最新記事

テクノロジー

グーグル「夢の無人自動車」が公道デビュー!

Google's Driverless Car Gets Licence in Nevada

「畑違い」のグーグルがそもそも自動走行車の開発に関わる理由とは

2012年5月10日(木)18時54分
ルーク・ブラウン

世のため人のため? 車体はトヨタ・プリウスをベースにしている Google-YouTube

 ドライバーがいなくても車が勝手に動き出し、目的地まで安全かつ快適に運んでくれる──グーグルが追い求めてきた夢の「自動走行車」が、いよいよ公道を走れる日が来た。

 グーグルが開発に成功したのは、トヨタのハイブリッドカー、プリウスにビデオカメラやレーダー検知器を搭載した自動走行システム。周囲の交通状況を把握し、地図データと照らし合わせながら車を走らせることができる。

 ネバダ州は今年3月、世界で初めて、自動走行車を公道で走らせることを認める法律を施行。5月7日には、グーグル車に初のナンバープレートを交付した(通常の車と区別するため、赤いナンバープレートが交付された)。

 グーグルはスタンフォード大学と共同で、5年前から自動走行車の開発を進めてきた。中心となったのは、スタンフォード大学教授でグーグル副社長を兼任するセバスチャン・スラン。すでに試験車両を用いて、カリフォルニア州内で22万キロを超える試験走行を行っている。

 グーグルがなぜ自動車に手を出すのか。スランに言わせれば、開発の目的は「交通事故を防止して人々の自由時間を増やすため」。世界中の道路を網羅したグーグルマップの技術を活用したこの新システムが普及すれば、高齢者から障害者まで誰でも安全に車を乗りこなすことができるという。

 それだけではない。トラックが無人で移動できれば、配送コストも削減できるかもしれない。交通渋滞が起きないよう車間距離や進路を調整したり、車のエネルギー消費を抑えて環境を守る効果も期待できそうだ。

 自動走行車のもつさまざまな可能性に自動車各社も注目している。ゼネラル・モーターズ(GM)は先月、高級車「キャデラック」に搭載する自動走行機能「クルーズ・コントロール・プラス」を開発中だと発表。各社とも、グーグルに続くネバダ州での運転許可を模索している。

 もっとも当面は、無人自動車は路上の「迷惑者」かもしれない。ネバダ州自動車運輸局のブルース・ブレスロー局長は「自動走行車は安全運転過ぎて、苛立った車のドライバーがクラクションを鳴らしまくるだろう」と言う。

 自社の持つデータを強みに先行し、いずれ世界の自動車をコントロールしようという目論見ならいかにもグーグルらしい。

From GlobalPost.com

ニュース速報

ビジネス

ECB債券買入によるユーロ押し下げ効果は限定的=独

ビジネス

必要なら、中国は世界のリーダーシップ取る=外務省国

ワールド

「一代限り」妥当性にじむ、恒久化に課題=生前退位で

ビジネス

三菱重、MRJ納入20年半ばに延期 安全性重視で設

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    テレビに映らなかったトランプ大統領就任式

  • 2

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 3

    トランプの妻メラニアが大変身、でも勝負服が裏目に

  • 4

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 5

    保護主義打ち出すトランプ大統領、日米関係は混迷の…

  • 6

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 7

    トランプ就任演説、挑発的な姿勢はどこまで本物なの…

  • 8

    早くも市場で冷めつつあるトランプ熱 投資家は政策…

  • 9

    世界初の「海に浮かぶ都市」、仏領ポリネシアが建設…

  • 10

    アパホテル炎上事件は謝罪しなければ終わらない

  • 1

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文(英語)

  • 2

    アパホテル書籍で言及された「通州事件」の歴史事実

  • 3

    テレビに映らなかったトランプ大統領就任式

  • 4

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 5

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 6

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 7

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差…

  • 8

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 9

    北朝鮮外交官は月給8万円、「誰も声をかけてこない…

  • 10

    オバマ、記者団に別れ「まだ世界の終わりではない」

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 5

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月