最新記事

テクノロジー

ベッドを「全身ごたつ」に変える「屋内テント」という新発想

光熱費を大幅に削減しながら、冬を暖かく過ごせる「室内温度+5度」の快適空間を作り出すプロダクト

2016年1月4日(月)10時13分
Social Design News

ある意味「全身ごたつ」 2013年に設立され、アウトドア製品、特にテントを専門としてきたiKamper社が初めて開発した屋内テント

 暖房をつけても温かい空気は上にたまる。また、そもそも部屋全体を温かくする必要もない......。その弱点はすぐに光熱費アップに反映される。

「Room in Room」(クリックすると、サイトに繋がります)はそんな問題点にアプローチした屋内テントである。ベッドやマットレスをひいた布団の上にこれを張れば、部屋の中に更に"マイスペース"が誕生する。また、次のようにベルトが張られており、パソコンで作業することもできる。

sdn160104-b.jpg

テント内に座ってパソコンを操作したり、寝転んでスマホで動画を視聴したりできるので、もう外に出られなくなってしまうかもしれない Soon Gyu Park-YouTube

 更には、寝転んでスマホ動画を観ることも可能だ。

 Room in Roomの中は部屋の温度より5度ほど温かいようだが、それも電気膝掛けなどのあったかグッズで、更に上昇させることができるだろう。また、こたつの電気代は1時間2〜5円と安いが、基本は下半身だけを温めるものだ。Room in Roomはその温め範囲を全身に広げたようなイメージ。


 日本においても冬場の光熱費はバカにならない。無駄な光熱費を抑えたいと思う人、また環境への配慮を考える人には、「部屋の中に屋内テントを張る」という選択肢がこれからじわじわと支持されていくかもしれない。そして日本では「屋内テント」というよりも「全身ごたつ」と言った方がインパクトは広がることだろう。

※当記事はSocial Design Newsの提供記事です
sdnlogo200.jpg


ニュース速報

ビジネス

中国、経済目標達成は困難伴う―国家発展改革委員会=

ビジネス

8月米ADP民間雇用者数は17.7万人増

ビジネス

マイナス金利、欧州銀行の利益を圧迫=ECB銀行監督

ビジネス

焦点:17年度予算要求額、3年連続で100兆円突破

MAGAZINE

特集:トランプの黒歴史

2016-9・ 6号(8/30発売)

アメリカ大統領選を揺さぶり続けるトランプ──。「不動産王」が語りたがらないビジネスの汚点とは

人気ランキング

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    住民に催涙弾、敵前逃亡、レイプ傍観──国連の失態相次ぐ南スーダン

  • 6

    女性の半数が「夫は外、妻は家庭」と思っているのに、一億総活躍をどう実現するのか

  • 7

    キルギスの中国大使館に自動車が突入し爆発、自爆テロか

  • 8

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    中国、安倍首相のアフリカ訪問を警戒――日本を常任理事国入りさせてはならない!

  • 1

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 2

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 5

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 6

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 7

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 8

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 9

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 10

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月