最新記事

セレブ

「25歳以上と交際しない」ディカプリオに、ついに掟を破らせた27歳トップモデル

2022年11月23日(水)19時38分
イングリッド・メンドーザ

Mario Anzuoni-Reuters

<恋人が25歳になった途端に別れるなどしてきたディカプリオだが、新たにデートが目撃された相手は27歳のジジ・ハディッドだった>

恋多き男であると同時に、25歳以上とは付き合わない男として知られてきたレオナルド・ディカプリオが、ニューヨーク市内でディナーデートしている現場が目撃された。11月18日の夜、48歳のディカプリオが高級イタリアンでディナーを共にしていたのは、27歳のモデル、ジジ・ハディッドだった。

■【写真】ディカプリオの新恋人とされるハディッドは私服姿も「さすが」のトップモデル

このときに撮影された写真を見ると、ハディッドは上腹部を覆う灰色のトップスに、灰色のパンツ、黒い革のジャケットといういで立ちで、青いスカーフで顔を覆っていた。一方のディカプリオはジーンズにダウンコート、ロサンゼルス・ドジャースのキャップという黒ずくめの恰好だった。

この2人の「噂」は、9月にパリファッションウィークに訪れた2人が同じホテルに泊まっていることが判明してから続いてきたもの。なお今回のディナーには、ディカプリオの友人でベンチャーキャピタリストのビビ・ネボも同席していたとページ・シックスは報じている。

US Weekly誌は9月の時点で関係者の話として、ディカプリオとハディッドは「正式に付き合って」おり、2人には「共通の友人がたくさんいる」という情報を紹介していた。「多くの人は不意を突かれた思いだが、それでもみんな2人が一緒にいるのを見てうれしく思っている」

さらにこの人物は、ディカプリオはハディッドのことを「もちろん美しいと思っているが、それだけではなく、賢くてクールな性格で、非常に文化的で教養があると思っている」とも語っている。

「彼を大人で魅力的だと思っている」

またハディッドに近い別の情報筋はピープル誌に対して今月初め、2人は「可能な時はニューヨークで会うだろう」し、ハディッドは「レオとのデートを楽しんでいる」と語った。「彼女は彼と会うことをとても嬉しく思い、楽しんでいるようだ。彼女は彼に惹かれている。彼の彼女への扱いは素晴らしいし、彼女は彼を大人で魅力的だと思っている」

ただこの情報筋は、それでもハディッドが「最も優先するのは『母親としての役割』だ」と話した。ハディッドは過去の恋人であるゼイン・マリクとの間に2歳の娘カイがおり、マリクとはくっついたり離れたりを繰り返していた。だがそれも、ハディッドの母親にマリクが暴力をふるったとして、1年以上前に破局が決定的になったとされている。

ディカプリオは8月に、約4年半にわたって交際していたモデルのカミラ・モローネと別れたと報道されている。なお破局したのは、モローネが25歳の誕生日を迎えて間もないときのことだった。

そんなディカプリオは11月11日に48歳の誕生日を迎えた。ビバリーヒルズにある邸宅で開かれた誕生日パーティーにはブラッドリー・クーパーやケイト・ハドソン、ミック・ジャガー、レブロン・ジェームズ、ジェイミー・フォックスといった超豪華な面々が顔をそろえたが、27歳の新恋人はこの場には現れなかったようだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国新築住宅価格、5カ月連続で下落=11月民間調査

ビジネス

日経平均は反発、米引き締め警戒和らぐ 値がさ株堅調

ビジネス

物価見通し、想定以上に上がれば予防的に緩和修正可能

ワールド

北京でひそかにコロナ規制緩和、無症状者の多くは既に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 8

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 9

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 10

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月