最新記事

旅行

これが、旅のコストを下げる広告入りスーツケース

好きな広告を選べ、手荷物料金まで負担してくれる旅行者のための次世代広告モデル

2015年10月24日(土)15時00分
Social Design News

有料だったとしても欲しい! こんなスーツケースが半年間無料で使える(こちらは6種類からデザインを選べるスーツケースの裏面) Orion Travel Tech-YouTube

 旅行に新たな広告モデルが登場する。

Orion」(クリックすると、サイトに繋がります)は、旅行用スーツケースにスポンサー企業の広告を貼り付けたものを、登録者に無料で提供するサービスを開始する。スーツケースは21インチと29インチのハードケースで、GPS機能や充電システム等も搭載されている点が特徴。また、広告の付いたスーツケースの利用者は、空港で支払う手荷物料金も無料になるという仕組みである。

こちらがスーツケースの表面で、最大50種類の広告キャンペーンからデザインを選べる Orion Travel Tech-YouTube

こちらがスーツケースの表面で、最大50種類の広告キャンペーンからデザインを選べる Orion Travel Tech-YouTube

 オンラインワーカーが増え、長期で世界を回る人も増えている。しかし大きなバッグはコストになる。これを広告で相殺していこうというモデルだ。ちなみにAirbnbを使う人は激増しており、今年は昨年の2倍となる8000万件を記録する可能性があるという。


 Orionは、完全無料ではなく半年間無料で、利用者はそれ以降、年間19.99ドル支払うことになる。それでも、大きな手荷物で世界をまわることが多い人にはメリットがあるはずだ。

 世界への旅がますます身近になる21世紀、そのコストをどのように安く済ませるかという問いに、ビジネスの種は眠っている。Orionの広告モデルはじわじわと普及するか。注目していきたい。

※当記事はSocial Design Newsの提供記事です
sdnlogo200.jpg


ニュース速報

ワールド

サムスン経営トップ、韓国特別検が逮捕状請求

ビジネス

円安で企業収益上振れも、米新政権に期待と不安=日銀

ワールド

焦点:対中強硬姿勢のトランプ氏、次期政権内では意見

ワールド

豪環境相、日本の南極海での調査捕鯨再開を批判

MAGAZINE

特集:トランプと世界経済

2017-1・17号(1/11発売)

貿易戦争を煽り、企業活動に介入する「ビジネスマン大統領」。トランプ時代の世界経済とアメリカの行方は?

人気ランキング

  • 1

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカード

  • 2

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき」中国紙が警告

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    共和党が議会を握っても、オバマケアは廃止できない?

  • 5

    「反米」のレッテル貼るトランプ口撃、企業はツイー…

  • 6

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 7

    トランプ政権国務長官「TPPは終焉」 今後は2国間…

  • 8

    トランプとロシアの「疑惑文書」を書いた英元情報部…

  • 9

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 10

    トランプ政権発足で、あのスノーデンがアメリカに引…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

  • 6

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 7

    ロシアのサイバー攻撃をようやく認めたトランプ

  • 8

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 9

    オバマ大統領が最後の演説、米国の価値の低下阻止訴…

  • 10

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にした露サイバー攻撃

  • 4

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 5

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 6

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月