最新記事
米社会

「見られる価値のない体なんてない」 車椅子に乗った障がい者女性が下着モデルに...批判にも大反論

Candace Owens Bemoans Wheelchair User in Underwear Ad: 'Ridiculous'

2023年3月26日(日)13時00分
シャノン・パワー
車椅子

vadimguzhva-iStock

<「行き過ぎたインクルーシブ」「馬鹿げている」と批判の標的にされた女性モデルは、論客を「危険人物」と称して反論>

アメリカの保守系評論家が、「インクルーシブ(多様性を認め、すべての人を受け入れて協力する)」問題について、「行き過ぎ」「馬鹿げている」と批判した。この評論家が標的にしたのは、体が不自由で車椅子に乗るモデルを広告に起用した下着ブランドだった。これに対し、「口撃」を受けたファッションモデルは、評論家を「危険人物」だと非難した。

■【写真】車椅子に乗った下着モデルの写真...「馬鹿げている」ように見える?

保守派の人々に高い人気を誇る評論家のキャンディス・オーウェンズは、車椅子に乗るモデルを起用することは「行き過ぎたインクルーシブ」であり、「馬鹿げたこと」だと発言。これを受けて、障がい者の権利を擁護する人々をはじめ幅広いコミュニティーから批判の声が上がっている。

彼女がこの発言を行ったのは、保守系サイト「デイリー・ワイヤー」のポッドキャストの中だった。同番組は、140万人以上が視聴登録を行っているオーウェンズのYouTubeチャンネルでも放送されている。

この番組の最新の放送回の終盤、オーウェンズが「標的」にしたのは、キム・カーダシアンが手掛ける補正下着ブランド「SKIMS(スキムス)」が11カ月前に発表した、アダプティブ商品(すべての人が快適に着用し楽しむことができるデザイン)の広告用写真だ。体が不自由な人でも使いやすいようにデザインされている。

SKIMSのこの商品ラインは2022年5月にリリースされた。超軽量のマイクロボンド技術を使って作られているため、ベルクロ(マジックテープ)や大きなファスナーなどを使用した一般的な補正下着とは異なり、ラインや縫い目がアウターに響きにくい。

「インクルーシブにはうんざり」にモデルが反論

オーウェンズはこの広告用写真に車椅子のモデルが起用されていることについて、「このインクルーシブの問題を一体どこまで取り入れなければならないのか、理解できない。アメリカのこの状況は馬鹿げている」と述べ、さらにこう続けた。「本当に理解できない。私が間違っているなら、教えて欲しい」

彼女はさらにこう言った。「どうしてこんなことをしなければならないんだろう。このインクルーシブの問題に、本当にうんざりしている。馬鹿げている」。そして、最初に車椅子のモデルの画像を見た時に感じたことを、オーウェンズはこう表現した。「いったい誰のアイデアだったの? これを考えた人はクビよ」

これに対し、SKIMSの広告キャンペーンに起用された車椅子モデルのヘイリー・ローザは、TikTok上でオーウェンズのコメントを厳しく非難した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

バークシャー、BofA株の一部を14.8億ドルで売

ワールド

ガザ南部でイスラエル軍が避難命令、16人が攻撃で死

ワールド

ワシントンでガザ攻撃への大規模抗議計画、イスラエル

ビジネス

午後3時のドルは157円前半へ下落、円広範にじり高
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...ケイト・モスの妹が除去を決意
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 8
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 9
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 10
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 3
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中