最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】

ソウルで日本人客をおもてなし 「小川剛(長渕剛+小川英二)」の語った原点

2020年2月5日(水)17時55分
朴順梨(ライター)

HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN

<ソウルに「剛の家」というゲストハウスがある。なぜ「剛」なのか。なぜバスやトイレなど、日本人の習慣に合わせているのか。本誌「私たちが日本の●●を好きな理由【韓国人編】」特集より>

「男性数人で泊まったときは、他の宿泊客がいなかったからリビングで寝そべって宴会をしていた。ここに来ると日本語で話せるから友達の家にいる気分になれる」
20200211issue_cover200.jpg
島根県在住の丸石博は、居間でくつろぎながら「もう何回泊まったか分からない」と笑う。「ここ」とはソウル駅近くにあるゲストハウス「剛の家」のこと。オーナーの名は小川剛。しかしそれはニックネームで、本名は金喜雄(キム・ヒウン、56歳)という韓国人だ。

「長渕剛の剛と、長渕がドラマ『とんぼ』などで演じた役名の小川英二にちなんで、小川剛と名乗ることにした」

金と日本語との出合いは小学生時代にさかのぼる。父がある日、絵本をプレゼントしてくれた。イラストに日本語の単語が添えられたもので、気に入って繰り返し読んでいたという。しかしこの頃はまだ、日本語に触れている意識はなかった。

その後、本格的に学びたいと思ったのは高校生のとき。観光名所の景福宮の前でたびたび、日本人観光客を案内するツアーガイドを目にした。

「スーツを着こなしていてかっこよかったので、自分もなりたいと思った」

母親の体調が思わしくなかったことから、大学在学中に兵役に行き、除隊してすぐに公務員試験を受けて刑務官になった。母の治療費もカバーできる手厚い医療保険制度があったからだ。

magSR200205korean-kimheeung-2.jpg

日本人客のためにソウルの地図を作製している HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN

しかし、日本人に韓国を紹介したい気持ちは変わらず、偶然知り合った日本人男性から贈られた『とんぼ』や『傷まみれの青春』のCDを聴いて好きになった長渕剛の曲やドラマで、日本語を学び続けたという。

いつしか友人たちから「剛」と呼ばれるようになった金は、退職して2000年にゲストハウスを始める。家のように過ごしてほしいという思いから「剛の家」と名付けた。

金が日本に興味を持った理由は、ガイドのスーツ姿と長渕剛だけではない。趣味のオーディオやカメラ、バイクに優れた日本製品があったことも大きい。

magSR200205korean-kimheeung-3.jpg

趣味のオーディオやバイクに優れた日本製品が多いことも日本に興味を持った理由 HARRY CHUN FOR NEWSWEEK JAPAN

「例えばバイクは、走った後に思いもよらない部分が故障していることがある。欧米製だと部品も手に入れにくいが、日本製は韓国と規格が同じものが多いし、何より丁寧に作られていて信頼できる」

剛の家にはソニーやサンヨーなどのアンティークのラジカセや、日本人宿泊客から贈られた土産品が並んでいる。韓国のゲストハウスには通常はないバスタブがあるのも、トイレでトイレットペーパーが流せる(ゲストハウスでは珍しい)のも、日本人の習慣に合わせるためだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

EUの対中関税は「罰」ではない=独経済相

ワールド

中銀総裁が交代すればブラジルは「正常に戻る」=ルラ

ビジネス

米、対中ハイテク投資規制案を公表 AIなど 国家安

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪華ドレスと「不釣り合い」な足元が話題に

  • 4

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 9

    北朝鮮を訪問したプーチン、金正恩の隣で「ものすご…

  • 10

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 9

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中