最新記事

自動車

タカタ製エアバッグ追加リコール約500万台、合計で2800万件に

独フォルクスワーゲン、アウディのほか、メルセデス・ベンツまでも対象に

2016年1月25日(月)11時47分

1月22日、米道路交通安全局は、タカタ製エアバッグ問題をめぐり、追加的に約500万台のリコールが実施されると発表。写真は2015年5月ミシガン州で撮影(2016年 ロイター/Rebecca Cook)

 米道路交通安全局(NHTSA)は22日、タカタ製エアバッグ問題をめぐり、追加的に約500万台のリコール(無償回収・修理)が実施されると発表した。

 これによりタカタ製エアバッグのリコール件数は合計で2800万件となる。このうち最大2400万件が米国内でのリコールとなる。

 タカタのエアバッグ問題で初めて自社の車両をリコールするのは独フォルクスワーゲン(VW)、および同社傘下のアウディのほか、独ダイムラーの高級車部門メルセデス・ベンツ。NHTSAのトロウブリッジ報道官は「大規模な安全性の危機」に直面しているとの認識を示した。

 タカタ製エアバッグをめぐっては、米サウスカロライナ州で昨年12月22日にエアバッグ部品のインフレーターによる死亡事故が発生。事故が起きたのは米フォード・モーターのピックアップトラック「レンジャー」の2006年型車で、タカタのエアバッグ問題による死亡事故としては10件目となるが、ホンダ以外の車両で起きた事故としてはこの件が初めてとなる。この事故などが今回の追加リコールのきっかけとなった。

 NHTSAによると、追加リコールされる約500万台のうち、約100万台はフォードの「レンジャー」に類似する型のインフレーターが内蔵されているエアバッグを搭載した車両となる。

 タカタ製エアバッグをめぐってはこれまでに自動車メーカー12社が1900万台を超えるリコールを発表。ただNHTSAは今回発表された500万台の追加リコールのうち、どの程度が重複するかは明らかにしなかった。

 

[22日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

ドイツ社会民主党の支持率、メルケル氏与党連合を上回

ビジネス

米FRB、3月会合で利上げ真剣に検討する可能性=ア

ビジネス

焦点:ゴーン氏、世界3強入りに照準 3社連合の効果

ビジネス

税制改革、8月休会前の議会承認望ましい=米財務長官

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 2

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

  • 3

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛OK」発言で転落

  • 4

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 5

    トランプのメキシコいじめで不法移民はかえって増える

  • 6

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 7

    児童相談所=悪なのか? 知られざる一時保護所の実態

  • 8

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 9

    金正男暗殺、北朝鮮大使館2等書記官も容疑者 マレー…

  • 10

    日本が低迷する「報道の自由度ランキング」への違和感

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 5

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 6

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 7

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 8

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデタ…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 10

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月