあわてるな

    中国が購買力平価で世界一の経済大国に。ただ指標とし…

  10. 10

    1年経って閑古鳥の上海自由貿易区

    李首相の肝煎り政策で期待は高かったが、金融規制の緩…

  1. 1

    誰が「太陽光バブル」を生み出したのか

    10月に入って、各電力会社が太陽光エネルギーの新…

  2. 2

    「デフレ脱却」で貧しい労働者がさらに貧しくなる

    政府は10月の月例経済報告で、基調判断を「このと…

  3. 3

    「国産ジェット開発」はなぜこんなに遅れたのか?

    先週、新開発のリージョナルジェット機である「ミツ…

  4. 4

    「マタハラ降格違法」判決をどう生かすか?

    妊娠を理由に管理職から降格されたとして「降格処分…

  5. 5

    「不人気オバマ」を日本の民主党政権と比較する

    政治家が選挙の時に掲げた公約を任期中に実現して責…

  6. 6

    アメリカで政争化する「エボラ・パニック」

    今回のエボラ感染では、西アフリカに渡航してエボラ…

  7. 7

    初の「エボラ発症」でもアメリカ社会が平静な理由

    これまでアメリカ国内では、搬送されたエボラ出血熱…

  8. 8

    世界に広がった「性奴隷」の誤解をいかに解くか

    朝日新聞の誤報問題は国際的な広がりをみせ、韓国以…

  9. 9

    極右の初議席獲得を支えた地方住民の怒り

    ほとんどのイギリス人がそうであるように、僕も年に…

  10. 10

    人間のバグを直して死を治療する「生命延長」技術

    シリコンバレーで今、徐々に注目度が上がっている新…

  1. 1

    中国、自衛隊機の緊急発進やめるよう日本に要求

    中国は30日、自衛隊機による中国機に向けた緊急発…

  2. 2

    エボラ熱二次感染の米看護師、2人目も完治 

    米アトランタ市内のエモリー大学病院は24日、米国…

  3. 3

    米NY空港で21日間の隔離措置義務付け、全医療従事者など対象

    エボラ出血熱の感染国から米ニューヨーク(NY)の…

  4. 4

    ウォルマート、日本の不採算30店舗閉鎖

    米小売り最大手ウォルマート・ストアーズは30日、…

  5. 5

    JALマイレージ個人情報、9745人分の漏えいを確認

    日本航空(JAL)は29日、顧客情報管理システム…

  6. 6

    エボラ熱感染の米看護師が完治

    米テキサス州ダラスの看護師でエボラ出血熱に感染し…

  7. 7

    北朝鮮、ミサイル搭載可能な核弾頭製造能力ある=在韓米軍司令官

    スカパロッティ在韓米軍司令官は24日、北朝鮮は弾…

  8. 8

    ECB総裁、構造改革で連携訴え リセッション再突入回避に向け

    欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は24日、ユー…

  9. 9

    ホンダの「モビリオ」、トヨタ優勢のインドネシアでシェア拡大

    ホンダの多目的車(MPV)「モビリオ」が、インド…

  10. 10

    韓国経済には改善の兆し、長期低迷のリスクも=朴大統領

    韓国の朴槿恵大統領は29日、国内経済には改善の兆…

Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-U.S. Affairs

  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月