注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

アメリカ社会

プロ化した早食いスポーツの馬鹿らしさ

Deep Throat

単なる余興にプロリーグができ、スポンサーやメディアを巻き込み大暴走。死人が出るまで止まらない?

2010年8月16日(月)16時35分
ウィリアム・サレタン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 ニューヨーク市民の憩いの場コニーアイランドにあるホットドッグの老舗ネイサンズで、今年も7月4日の独立記念日に恒例のホットドッグ早食いコンテストが開かれた。しかし今年は、ちょっとした場外乱闘があった。

 かつてこの大会を6連覇した日本人の小林尊が「乱入」し、警察に逮捕されたのだ。大会の運営団体メジャーリーグ・イーティング(MLE)との契約を拒む小林には、そもそも出場資格がなかった。

 契約? 早食いのメジャーリーグ? それって何かの悪い冗談か? いや、冗談どころか真剣かつ深刻な事態なのだ。

 かつての早食い競争は単なる余興だった。各地のお祭りなどで開かれ、一般の参加者がパイの早食いなどを競うだけ。用意したパイがなくなるか制限時間になるか、あるいは参加者が降参するかで決着がついた。今は違う。そんなにのんきなものではない。

 今の早食い競争にはスター選手がいて有能なマネジャーがいる。企業スポンサーが付き、国際的な宣伝が行われ、プロのリーグが運営する。多額の金が動き、マスコミの注目度も高まったが、選手の肉体は昔と比べものにならないほど酷使されている。この異常な「競技」の増殖を、私たちは放置していいのだろうか。

 MLEと傘下の早食い競争国際連合(IFOCE)が設立されたのは13年前。最初は一種のジョークだった。創設者はジョージとリッチのシェイ兄弟。宣伝上手の彼らは連盟のモットーにラテン語で「真実は大食いにあり」と掲げ、参加するメンバーを「食道の騎士」と呼んだり、「大量消化兵器」と呼んだりしたものだ。

 しかし今のMLEはジョークの域を超えている。昨年は全部で85回の大会を開き、賞金総額は約60万ドルに達した。スポンサーにはコカ・コーラやハインツ、ピザハット、カジュアル衣料のオールド・ネイビーなどが名を連ねる。

 ネイサンズのホットドッグ早食い競争ともなれば、4万人の観客動員と150万世帯のテレビ観戦が見込める。だからスポーツ専門チャンネルのESPNは放映権料を払って、この大会を中継している。この盛況ぶりに競技を独占するMLEは自信たっぷりで、「各国の一流早食いスター」との独占契約を豪語している。

政府公認の「特殊能力」

 7月5日にCBSの番組に出演したMLE代表のリッチ・シェイは、「スーパーボウルに出る人間はNFL(全米プロフットボールリーグ)に加盟しなければならない。ネイサンズの早食い大会は早食い界のスーパーボウルだから、出場したければMLEに入らねばならない」と語った。

 つまり「契約」が必要なのだ。昔は小林もほかの選手たちも、アマチュアとしてネイサンズの早食い大会に参加していた。その後、MLEが契約を持ち出した。そして契約へのサインを拒む小林を、MLEは大会から締め出した。

 小林の説明によれば、MLEの契約の下では、MLE傘下のIFOCEが主催あるいは認定したイベントにしか参加できず、CM出演やマスコミ対応など、あらゆる活動についてIFOCEが独占的な代理人となって交渉に当たり、すべての収入の20%をIFOCEに支払うことになる。

 4日の大会で壇上に上がった小林に対し、リッチ・シェイは「プロらしくない」と批判したが、早食い選手は「プロ」の域を超えているらしい。今や早食いはアメリカ政府も認める才能の一種であるからだ。「私は最近、アメリカで『並外れた能力』を持つ人だけに発行されるビザを取得した」と小林は言う。「私の場合は、もちろん早食いの能力だ」

最新ニュース

ビジネス

武田、サノフィ幹部がグローバルな研究開発統括に就任へ

2014.12.18

ワールド

スイス中銀がマイナス金利導入、安全買い抑制でフラン上限守る構え

2014.12.18

ビジネス

アングル:円安でも戻らない自動車工場、輸出増の狙いは稼働率確保

2014.12.18

ビジネス

アングル:ドル上値追いに慎重、FOMC通過後も残る「地雷」

2014.12.18

新着

脅迫

ソニー・ハッキング事件の狙いは北朝鮮パロディ映画を葬ることだった?

ハッカー攻撃に続いて劇場へのテロ予告を受け、製作側のソニーが苦渋の決断 

2014.12.18
ヨーロッパ

法王に「年寄り」と批判されても欧州の若返りは可能だ 

移民の急増は難題でもありチャンスでもある。かつての勢いを取り戻すため働き盛りの世代が必要だ [2014.12.23号掲載]

2014.12.18
ロシア

ルーブル危機でロシア経済はもう手遅れ

危機回避にはウクライナ問題で譲歩して欧米の制裁を解除してもらうしかない 

2014.12.17
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.12.23号(12/16発売)

特集:首脳の成績表

2014.12.23号(12/16発売)

民主化の旗手から外交の達人、苛酷な独裁者まで
世界のリーダーたちの資質と実績を徹底分析

ウラジーミル・プーチン 独特のカリスマも強硬策が裏目

アンゲラ・メルケル 「緊縮の鬼」は実はきまじめな慎重派

デービッド・キャメロン 貴族宰相が冷笑を買うトラブルメーカーに

バラク・オバマ 強力な指導力を発揮し始めた「弱腰大統領」

専制政治 懲りない独裁者7人の明暗

習近平 汚職狩りでは剛腕も外交は場当たり的?

ナレンドラ・モディ 実は民生重視で外交上手な人気宰相の秘密

安倍晋三 得意の外交で存在感見せるが内政は留守がち?

■おしゃれ ファッションリーダーは誰?

レジェップ・タイップ・エルドアン 独裁色強める中東のキーパーソン

フランソワ・オランド 経済立て直しが進まぬうち女性問題が浮上

テイン・セイン 開放路線は成功したが、民主化は道半ば

エンリケ・ペニャ・ニエト 治安問題でただいま支持率急落中

トニー・アボット アジア外交で成果、環境政策には非難が

ハサン・ロウハニ 核協議再開も国民の締め付けは緩めず

■夫人 ファーストレディー世界一は誰?

朴槿恵 レームダック化避ける秘策は財閥へのくさび

マッテオ・レンツィ 結果を出せない「若き改革者」

新興国 不安な5カ国の舵取りは

■中東 出口なき泥沼から抜け出せるか

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:首脳の成績表

2014-12・23号(12/16発売)

民主化の旗手から外交の達人、苛酷な独裁者まで
世界のリーダーたちの資質と実績を徹底分析

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    アマゾンで買わないクリスマス

    低賃金で従業員をこき使う「ブラック企業」ぶりに、ボ…

  2. 2

    水責めだけじゃないCIAの拷問法

    米上院委員会の報告で明らかになった、テロ容疑者への…

  3. 3

    原油安はエコカー神話の終わりの始まり?

    テスラの株価急落に消費者の「ガソリン車回帰説」…

  4. 4

    黒人差別を語れないオバマのジレンマ

    アメリカ初の黒人大統領は、なぜ黒人青年射殺事件であ…

  5. 5

    この程度の民主化なら国名をビルマに戻せ

    野党のスー・チーを大統領選から締め出し、少数民族の…

  6. 6

    欧米を危険に晒すアフガニスタンの政治空白

    このままでは世界60カ国が支援につぎ込んだ大金は戻…

  7. 7

    男性用ピルに「99%有効」のお墨付き

    ガンダルサの葉に受精能力を低下させる成分があること…

  8. 8

    原油下落でベネズエラが大ピンチ

    原油価格の下落に歯止めかからず、ベネズエラのデフォ…

  9. 9

    来年の流行色「マルサラ」はくず肉の色?

    パントン色彩研究所が発表したカラー・オブ・ザ・イヤ…

  10. 10

    米ロの軍事「スター・ウォーズ」第2章

    宇宙での武器使用を制限しようとするロシアと、それに…

  1. 1

    ピケティ的な格差は日本でも拡大するか

    世界中でベストセラーになったトマ・ピケティの『2…

  2. 2

    企業秘密だけじゃない、ソニーがハッカー攻撃で失ったもの

    ソニーのハッキング事件が面白いことになってきた。…

  3. 3

    スパイ組織CIAが陥った「腐敗」

    今月9日に米上院情報特別委員会が公表した、ブッシ…

  4. 4

    原油暴落でアベノミクスは死んだが日本経済は生き返る

    原油価格が暴落している。特に11月27日のOPE…

  5. 5

    アベノミクスの「賛否」という不毛な議論

    日本の総選挙にあたって「アベノミクスへの賛否」と…

  6. 6

    与党圧勝を、アメリカはどう見ているのか?

    解散の際には「その意味」を東京発で必死に説明して…

  7. 7

    蔓延するヘンな英語用法に異議あり!

    年寄りはいつも、若者のマナー低下を嘆く投書を書い…

  8. 8

    小選挙区制は「政治改革」だったのか

    河野洋平氏(元自民党総裁)は25日、憲政記念館で…

  9. 9

    「同一労働・同一賃金」はどうして難しいのか?

    同じ仕事をしたら同じ賃金をもらう、これは極めて当…

  10. 10

    タカタ製エアバック「大量リコール」の問題とは?

    タカタ製エアバックに関する不具合問題ですが、私は…

  1. 1

    イランが米企業へのハッカー攻撃を計画、FBIが注意呼びかけ

    米連邦捜査局(FBI)は、イランが高度なハッカー…

  2. 2

    中国当局、家族が海外移住の官僚1000人を降格

    新華社通信によると、中国の当局は腐敗官僚の取り締…

  3. 3

    原油安で地政学的緊張高まる可能性=英中銀報告

    イングランド銀行(英中央銀行)は16日、原油安で…

  4. 4

    中国規律検査委、主要政府機関に駐在所を設置へ

    新華社によると、中国共産党で汚職調査を担当する中…

  5. 5

    中国で小売大手が苦戦、ネット販売ブームのあおり受ける

    中国ではこのところのネットショッピング・ブームの…

  6. 6

    クライスラー、タカタ製エアバッグの米リコール拡大へ

    自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービ…

  7. 7

    S&Pが英国のトリプルA格付け維持、政府の財政目標には疑問符

    米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&…

  8. 8

    原油先物が5年ぶり安値更新、IEAの需要見通し下方修正を嫌気

    12日の原油先物市場は一段安となり、5年ぶり安値…

  9. 9

    12月の米ミシガン大消費者信頼感は8年ぶり高水準、消費に力強さ

    ロイター/ミシガン大学が12日発表した12月の米…

  10. 10

    タリバン学校襲撃で生徒ら130人超死亡、マララさん悲しみの声明

    パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州ペシャ…

ニューズウィーク日本版2015冬特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE-U.S. Affairs

  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月