コラム

強制収容を乗り越え、アメリカを好きになった日系人俳優/Engage in(~に関わる)

2015年12月29日(火)07時30分
強制収容を乗り越え、アメリカを好きになった日系人俳優/Engage in(~に関わる)

【今週のTED Talk動画】 Why I love a country that once betrayed me - George Takei
http://www.ted.com/talks/george_takei_why_i_love_a_country_that_once...

登壇者:ジョージ・タケイ

 日系アメリカ人俳優のジョージ・タケイは、『スタートレック』のテレビシリーズと映画に出演した俳優(ヒカル・スールー役)として有名だ。このTED Talkでは、彼とその家族の第二次世界大戦中の辛い経験を語っている。真珠湾攻撃の後、約12万人の日系アメリカ人が敵と見なされ、強制収容所に収監された。自分の家から追いたてられ、ひどい環境の中に置かれ、財産が没収されたので後に釈放された際にはお金もなく、差別を受けるなど過酷な生活を強いられた。

 このような経験をすればアメリカに対して恨みを持つのが当然と思われるが、タケイ氏はそうではなく、反対にアメリカを好きになっていった。そのきっかけは、父からアメリカの民主主義について学んだこと、そして第二次世界大戦中の日系アメリカ人兵士の英雄的行為について知るようになったことが大きい。このTED Talkではその過程がとてもいきいきと語られている。

キーフレーズ解説

Engage in...
~に関わる

(動画8:57より)

 何かにengage inするというのは、何か(活動など)に関わる、従事する、参加するということ。タケイ氏は、父から学んだアメリカの民主主義について語る際、その一つの重要な側面は民主主義を機能させるためのプロセスにengage inする人々の良心だと指摘しています。

 典型的な使用例を紹介します:

●The teenager engaged in self-destructive behaviors.
(ティーンエイジャーが自己破壊的な行為に関わっています)

●She is engaged in the effort to eradicate smallpox.
(彼女は天然痘を根絶する活動に参加しています)

●He is engaged in a dispute with his neighbor.
(彼は隣家の住人と言い争いをしています)

 このTED Talkの別の場面(動画8:05)では、engageが別の意味で使われています。Engage (someone) in (conversation, debate, etc.) という形で、誰かと会話や議論を始めることを意味します。タケイ氏は父と会話を始めたことを話す時にその表現を利用しています。

 典型的な使用例を紹介します:

●He engaged her in a discussion about Japanese flower arranging.
(彼は日本の生花について彼女と議論を始めました)

●She engaged her husband in a debate about gun control.
(彼女は夫と銃規制に関する討論を始めました)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

2月鉱工業生産速報は前月比+2.0%、2カ月ぶりの

ビジネス

2月完全失業率、2.8%に改善 有効求人倍率は1.

ビジネス

2月全世帯の実質消費支出は前年比-3.8%、12カ

ビジネス

消費者物価指数、2月は0.2%上昇 原油が押し上げ

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    コンゴで警察官42人殺害、国連専門家も遺体で発見

  • 2

    王毅外相「日本は『心の病』を治せ!」――中国こそ歴史を直視せよ

  • 3

    究極のブラックホールをつくりだす、地上で最も黒い素材とは?

  • 4

    トランプの「反・温暖化対策」に反対する意外な面々

  • 5

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 6

    東芝は悪くない

  • 7

    一歩も引かないプーチンに、にじり寄る安倍の思惑

  • 8

    中国の人権をめぐって日米の立場が「大逆転」

  • 9

    ロシアの反政府デモにたまらず参加した子供たち

  • 10

    スコットランド2度目の独立投票で何が起こるか

  • 1

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 2

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 3

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 4

    東芝は悪くない

  • 5

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 6

    コンゴで警察官42人殺害、国連専門家も遺体で発見

  • 7

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 8

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 9

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは…

  • 10

    「スイッチ」で任天堂はよみがえるか

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

  • 10

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!