コラム

強制収容を乗り越え、アメリカを好きになった日系人俳優/Engage in(~に関わる)

2015年12月29日(火)07時30分
強制収容を乗り越え、アメリカを好きになった日系人俳優/Engage in(~に関わる)

【今週のTED Talk動画】 Why I love a country that once betrayed me - George Takei
http://www.ted.com/talks/george_takei_why_i_love_a_country_that_once...

登壇者:ジョージ・タケイ

 日系アメリカ人俳優のジョージ・タケイは、『スタートレック』のテレビシリーズと映画に出演した俳優(ヒカル・スールー役)として有名だ。このTED Talkでは、彼とその家族の第二次世界大戦中の辛い経験を語っている。真珠湾攻撃の後、約12万人の日系アメリカ人が敵と見なされ、強制収容所に収監された。自分の家から追いたてられ、ひどい環境の中に置かれ、財産が没収されたので後に釈放された際にはお金もなく、差別を受けるなど過酷な生活を強いられた。

 このような経験をすればアメリカに対して恨みを持つのが当然と思われるが、タケイ氏はそうではなく、反対にアメリカを好きになっていった。そのきっかけは、父からアメリカの民主主義について学んだこと、そして第二次世界大戦中の日系アメリカ人兵士の英雄的行為について知るようになったことが大きい。このTED Talkではその過程がとてもいきいきと語られている。

キーフレーズ解説

Engage in...
~に関わる

(動画8:57より)

 何かにengage inするというのは、何か(活動など)に関わる、従事する、参加するということ。タケイ氏は、父から学んだアメリカの民主主義について語る際、その一つの重要な側面は民主主義を機能させるためのプロセスにengage inする人々の良心だと指摘しています。

 典型的な使用例を紹介します:

●The teenager engaged in self-destructive behaviors.
(ティーンエイジャーが自己破壊的な行為に関わっています)

●She is engaged in the effort to eradicate smallpox.
(彼女は天然痘を根絶する活動に参加しています)

●He is engaged in a dispute with his neighbor.
(彼は隣家の住人と言い争いをしています)

 このTED Talkの別の場面(動画8:05)では、engageが別の意味で使われています。Engage (someone) in (conversation, debate, etc.) という形で、誰かと会話や議論を始めることを意味します。タケイ氏は父と会話を始めたことを話す時にその表現を利用しています。

 典型的な使用例を紹介します:

●He engaged her in a discussion about Japanese flower arranging.
(彼は日本の生花について彼女と議論を始めました)

●She engaged her husband in a debate about gun control.
(彼女は夫と銃規制に関する討論を始めました)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

7&iHD、当期益は前年比半減に下方修正 606億

ワールド

産業用ロボットの世界出荷、今年は前年比14%増の見

ワールド

米CDC、ジカ熱リスクで東南アジア11カ国への妊婦

ビジネス

日経平均は大幅反落、ドイツ銀巡る懸念重荷 前日上昇

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 2

    オーストラリア南部の州全土が停電、再生エネルギーに過度の依存へ疑問符

  • 3

    『ハドソン川の奇跡』 英雄は過ちを犯したのか

  • 4

    ようやく金正恩氏への「遠慮」をやめた韓国の政治家たち

  • 5

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    OPECが1日25万バレル以上の減産で合意、8年ぶり

  • 8

    スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

  • 9

    警備ロボは人を守ってくれる? 突き飛ばし事故から懸念される安全性

  • 10

    期待を遥かに超えるアクロバットな舞台、スーパー僧侶たちの『スートラ』初来日

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 5

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 6

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 7

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 8

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 9

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

盛り土は気になるけど、北方領土もね!

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす