最新記事

ベストセラー

本の要約サービス「flier」で、会員に最も読まれた歴代No1書籍を一挙紹介

2022年12月2日(金)18時25分
flier編集部

nico_blue-iStock

<ホリエモン、アウトプット大全、ホモ・デウス......納得の大ベストセラーが続々ランクイン!>

毎日1冊、ビジネス書や教養書の要約を公開している「flier」。2022年11月に累計会員数が100万人を突破しました。この記事では100万会員を記念して、過去の人気書籍を発表します!

さて、会員数が10万人だった頃の1位はどの本でしょうか? 20万人の頃は? ぜひ予想しながら読み進めてみてください。

※この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です。

会員数100万人に到達した2022年11月、一番読まれた本は?

■飲み会で「また誘ってください」はNG⁉ 『話し方で損する人得する人』が1位に!

会員数が100万人に達した今月、2022年11月に月間ランキング1位に輝いたのは『話し方で損する人得する人』でした。

飲み会のお礼のつもりで幹事に「また誘ってください」と言う。
友人の愚痴に「なるほど。要するに、よくある嫁姑問題だよね」と返す。
後輩に「あなたのことを思って......」と指導する。
実はこれらはどれも「損する話し方」です。ドキッとした方も多いのではないでしょうか。

悪気はなくても、話し方ひとつで損するのはもったいないもの。本書を読んで、人間関係を良好にする話し方をチェックしてみましょう!

会員数10万人から90万人まで、過去の人気要約を一挙公開!

■会員数10万人のときの1位は『ロジカル・シンキング』(2016/6)

最初の節目、会員数10万人の頃には『ロジカル・シンキング』が1位に。この頃に限らず、今なお読み継がれている、納得の大ベストセラーです。

ロジカル・シンキングを身につけたい人は、ぜひ本書を手に取ってみてください。新入社員からベテランまで、すべてのビジネスパーソン必携の書です!

■会員数20万人のときの1位は『多動力』(2018/4)

会員数20万人の頃には、堀江貴文氏の『多動力』がよく読まれていました。

堀江氏によると、今後は業界の壁を軽やかに飛び越える「越境者」が求められ、越境者には次から次へと好きなことに取り組む「多動力」が必要だそう。あなたも本書を読んで、複数の「好きなこと」を同時に動かす力を身につけませんか?

■会員数30万人のときの1位は『ホモ・デウス(上)』(2018/10)

30万人に達したときには、全世界で大ベストセラーとなった『ホモ・デウス(上)』が1位に輝きました。

同じくユヴァル・ノア・ハラリ氏の著作、
ホモ・デウス(下)』、
サピエンス全史(上)』、
サピエンス全史(下)』、
21 Lessons』、
緊急提言 パンデミック』とあわせて読めば、世界の見え方が変わってくるはずです。

■会員数40万人のときの1位は『アウトプット大全』(2019/6)

会員数40万人の頃には、言わずと知れた名著『アウトプット大全』がよく読まれていました。

アウトプットの百科事典のような一冊として、「話す」「書く」「行動する」の効用やコツをたっぷり教えてくれます。「アウトプットって何?」という人から「珍しいアウトプットを試したい」人まで、どんな人でも楽しめるはず。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

韓国LGエナジー、第4四半期は大幅増益 北米の見通

ワールド

バイデン氏、資金集めパーティー開始へ 24年選挙に

ワールド

ブラジル、グリーン債の発行計画 環境保護で投資誘致

ビジネス

BofA、多様性推進で360人が幹部昇進=関係筋

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月